So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

教基法署名【公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます】 [それでもどっこい生きてます]

【教育基本法「改正」情報センター】での呼びかけです。

【市民緊急賛同署名フォーム】
署名期限は、12月13日(水)午前10時。

以下、アピール文です。
リンク先なども、よくお読みくださいませ。

政府法案の今国会における採決を阻止し、法案の徹底審議を実現するために

「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名を始めます

 西原博史(早稲田大学教授)
 廣田照幸(日本大学教授)
 藤田英典(国際基督教大学教授)


 私たちは、12月6日に公表した「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」の呼びかけ人です。
 私たちは、多くの問題を抱えた政府法案の今国会での採決を阻止し、政府法案の徹底審議を実現するために、この【アピール】への市民の方々からの賛同署名を広く募り、国会に提出することを決意いたしました。
 多くの市民の方々は、「何かおかしい」と思いながら、自分の声を国会に伝えることができず、もどかしさや、歯がゆさを感じていると思います。私たちは、この【アピール】を、多くの市民の方々が持っているはずのこのような思いを国会に届けるための媒介にしたいと考えました。
 今こそ、職業の壁を越えた市民と研究者との間の広い共同を実現し、「法案を採決するのではなく、その徹底審議を!」という広範な声を国会に強力に伝えるべきだと思っています。

 そこで、教育基本法「改正」情報センターの協力を得て、電子署名により、私たちが呼びかけ人となった【アピール】への市民の賛同署名を集め、国会にそれを提出することとしました。
 情報センター(http://www.stop-ner.jp/)のHPからアクセスして、所定のフォーム(http://www.fleic.dyndns.org/cgi-bin/appeal1206.cgi)に入力すれば、署名をすることができます。署名の第1次集約を13日(水)午前10時とします。同日午後に参議院教基法特別委員会委員に手渡しする予定です。


 電子署名の期間は限定されています。至急署名をしていただき、できるだけ多くの方にこの緊急署名をお知らせいただけるようお願い申し上げます。可能な限り多くの市民の方々の声を、私たちの【アピール】とともに国会に届け、今国会における政府法案の採決を阻止したいと考えています。
 皆様のご協力を心からお願い申し上げます。

参考リンク:
【教育基本法「改正」情報センター】
【政府法案の今国会における採決を阻止し、法案の徹底審議を実現するために「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名を始めます】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「子どもの想像力と創造」ヴィゴツキー [それでもどっこい生きてます]

自由奔放な子供から大人へ変化する過程で何が起こっているのかを述べた感じの本。
なんとなくは分かるし共感もするけどスッキリしない感じ。

子供のころの空想や想像が「こうなんだもん」「これでいいのだ」という主観的なイメージで構成されていて他人へ伝えることを意識していないとすると、大人になるということはより客観的な要素を取り入れるということで、だから大人になるに従って「豊かな想像力」は失われるのだ、という感じのことが述べられています。

その主観から客観への橋渡しをどうするかを考えるのが、教育で重要ではないか、ということをいいたいのかなぁ。

読みながら思ったのは、日本だと「自由な学び」や「ゆとり教育」みたいなキーワードで話されることは主観世界をより高めるみたいな要素、簡単にいえば芸術家育成みたいな面があって、そのイメージがあるから「生ぬるいことを!現実を見ろ!」という風に反発する人がいる。

でも、じゃあ主観的な世界が不要、さらにいえばヨノナカ的には有害で、客観世界のみに生きるべきだ、そういう人材を作るべきだ、という話は違うと思うのです。
客観世界ってそれだけで成立するわけじゃなくて、あくまで個々人の主観世界がある上で、個々人の主観世界の統合としての客観世界があると思うのです。

んで、日本に主観世界が豊かな人が少ないから、まずはそこを補強しないとイカンみたいなことを「自由な学び」や「ゆとり教育」みたいなキーワードを語る人は言いたいのじゃないか、と思ったわけです。

ちょっと話がずれますが、最近は「主観」「客観」とは別に「バーチャル」も個人の内面に存在しているんじゃないか、と思っています。
何が「リアル」なのかって話になってしまうかも知れないけれど。

子どもの想像力と創造

子どもの想像力と創造

  • 作者: レフ・セミョノヴィチ ヴィゴツキー
  • 出版社/メーカー: 新読書社
  • 発売日: 1992/12
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

「タイスの魔剣士―グイン・サーガ 111」栗本薫 [それでもどっこい生きてます]

魔剣士。
やや裏設定系のキャラが登場~。

しかし、グインの強さは、どんどん尋常じゃなくなるなぁ。
ちょっとドラゴンボールみたい。

タイスの魔剣士―グイン・サーガ 111

タイスの魔剣士―グイン・サーガ 111

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。