So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「神社のルーツ」戸部民夫 [それでもどっこい生きてます]

身近にたくさんある神社の系統をまとめた本。

読んでて、鎌倉あたりの神仏習合のことと、明治期の神仏分離のことを知りたくなりました。

神や仏というと、神聖にして侵すべからず、みたいなイメージがあるけど、結局、泥臭く人間の都合で、くっつけたり離したりしてきたんだろうな、という当たり前のことを思った訳です。

歴史があるってことと正しさは別なんだけど、ついつい混乱してしまう私でありました。

〔新書〕神社のルーツ

〔新書〕神社のルーツ

  • 作者: 戸部 民夫
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/08/15
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「きだみのる―自由になるためのメソッド」太田越知明 [それでもどっこい生きてます]

きだみのる、ってすげぇ。
岡本太郎もすごいけど、この人もすげぇ。
すごいあこがれるけど、自分には絶対できない生き方だ。
要注目。本見つけたら買わねば。

ちなみに、副題にある、自由になるためのメソッド、ってのはちょっと本の内容と違う。

この本に書いてあるのは、ただ、きだみのる、という人のことで、「自由になる為」とか「メソッド」とか、そんな「好きなところを」「一部拝借」みたいな読み方を薦める本じゃない。
少なくとも自分はそういう読み方はできない。

きだみのる―自由になるためのメソッド

きだみのる―自由になるためのメソッド

  • 作者: 太田越 知明
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: