So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「お伽草紙」太宰治 [それでもどっこい生きてます]

こりゃすごいわ。

とぎれのないリズムで文章が流れていくのは、こんなに気持ちよいものなのか。
なんか講談を聞いているみたいな錯覚に襲われましたよ。

ちょっと前に読んだ、【サンボマスターは世界を変える】で、サンボマスターの誰かが「太宰治は中期の作品がバツグンに良い」みたいなことを言ってたんですが、確かにバツグンに良い。

おとぎ話などに題材をとって、それを太宰治が解釈しなおしつつ語るみたいな本なのですが、「カチカチ山に、そんな読み方が!」とか言う刺激もあるにはありつつも、やっぱりその語り口が最高に気持ちよい本です。

これは、強力にオススメだ。

お伽草紙

お伽草紙

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000
  • メディア: 文庫


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。