So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

みなさま一年間お疲れ様でした [それでもどっこい生きてます]

今年も一年間、色々とお世話になりました。
明日から3日間、実家の北海道へ帰ります。

最近は毎年同じ日程で実家に帰っているのですが、何気に実家で見るテレビがとても楽しみなんです。
普段テレビを見ないこともありますし、やっぱりテレビは大勢で見るほうが楽しいってのも大きいですね。普通に紅白やらお笑い番組やら駅伝やら見てるだけなんですけどね。それがイイ。

さて、毎年やってる読書数カウントですが、今年の読書数は112冊のようです。

おととし、去年と100冊前後だったので、ちょっと多め。
敗戦とかその辺の本をまとめて集中的に読んだせいもあるかも知れません。

それでは、みなさま良いお年をお迎えくださいませ!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「右翼と左翼」浅羽通明 [それでもどっこい生きてます]

新書らしくライトな感じな本です。
右翼と左翼の歴史について丁寧に説明してくれます。
ちょっと物知りになった感じ。

別に政治的な関心が強くなくても、「右派とか左派とかって結局なによ?」って思ったことがあれば、楽しめる本だと思います。

あとがきで、筆者は「自分は右翼側でもなく左翼側でもない、もしくは右翼側であり左翼側でもある」みたいな言い方をしていますが、そういうスタンスの本って意外とないんですよね。
小林よしのりを嫌う左翼は小林よしのりを語れないし、高橋哲哉を嫌う右翼は高橋哲哉を語れないのです。

今年はブログで政治ネタを書いていたこともあって、左翼とか右翼とか色々考えたり、本を読んだりしましたが、この本はとてもいい。
色々とこんがらがっていた糸がほぐれました。

最近良く読んでいる、仲正昌樹の本に近い読後感。

これが今年最後の読書かなー。

右翼と左翼

右翼と左翼

  • 作者: 浅羽 通明
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。