So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

読書記録 [それでもどっこい生きてます]

またテキトウな読書記録。いいのかこんなんでオレよ。

毎日かあさん カニ母編

毎日かあさん カニ母編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本


毎日かあさん2 お入学編

毎日かあさん2 お入学編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2005/03/26
  • メディア: 単行本


毎日かあさん3 背脂編

毎日かあさん3 背脂編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2006/04/27
  • メディア: 単行本


毎日かあさん4 出戻り編

毎日かあさん4 出戻り編

  • 作者: 西原理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2007/07/20
  • メディア: 単行本


ああ息子

ああ息子

  • 作者: 西原 理恵子, 母さんズ
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: 単行本


↑ひさびさにサイバラマンガを買ってみました。ところどころ素で笑ってしまう。
「こどもってなんでそんなことするんだ??」という疑問と脱力感と笑いで一杯な痛快な本です。
特に息子がすごい。

ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。

  • 作者: 細川 貂々
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


↑友達と待ち合わせした本屋でほとんど立ち読みしてしまったので購入。
かわいいイラストながら、内容は結構ヘビー。なんか身につまされる。生きていくのは大変だ。

学校嫌い 江川達也×山田玲司

学校嫌い 江川達也×山田玲司

  • 作者: 江川 達也/山田 玲司
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2007/07/26
  • メディア: 単行本


↑全編、江川達也のトークが冴える本。
山田玲司は江川達也の元アシスタントということで、とても気安い関係なのか、安心して江川達也がしゃべっている感じです。
途中、江川達也が、「深く考えるのは好きだけど深く考えられない」というややひどい分析を山田玲司に対してしていますが(軽いノリですけど)、「あー、自分もそうだな」と思ってしまいました。

「深く考えるのは好き」→「でも、自分が思ってるように深くは考えられない」→「だから答えを出せない」→「やるしかない」
という流れ。
深く考えられないけど深く考えたい、この気持ちはなんなんだろう?

ルポ最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書 673)

ルポ最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書 673)

  • 作者: 生田 武志
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 新書


↑野宿者問題のルポルタージュ。主に大阪方面のお話です。
以前読んだ同じ筆者の、
【2006年2月12日:「<野宿者襲撃>論」生田武志】
でも書きましたが、なぜか野宿者の問題は気になって仕方ありません。この気持ちはなんなんだろう?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金沢文庫 [それでもどっこい生きてます]

お暑うございます。

昨日は、暑い中、神奈川県の金沢文庫まで出かけてみました。
お目当ては、【神奈川県立金沢文庫:「企画展 陰陽道×密教」】

駅から15分のところを、迷ってしまって、1時間もさまよいました。。。暑い。。。
金沢文庫は、称名寺の隣にあります。



【Wikipedia:金沢文庫】によると

金沢文庫(かねさわぶんこ)は、鎌倉中期の武将、北条実時が建設した武家の文庫である。日本の初期における私設図書館とも位置付けられている。


とのこと。なるほどねぇ。



池がすばらしい。亀もたくさん。


陰陽道って道教の原点なのね。全然知らなかった。

宗教の発展の歴史というもの、「なんでその宗教が求められたのか?」という視点でみると、とても面白いです。
その当時の人々の切実な願いを反映している訳ですから。

展示室では、ボランティアガイドなのか、学芸員の方が団体さんを相手に古文書の解説をしていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そして至福の時を [それでもどっこい生きてます]

いやね。一冊本が欲しかっただけなのですよ。
食事するときとか、飲んでる時用にね。。。

水神の祭り (ハヤカワ文庫 JA ク 1-115 グイン・サーガ 115)

水神の祭り (ハヤカワ文庫 JA ク 1-115 グイン・サーガ 115)

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫


ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則 (幻冬舎新書 さ 3-1)

ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則 (幻冬舎新書 さ 3-1)

  • 作者: サイトウ アキヒロ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 新書


思想の死相

思想の死相

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: 双風舎
  • 発売日: 2007/08/01
  • メディア: 単行本


街場の中国論

街場の中国論

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: ミシマ社
  • 発売日: 2007/06/02
  • メディア: 単行本


ルポ最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書 673)

ルポ最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書 673)

  • 作者: 生田 武志
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 新書


若者の労働と生活世界―彼らはどんな現実を生きているか

若者の労働と生活世界―彼らはどんな現実を生きているか

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


ルネサンス

ルネサンス

  • 作者: 樺山 紘一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 文庫


テレビゲーム教育論―ママ!ジャマしないでよ勉強してるんだから

テレビゲーム教育論―ママ!ジャマしないでよ勉強してるんだから

  • 作者: 藤本 徹, マーク・プレンスキー
  • 出版社/メーカー: 東京電機大学出版局
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


権力の読みかた―状況と理論

権力の読みかた―状況と理論

  • 作者: 萱野 稔人
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


岡本太郎の見た日本

岡本太郎の見た日本

  • 作者: 赤坂 憲雄
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本


〈反転〉するグローバリゼーション

〈反転〉するグローバリゼーション

  • 作者: 鈴木 謙介
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本


近代による超克 上―戦間期日本の歴史・文化・共同体 (1)

近代による超克 上―戦間期日本の歴史・文化・共同体 (1)

  • 作者: ハリー・ハルトゥーニアン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本


近代による超克―戦間期日本の歴史・文化・共同体 (下)

近代による超克―戦間期日本の歴史・文化・共同体 (下)

  • 作者: 梅森 直之, ハリー・ハルトゥーニアン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本


ああ息子

ああ息子

  • 作者: 西原 理恵子, 母さんズ
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: 単行本


毎日かあさん カニ母編

毎日かあさん カニ母編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本


毎日かあさん2 お入学編

毎日かあさん2 お入学編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2005/03/26
  • メディア: 単行本


毎日かあさん3 背脂編

毎日かあさん3 背脂編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2006/04/27
  • メディア: 単行本


毎日かあさん4 出戻り編

毎日かあさん4 出戻り編

  • 作者: 西原理恵子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2007/07/20
  • メディア: 単行本

気がついたらこの始末。
本屋は本当に怖いなぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トプカプといえば [それでもどっこい生きてます]

リブルラブルでおなじみ・・・ですか?
私は展示会に行くまで、トルコの宮殿の名前だって知りませんでしたよ!






京都五山展も行ってきました。

ああ、天龍寺に行きたい。。。

今日も、猛暑でした。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まわる~まわる~よ [それでもどっこい生きてます]

今年も人間ドックへ行ってまいりました。

毎年書いてますが、またまわされてきました。
胃のレントゲン検査。バリュウム飲むやつです。

やっぱりね。あれってネタだと思うんですよ。

だって、今年の第一声は、「2回転してください」ですよ?

今まで2回転はなかった。びっくりです。

来年はきっと2回転半とか言われるに違いない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「青い鳥」重松清 [それでもどっこい生きてます]

吃音の国語教師、村内先生が色々な学校で出会った生徒とのお話。短編集です。

ギリギリのところで生きている生徒に、大切ななにかを思い出させてくれる教師。
吃音なので話すのは得意じゃないのに、それでも生徒に「たいせつなこと」を語る。

私はこういう人物にはとても惹かれますし、できれば自分もそうありたいと願います。
せめて、自分が今まで親や教師に貰った「たいせつなこと」は誰かに伝えたい。

人の役に立ちたいと思う切ない気持ちは、もしかすると、そういう気持ちのリレーみたいなものなのかも知れません。

今の世の中で常に人を蹴飛ばして生きている以上、キレイごとではすまないけれど、たまにはこんなことを考えてもいいのじゃないか、この本を読んでそういう気持ちになってもいいのじゃないか、そんな風に思うわけです。

青い鳥

青い鳥

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一応、読書記録でも [それでもどっこい生きてます]

一行メッセージつき。

「正しい戦争」という思想

「正しい戦争」という思想

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2006/04/08
  • メディア: 単行本


↑「正しい戦争」の歴史と現在が良く分かる。戦争を語る前に読め。

「甘え」の構造 [増補普及版]

「甘え」の構造 [増補普及版]

  • 作者: 土居 健郎
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2007/05/15
  • メディア: 単行本


↑名著の普及版。「甘え」で成り立っていた日本社会は完全に崩壊しているのに、それを認識できずに「地域社会再生」とか言う人に読ませたい。もう「甘え」は再生できない。自分の力で先に進むしかない。

