So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

闇の子供たち、Marines Go Home、アメリカばんざい [それでもどっこい生きてます]

そして3連休最終日の月曜日は、映画を三本。

まずは、「闇の子供たち」を見に渋谷の【シネマライズ】へ。

【公式サイト:闇の子供たち】

【ハイロウ君のブログ】で取り上げられてて、興味を持ったのでした。
原作がヤン・ソギルってのもポイントです。

・・・えーと、想像以上の内容で、ちょっとショックが...。

ドキュメントではないと自分に言い聞かせたくなるものの、そんな「逃げ」を赦さない圧倒的な内容でした...。

次。【ポレポレ東中野】へ移動して、「Marines Go Home」。

【公式サイト:Marines Go Home】

正直、こういった反戦映画は苦手です。

苦手ですが、昔よりは抵抗なく見れるようになってきたのは、先回り反応する前に、「誰かどうして何をやっているのか」を見るようになったからかも知れません。

続いて、同じ監督の最新作「アメリカばんざい」。

【公式サイト:アメリカばんざい】

・・・なんか、評論家っぽいウソな言葉しか思いつきません。

安っぽい感傷はわいてくるし、アメリカのホームレスの3分の1が帰還兵だ、という話で思うことはあっても、それはどこか遠い感覚で、自分の言葉は出てきそうにありません。これが戦争を知らない、ということなのでしょうか。まったく自分が酷いです。

★ ★ ★

「自分に言い訳したくない!」

「闇の子供たち」の主役の一人である音羽恵子の叫びは、痛いほど自分を打ちのめすけど、打ちのめされちゃダメなんだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジュンク堂にて [それでもどっこい生きてます]

日曜日は久々に池袋のジュンク堂へ。

本が切れてたので「思いっきり買うぞ!」という気持ちで、まずは近くのATMへ。

・・・ハイ。

みごとに東京三菱UFJはメンテナンス中でした。

でも、もう買うモードに入ってしまっていたので、普段は封印しているクレジットカードなんぞを使用。

毎月の生活費決めて使っているので、あんまり使わないことにしてるんですよね。カード。

ついつい使いすぎるし。

そして、当然のごとく使いすぎましたよ!



人並みといふこと

人並みといふこと

  • 作者: しりあがり 寿
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2008/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生

ニッポンには対話がない―学びとコミュニケーションの再生

  • 作者: 北川 達夫
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本



贈与論 新装版

贈与論 新装版

  • 作者: マルセル・モース
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2008/06/12
  • メディア: 単行本



ブルデューを読む

ブルデューを読む

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 情況出版
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 単行本



歴史の交差点に立って

歴史の交差点に立って

  • 作者: 孫 歌
  • 出版社/メーカー: 日本経済評論社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



自分自身を説明すること―倫理的暴力の批判 (暴力論叢書 (3))

自分自身を説明すること―倫理的暴力の批判 (暴力論叢書 (3))

  • 作者: ジュディス・バトラー
  • 出版社/メーカー: 月曜社
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 単行本



抵抗の同時代史―軍事化とネオリベラリズムに抗して

抵抗の同時代史―軍事化とネオリベラリズムに抗して

  • 作者: 道場 親信
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



すてきなひとりぼっち

すてきなひとりぼっち

  • 作者: 谷川 俊太郎
  • 出版社/メーカー: 童話屋
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



ハァハァ。

コレだけ買えば、当分持つでしょう。

厚い本も多いから、もしかしたら年末近くまで持つかも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感