So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

あついあついあつい [それでもどっこい生きてます]

あつい。

今日はかなりの暑さ。

用事があって会社を休んだのですが、行けばよかったとちょっと後悔。(主に冷房)

★ ★ ★


格差社会論はウソである

格差社会論はウソである

  • 作者: 増田 悦佐
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: 単行本


→タイトルから推測すると、日本には格差なんてないよ、という主張の本かと思いますが違います。
といって、日本の社会は問題だらけだ、という本でもありません。
色々な統計的な数字を使って、日本の社会は諸外国と比べて恵まれているが、人々の要求水準が高いから、そういう風には思えないのだ、ただし、その要求は日本の可能性のひとつである、というようなことが書いてあります。
とにかくばつぐんに文章が読みやすく(3分の1ぐらい立ち読みしてしまった)、厚い本なのにとてもいいリズムで読めます。
その文章の良さと数字を元に色々説明することもあり、なんとなく説得させられてしまいます。
全体を通して、まだまだ日本はやれるんじゃない?悲観的に考えても何も出てこないよ、という風な読み物に読めますが、結局何かをしていかなければいけないのであれば、その数字に根拠がどれほどあるかはともかく、こういった「背中を押してくれるもの」を読むのは、ちょっとした小休止には良いようにも思います。

希望学3 希望をつなぐ

希望学3 希望をつなぐ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2009/06/05
  • メディア: 単行本


→まだ2巻を読み終わっていないですが3巻が出ていたのでゲット。

村上春樹の1Q83も店頭に並んでましたが、もうちょっと後に買おうかな、と思いスルーしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。