So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
いま、ここ、わたし ブログトップ
前の10件 | -

葉っぱのパターン。開かれる感覚 [いま、ここ、わたし]

IMG_1014.JPG
もともと花は好きだったんだけど、ちょっと前から葉っぱが好きになった

特に細かい葉っぱが沢山ある感じのやつが好き

ある一定のパターンがあり
でも、よく見るとそれぞれ違う

散歩してて、いい感じの葉っぱがあると写真を沢山とってる
ブログには花ばっかりアップしてるけど

そういえば、去年の秋ぐらいに、ゴッホ展を見に行ったんだ

駅で見かけたポスターにすごく惹きつけられたんだよね

いままで絵に興味を持ったことはほとんどなかった
だから自分ですごくびっくりした

ゴッホの絵は何度か見たことあったハズだけど、その時は食い入る様にみたっけ

なんか自分の中では、ゴッホの絵に惹きつけられるのと、葉っぱに惹きつけられるのは似ている

興味を持った時期が一緒だったし

理由なんて全然説明できないけど、そういう感じがある

古い知り合い(絵描き)にそのことを話したら、ものを見る感覚が開かれたのかもね、とか言われた

なんだろな〜

あ、そういえば、デッサンのトレーナーの人が私の人物の絵を見て「初期のゴッホの絵もこんな感じで顔が大きかった。ゴッホは二年デッサンを続けた。続けるとゴッホになれるかも」って言われて、ゴッホの絵に惹かれたとこを思い出して、妙に嬉しかった

ちょっと話がずれたけど、開かれるっていえば、韓国語や英語に対しても、ちょっと似た感覚があって

なんというか、ここ一年ぐらいで、音を捉えられる感覚が開かれた感じがある

見る、と、聞く、という違いはあるけど、開かれてる感じは一緒

だから、韓国語をはじめたってのはある

根拠はないんだけど、今ならできそうなんだよね

実際、この前の韓国語のトレーニングのとき、普通の人なら簡単にはできない発音が一発でできてしまって、とても驚かれた

その時言われたのは、「音楽か俳優の仕事してますか?」だった

演技のワークショップに通ってるってはなしたら、なんか納得してた

だから、もしかしたら演技のワークショップに通うことで、感覚が開かれていってるのかもしれない

自分ではよくわからない

明日は韓国語のレッスンの三回目

台風の影響はどうだろう

大丈夫かな

英語も始めたいんだけど、タイミングを伺ってる

韓国語の発音の基礎が終わったら、同じ教室で教えてもらおうかな、と考え中

またお金がかかる〜

そして稼ぐことについては進展ゼロ

あはは!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実感と合ってない表現は違和感を生む [いま、ここ、わたし]

ブログを読み返した時、「この文章、実感をうまく反映できてないな」って気づくことが多くなりました

嘘、というと言い過ぎなのですが、とりつくろってる感じがするんです

本当に言いたいことを言わないで、迂回してる感じというか

別の何かを言いたいんだろうな、ってすごくよく分かってしまう

特に分析的な文章は、自分の本当に感じてることと直面したくなくて、違ったことを書いてる感じが顕著です

この文章も、もしかしたらそういったものかもな、と思いつつ、書いてます

そうしたくはないけど、まぁ、しょうがない

なんでそういう違和感に気づくようになったのか?

ひとつは演技のワークショップが関係してる気がします

セリフを覚えて、役を演じる

簡単に言えばそんな目標(?)の為に色々なことをやってるわけですが、ごまかした感情の上に役って作れないんですよ

適当にでっち上げて、想像して、「こうだろう」ってやっても、その役になれない

自分の体験や実感からはじめないと、どんなに正確にセリフを喋れても、気持ち悪いんです

たぶん、そういう演技のワークショップの経験が、文章にも影響してる感じがします

文章でも演技でも、正確じゃなくても、ある意味間違ってても、その時の実感を通して表現できた時の方が、違和感のない表現になるんでしょうね

そんな気がします

★ ★ ★

ちなみに、今通っている演技のワークショップは、「スタニスラフスキー・システム」というものをベースにしているんですが、そのまとまった形の本を一冊読んでみました

スタニスラーフスキイ・システムによる俳優教育
グリゴーリイ クリースチ
白水社 ( 2006-09-01 )
ISBN: 9784560026984

頭から入りたくなかったので、あえていままで読んでなかったんですが、今、読んで見ると納得することがたくさん書いてありました

今更ながら、トレーナーの人の言ってることの本質がいくらか理解できた感じ

しかし、実際に演技で実践できる様になるのは時間がかかりそうです

自分のことも、今よりももっと知っていかないとな

IMG_0880.JPG
近所で見つけた柿
青いね
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

順調に脇道にそれる。新しいこと2つ [いま、ここ、わたし]