脳と仮想

脳と仮想

  • 作者: 茂木 健一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 文庫


↑何が「現実」で何が「仮想」なのか。セカイに対する基本的な認識を考えられる本。

すぐそこにある希望

すぐそこにある希望

  • 作者: 村上 龍
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2007/06/30
  • メディア: 単行本


↑絶望を見ることには飽きた。もう前を向いて歩いてもいいはず。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

  • 作者: 鴨志田 穣
  • 出版社/メーカー: スターツ出版
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本


↑「うちに帰る」。なんと困難なことだろう。自分の「うち」なんて存在しない。それでも帰りたいと叫ぶ。僕はそれを希望と呼ぶ。

みずうみ

みずうみ

  • 作者: いしい しんじ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2007/03/16
  • メディア: 単行本


↑命の循環。その輪に人は閉じ込められているのか、それとも守られているのか。

トリツカレ男 (新潮文庫)

トリツカレ男 (新潮文庫)

  • 作者: いしい しんじ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫


↑のめりこみトリツカレる。忘れてしまったなら、この本で思い出そう。苦しくてもステキなこと。

ヘルメットをかぶった君に会いたい

ヘルメットをかぶった君に会いたい

  • 作者: 鴻上 尚史
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


↑「ヘルメット」が象徴するものは暴力や内ゲバ、苦い過去。なぜ学生はあの当時ヘルメットをかぶり、そしてまだかぶり続ける人がいるのか。そんな想いなんて誰も想像すらしない。
その当時、戦争をした人達の想いを、善悪を基準に裁くのではなく受け止めたいと強く思う。
その当時、「革命」を目指した人たちの想いも、善悪を基準に裁くのではなく受け止めたいと強く思う。
次の希望を見据えるために、必要なことだと思う。

東條英機と天皇の時代 (ちくま文庫)

東條英機と天皇の時代 (ちくま文庫)

  • 作者: 保阪 正康
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 文庫


↑私が今、ここで生きているのと同じに、その時代に生きていた人たちがいた。なぜあなたは彼を裁くのか。自分が裁かれたことがない人は無限に人を裁き続ける。

東寺の謎―巨大伽藍に秘められた空海の意図 (祥伝社黄金文庫)

東寺の謎―巨大伽藍に秘められた空海の意図 (祥伝社黄金文庫)

  • 作者: 三浦 俊良
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 文庫


↑昔中国、今アメリカ。仏教にしても自由や民主主義にしても時がすぎれば、それは日本固有の文化と呼ばれるのかもしれない。

・・・なんか、本の感想じゃない気もしますが。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏休みになりました [それでもどっこい生きてます]

あついあついあつい!

今日から怒涛の14連休です! うはは。

いまのところ、14日から15日にかけて富士山に登るヨテイです!

他はどーしようかなー。

とりあえず、明日は人間ドックだったりするので、休み初日は禁酒!嗚呼!

しかし、あつい!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホームレスはごみだ [それでもどっこい生きてます]

【ホームレスに放火、少年ら5人を逮捕】

「ホームレスはごみだ。人間として最低で、世の中の役に立っておらず、犬や猫と一緒。生きていようが死んでいようが気にしない」

世の中の役に立っておらず

人は生きているだけで価値があるなんて誰が言い出したのか

人は世の中の役に立たなければ生きている価値などない

死んだほうが世の中の役に立つ人もいるぐらいだ

でもそんな自分でもここに立ち続けてやる

価値がなくとも殺されずに立ち続けてやる

悲しいほど価値を求める気持ちがあっても

苦しいほど他人にすがりつきたい時があったとしても

それでもここに立ち続けてやる

それでもここに立ち続けてやるんだ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8月から別な仕事を開始 [それでもどっこい生きてます]

7月末で年末から続いていたプロジェクトが終わり、8月から別なプロジェクトに配属になりました。

といっても、8月は普通に夏休みとれるので、のんびりしようと思います~。

blogの更新は、ちょっと熱がさめてしまったので、このままぼちぼちになってしまうかも。

感想書いてない本は10冊ほどあるんですが、もうすっかり忘れてしまっております。

最近読んだ、新装版の「「甘え」の構造」は、なかなかよかったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感