So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「戦争で死ぬ、ということ」島本慈子 [それでもどっこい生きてます]

以前、【敗戦後論】の感想を書いたときに、戦争の悲惨さを元にした平和運動の限界について、ちょっと触れました。

「なんで戦争体験を聞くことに拒否感があるんだろう」と考えてみて、一つ思うのは、それを「上から押し付けられた話」の一つとして受け取ってしまい、素直に聞くことが出来ないことがあると思います。「早く学校に行きなさい」とか、「今勉強しておくと将来楽」とか、そういう話と一緒なんです。
なんで学校に行かなければ行けないのか、なんで勉強しなければいけないのか、大人は明確に説明してくれませんでした。

ただ、そうしろといわれ、それに従うだけ。

戦争体験にしても同じで、「戦争は悲惨だから二度としてはいけない」という言葉に重みを感じられないのです。なんで悲惨だけを語るのか、戦争体験者の人は明確に説明してくれません。
悲惨だけを語るのはどこかウソっぽいのです。だって日本国が戦争で人をたくさん殺したことも同じぐらい重要なのに、それは語られない。

戦争体験を素直に聞けないというのは、自分でもひどい話だと思っていますが、とりあえず現状は悲しいかなそういう状態です。

この本は、戦争で死ぬこと、敵とか味方関わらず、人を殺す人に殺される、という点である程度バランスが取れていました。戦争体験の本としては良い本だと思います。

もう一つ。

まだ良く練れてないのですが、たとえば今の競争を勝ち抜いていくことが正しいとされる世の中、経済的な価値が追求され、国益も国際競争力というひとことで推進される世の中。

そういう世の中が容認されていて、なんで戦争が否定されるのか、私には良く分かりません。

それは、戦争も容認しろという話ではもちろんなくて、競争社会は未来の人からみれば大変ひどいことをやってるといわれる様なものじゃないのか?ということです。

戦争だって今は「最悪だ」と分かっているからやりたくないとはっきりいえるけど、当時は「必要なもの」だったから行われていた面があったわけで、競争社会も未来の視点からみれば、今の戦争を見る視点と同じようなものだったとしても、全然不思議じゃないと思うわけです。

で、日本だってこのまま行けば、「国際競争力をつける為に武器を作ろう」とか、「競争社会で生き残る為には戦争もやむをえない」とか、コロっとなって、なんだそりゃ、ってことになる気がするのです。

結局、「平和」というのは、競争原理の上には成り立たないんじゃないのか、そんなことを思うのです。

戦争で死ぬ、ということ

戦争で死ぬ、ということ

  • 作者: 島本 慈子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン」見てきました [それでもどっこい生きてます]

【Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン】を見てきました。ヤン・ヨンヒ監督のプライベートフィルムをまとめたドキュメンタリー。

北朝鮮というと、そりゃもう拉致だ、ミサイルだ、軍事国家だと、メディアが煽るのはそういった危険な国家、敵国というメッセージばかりです。

この映画は、監督である在日二世の女性が、在日一世であり朝鮮総連の幹部であった年老いた父に色々と問いかける形で進行します。
テーマだけ聞くと深刻になってしまいますが、そのお父さんはステテコすがたで登場し、本当に普通のおっちゃんとして、酒飲んでたり、恥ずかしそうにお母さんとの馴れ初めを話したり、早く結婚しろと娘に言ったりする映像がたくさん出てきます。

監督の方も大阪の人らしくぽんぽん話すタイプで、カメラを回しながらの会話は重苦しいものではありません。

でも、そういった普通の親と娘との会話の中で、たとえば韓国籍に切り替えたいと思っていることとか、結婚相手はなんで日本人やアメリカ人はダメなのかとか、兄三人を北朝鮮に「帰国」させたことをどう思っているのかとか、「北朝鮮」が顔を出します。

父親は朝鮮総連の幹部であった訳で、もちろんそんな話を娘からは聞きたくないに違いありません。でも父の口から直接聞きたい。親と子としてキチンと話をしたい。そういう監督の祈りとも叫びともつかないものに導かれるように、おっちゃんである父親はぽつぽつと、苦しそうに、時には恥ずかしそうに話をする。
北朝鮮だのなんだの問題を超えた親と子の会話がとても心にしみます。

途中、新潟からマンギョンボン号に乗って北朝鮮に行くシーンが続くのですが、ほとんど知らない北朝鮮の街の映像や、兄夫婦との家族団らんの映像をみて、やっぱり人の生活はあるんだな、と、当たり前のことを思ったりしました。
おばちゃんが来て、姪っ子や甥っ子がはしゃいだり、泣いたり、ピアノを弾いたり。
北朝鮮に問題がないということを言いたいわけではなくて、国に色々な問題があっても、一般の人は生きているんだな、ということです。

もし、北朝鮮とむやみに戦争をすれば、そういう人たちと殺しあうことになるわけですよ!!

見終わった後、舞台挨拶とちょっとしたトークコーナーがあって、自分の思いを語る監督さんはとても率直な方で、この映画をみてもし親子の対話が増えればとてもうれしいと、言っていました。
そうそう、女性ながらキムタクに似てました。

彼女のエッセイ集を買って、サインもらってしまった。

ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや

ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや

  • 作者: 梁 英姫
  • 出版社/メーカー: アートン
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。