ふと気づくと、もう8月も中盤を過ぎてました

前に書いた様に、6月中に人生の振り返りをがっつりやりました

その上で、7月からはおぼろげに見えた方向に進む、ハズだったんですが、順調に脇道にそれています

あはは

思い通りには行かないもんですね

無理強いはしない、という方針は続いているので、それも含めて受け入れています

ただ、経済的な面は切実なので、そこだけやや強引に調整していますが、まぁぼちぼちやれてるかな

★ ★ ★

そうそう、7月から始めた新しいことですが、デッサン教室に通っています

週1回、2時間30分

これが、思った以上に面白くて、興味深いです

当たり前ですが、最初ぜんぜん、見たままはかけないわけです

自分なりにやってみるんですが、どうも、なにかが、おかしい

でも、なんでかは、よくわからない

そういった時に、トレーナーの方から、目の前のものを分析して見るコツや、自分のクセの指摘、ハマりがちな罠などを、個別に教えてもらうと、ちょっとずつ、目の前の対象物に似たものがかけるようになってくる

自分ではっきり改善方法を把握できてるわけじゃなくても、それでも指摘を受けて、その方向でやってみると、確かに良くなっていく

理詰めの様でいて、理詰めではない、って感じ

とにかく手を動かすし、2時間30分はあっという間です

やることがいっぱいで頭が追いつかないのも、自分に合ってるのかもしれません

あと、教室には20名ほどの人が通ってるんですが、みんなスキルも目標もバラバラなので、変に意識しないで済むというか、お互いの絵をみても、へ〜、面白いな〜、という感じで、それも学校での競争と違った感じで、好きですね

そうそう、デッサン用にカッターで鉛筆を削るんですが、それすら楽しいです

2ヶ月の集中講座なんですが、終わった後も続けて通ってみようかなぁと思っています

★ ★ ★

あともう一つ新しいことをはじめました

韓国語のトレーニングです

週1回、1時間

トレーナーと一対一でやる教室に通ってます

まだはじめたばかりなので、まずは発音のトレーニングから

自分が出したことのない音を口から出すのって難しい

教えてもらっても、そのとおり口や舌が動かない

その都度指摘を受けて、なんとかかんとかやってみる

その繰り返しです

デッサンと同じで、こっちも考える暇はなく、とにかくやってみる、を繰り返します

これが、頭真っ白になって、面白い

間違っているかどうかは指摘してくれるので、そこを悩む必要がないのがいいです

安心して間違えることができる

韓国語は全くわからない状態なので、どんなペースでものになっていくのか、今から楽しみです

★ ★ ★

そんなこんなで、やっています

脇道にそれてる、と書きましたが、一番稼げるであろうプログラムが、やる気になってないんですよね

なんでだろうなぁ

このまま興味を回復せずにいくのか、はたまたどこかで回復するのか

わかりません

無理強いしてもいいことがないことだけは分かっているので、とにかく自分がやりたいことをやるしかなさそうです

そこを誤ると道に迷いそうだし

すでに十分迷っている、という話もありますが、まぁ、どっかにはたどり着くでしょう!

IMG_0779.JPG
↑途中で見かけた、ムクゲ?アオイ?
スッと天に向って伸びる姿が好きです
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【映画評】焼き肉ドラゴン [いま、ここ、わたし]

父役のキム・サンホの存在感に惹かれて観に行った「焼肉ドラゴン」



想像以上にいい映画で、泣くわ笑うわで大変でした

みんな、ひとりひとり生きてる

矛盾や葛藤の中で生きている

それがどんなに世間一般からおかしいとされていたとしても、自分が感じていること、思っていることがある

なかったことになんてできない

それらを抱えながら生きる

時にそれらが溢れ出し、ぶつかりあい、傷つけあい、泣き、それでも笑って生きる

「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる」

ぜひ、お時間あれば観てみてください

【公式:焼き肉ドラゴン】

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分に朝ごはんを作る [いま、ここ、わたし]

IMG_0371.JPG

今朝のメニュー

バン、人参とブロッコリーのサラダ、目玉焼き、ドラゴンフルーツ(いただき物)

美味しかったです


最近、自炊を再開しました

やる前は、めんどくさいし、自分の分だけだしなぁと考えて、消極的だったのですが、経済的な理由から再開したんです

でも、やってみたら、ちょっと楽しい

ここ一年ほどは、近所のスーパーでお弁当を買うことが多かったんですが、お弁当の代わりにお肉や野菜をメニューを考えながら買う

何食分になるかなと割り算しながら、キャベツやモヤシや鶏胸肉を買う(もしくは買わない)

「一食分の値段を自分でコントロールできるってのは、意外と自己効力感があるかも」

「ちょっとゲームっぽいな」

そんなことを思いつつ、朝ごはんを作ってたんですが、ふっと、自分の為だけにご飯を作るって、すごいことだな、と気づいたんです

いままでなら、ご飯を作る時、誰かのために作ってた(自分も食べるとしても、です)

決して、自分の為だけには作っていなかった(めんどくさいと思っていた)

でも、この朝ごはんは自分が食べるために、自分の為に、自分で作ってる

それに気づいて、自分を大切にしてる感じが、すごくしたんです

いつも、自分をほったらかしにして、他人のために動いてしまう自分

その自分が、自分を大切にして、それを「嬉しい」って思えてる

自分を大切にするって、こういうことなんだなぁ、と、朝ごはんを食べながらじわじわ思ったのでした

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【書評】チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽 [いま、ここ、わたし]

1990年に発売された、ソルスティスというイギリスのファミコンゲーム

当時、どんな経緯か忘れたんですが、発売後、すぐに手に入れて、その音楽にものすごい衝撃を受けたんですよね



とにかく圧倒的だった

アクション系パズルはもともと好きだったので、ずいぶんやりこんだ記憶があります


コンピューターの黎明期から続いてきた、コンピューターで音楽を奏でること

この本には、コンピューターの音源で音楽を奏でる魅力にとりつかれた人たちが、世界中で色々な活動をしてきたこと、今もしていることが、詳細に(本当に詳細に)書かれています

ソルスティスも出てきます

その詳細さに圧倒されながら読んでいたんですが、途中から、その詳細さとボリュームが自分のちいさな経験とリンクしてきて、なんというか、ひとりじゃない感、世界はつながってる感が、押し寄せてきました

すごく生々しい

情報として受け取ったというより、ひとりひとりの生き方そのものが迫ってきた感じでした

自分が好きなものを肯定して、それを使って自分を表現していく

世の中の主流な流れと、自分が好きなものは必ずしも一致しない

それでなんの問題もない

それを当たり前にして生きていく

そんな読み方をした本でした
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若者とカレー作り [いま、ここ、わたし]

4月から、主に10代〜20代の若者が集まる場所に顔を出しています

ちょっとした偶然が重なり、その場所と出会って、毎週火曜日にカレー作りのお手伝いをしています

みんなでカレー作りして、みんなでカレーを食べる

目的はただそれだけなのですが、当然、その場にいる若者と話ししたりするのです

それが面白い

当たり前に、みんなちょっと「人生これからどうしよう」って思ってたりするので、ある意味で、私と話が合ってしまうわけです

相談まで行かなくとも、お互いの状況や経験や思いを、玉ねぎや人参を刻みながら話す

色々な話を聞いては、教えられています

先日なんて、ふと「私はもう若者じゃないしなぁ」って言ったら、「ここでこうやって一緒に話せれば若者ですよ」なんて言われちゃったりしました

おじさん、調子に乗っちゃうじゃないか

それはともかく、年齢性別問わずフラットな感じになっている場所なので、みんな居心地がいいみたいですね

まだしばらくは通うことになりそう

週一で手作りカレーが食べられるので嬉しいです

IMG_0191.JPG
↑先日行ってきた、奥日光の戦場ヶ原のワンシーン
いいとこなので、ぜひどうぞ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またはじめる [いま、ここ、わたし]

先日のブログで書いたように、6月は色々人生の振り返りをしてました

一人で振り返るのではなく、毎週カウンセラーさんに会いに行きました

他人には話したことがないことを話してみる

他人に話したことがないことですから、それを話すこと自体、人生初めての経験となるわけです

そうすることで、感情の整理ができたことがいくつかありました

頭ではもう大丈夫だと思ってたのに、感情はくすぶってた

話してみて、初めてわかったことでした

今までは、それらのことについて、夢にみたり、ふと思い返したりしてたんですが、感情の整理ができてからは、そういうことがほとんどなくなりました

不思議な感じです

カウンセリングと平行して、自分の人生の出来事をテキストにまとめることもやりました

2つ目の会社を辞めた時、2000年に書いたテキストを見つけたので、それを元にしつつ、そこから18年分を日記を元に加筆してみる

面白かったのは、2000年と2009年に考えてたことが、今考えてることとすごく似てたんです

相変わらずなんだな、と、苦笑しながら自分に呆れつつ、安心もしました

なんか、自分はここ数年ですごく変わってしまった、と思い込んでいたからです

でも、変わったのではなく、自分を見失ってただけだった

正確に言えば、なかば見失うことを自分で許した

見失う危険を冒してでも、大切にしたいものがあったからです

そしてそれは、自分を見失っていることを、長い間、自分が気づけなくなるほど大切だったんだと、今では思います

いや、やっぱり自分は変わったのかな

ま、もうどっちでもいいか

振り返ることで、それでも自分は自分なんだ、って分かったし

またここから歩き始めればいい


あと、今回の振り返りで興味深かったのは、精神的な落ち込みがほとんどなかったこと

心をえぐってしまって落ち込むかなぁ、と思ってたのに、逆に元気になっていった感じです

ここ一年ほど、とにかく興味があることをなんでもやりつつも、新しい環境に無理に自分を合わせない、無理強いをしない、自分を大切にする、を守ってきたからかな、と漠然と思っています


さて、ここからです

振り返りは終わりましたが、今後の具体的ではっきりした道筋は見えてません

漠然とした方向性があるだけ

それでも、長い休憩は終わらせて、そっちに歩いてみようと思います

自分で歩かないと道にならないですからね

とりあえず、7月からもう一つ新しいことを始めます

これも前々からやってみたかったことです

楽しめるといいなぁ

IMG_0364.JPG
↑きれいに咲いたグラジオラス。嬉しい

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

退職して1年。立ち止まり、振り返る [いま、ここ、わたし]

仕事を辞めて一年経ちました

数ヶ月はゆっくりしようとは思ってましたが、一年も働かないとは意外です

いままでは退職して貯金があったとしても、数ヶ月で焦って仕事を始めていましたから

なんでだろ?

退職前にプライベートで人生最大級のダメージを受けていたこともあって、人生ゆっくり考え直したかった、というのが大きいのかなぁ

このブログでも色々書いてますが、仕事以外は色々やってます

教会の礼拝
俳優トレーニング
即興ダンス
選挙応援、デモ、ヘイトスピーチへのカウンター活動など社会/政治活動
etc...

かなり熱を入れてやっているものもあれば、薄く長くを目指してやってるものもある

そんな感じで、躊躇なく、一年ほどやりたいことをやり続けた訳ですが、先月末に一週間ほど体調をくずしたんです

ベッドで寝込みながら、立ち止まるきっかけをもらった気がして、全体の活動を抑えて、色々考えることにしました

新しいことをたくさんやったから見えてきたこと、見えなくなっていたもの

去年受けた人生最大級のダメージにまつわることについて

退職した経緯について

自分が人生で選んできたものについて

以前住んでいた場所を、巡り歩いてみながら、今の感覚のまま振り返ってみる

日記やブログを読み返してみる

自分の人生の底の底まで、自分の足で降りてみる

そんな感じのことをやってます

精神的な落ち込みはなくて、割と穏やかなんですが、あえて、一昨年にウツで休職したときに出会ったカウンセラーさんにも会いにいっています

自分だけの視点では見えないものが、カウンセラーさんと話すことで見えてくることが分かったからです

自分でゆるぎない事実だと思い込んでることが、他人の視点でみるとそうではない

そうやって、カウンセラーさんを使いつつ、もう少し、振り返りを続けてみようと思っています
IMG_9930.JPG
写真は青りんごと青柿
小さくてかわいいんです!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひさびさ飯能 [いま、ここ、わたし]

久しぶりに飯能に行ってきた

山、川、花、緑

いいなぁ
IMG_9642.JPGIMG_9643.JPGIMG_9658.JPGIMG_9667.JPGIMG_9669.JPGIMG_9690.JPGIMG_9702.JPGIMG_9727.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - いま、ここ、わたし ブログトップ