So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術」立岩真也 [それでもどっこい生きてます]

「「負け組み」の哲学」と同様、負け負け系のイメージで買ったら、バリバリ骨太の本でした。
しかも、厳密骨太。

障害者の自立運動のことを軸にすえつつ、安楽死や介護のことについて、実際に対象となる障害者や老人はどんなことを考えたり、思ってたりするのか、誰のための介護や安楽死なのか、自己決定といわれるものは本当はどれだけ自己で決定できているのか等など、ものすごく粘り強く考えています。

多分、こうやって説明してしまうと、障害者をめぐって「平等」「やさしさ」「人権」というキーワードでよく連想するような偽善的な内容の本なのか?と思われると思いますが、はっきり違います。

誤解なく説明するのは、多分この本を読んでもらうしかないのですが、たとえば、障害者を持っている人が「決定能力がない」と一方的に決め付けられ介護を押し付けられることとか、「つらいので早く楽になりたい」と安楽死を希望した人は実は自分が「無能」であることに絶えられないから死を選んでいる場合があり、それは「能力がなければ生きている資格は無い」というメッセージが支配的な世の中だから安楽死を選ばされているだけなのではないか、とか、そういったことが書いてあります。

もうとにかく、
「障害者が住み良い社会について、私達もかんがえなくてはいけませんね」
とか、
「老人はやはり家族の下で安心して暖かい介護を受けることを望んでいます」
とか、
そういう、「どの歴史上の人物の言葉ですか?」といいたくなるような、自分の言葉ではない言葉、いっけん「正しく」「良い」こととされる言葉のウソくささとホントくささを、丁寧に分けて考えることを本の中で粘り強く続けています。

まぁ、正直文章がくどいです。
「あ、ここが話しの落としどころかな?」と思った瞬間に、それを肯定したまま、逆方向に話が進んでいきます。息継ぎなしで遠泳してるみたい。
読者に安直な結論を与えない(確かにそんなものは無い)点が、ちょっと橋本治の文章に似てるかも。
んで、もしかすると、橋本治よりくどいかも。

世の中をただ受け入れるのでもなく、絶望するのではなく、ひっくり返すのでもなく、何があり、何が無いのか、自分が何が必要だと感じていて、何が過剰でいらないと感じているのか、そういういったことを、ひとつひとつ冷静に仕分けして、何かにつなげて行こう、そういう静かな強い意志を感じます。

とても読みこなせたとは思いませんが、こういうバカ粘りする本はとても好きです。

弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術

弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術

  • 作者: 立岩 真也
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

「日本人は爆発しなければならない―日本列島文化論」岡本 太郎/泉 靖一 [それでもどっこい生きてます]

1970年に発売された対談本の復刻版。

縄文式土器を美術として再評価した岡本太郎。
弥生文化が文化的であるがゆえに感じる味気なさ、そこから続く日本文化の味気なさ。
岡本太郎は、縄文の力、人間の根っこの力みたいなものに共感していた様です。
それは、唯一日本古来の文化が残っているという沖縄の話にも繋がってきます。

以前読んだ橋本治の本で、「好き嫌いでいえば縄文文化がすきだけど、良さ、という面では弥生文化が良い」ということを書いていて、好きと良いに表現を分けることで、「私」と文化の距離感、文化の評価軸と「私」の評価軸という、意識しないとごっちゃになる点を分けていたのが印象的でした。

そういう点では、岡本太郎は「文化」を理解しつつも、あくまで「私」からしかすべては始まらないと、痛いほど明確に意識していたのが良く分かります。

・・・と書きつつも、読み終わったのは月曜日だったので、正直、内容はもうよく覚えてなかったりします。やっぱり、読んだあとすぐ書かないと、ダメですなぁ。

日本人は爆発しなければならない―日本列島文化論

日本人は爆発しなければならない―日本列島文化論

  • 作者: 岡本 太郎, 泉 靖一
  • 出版社/メーカー: ミュゼ
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

あつぅい [それでもどっこい生きてます]

岡本太郎の本も読み終わり、立岩真也の本も一冊読み終わりそう。
でも、暑いし酔っ払いなので感想はまた後日。
そして明日もまた飲み会。

あ、サマージャンボはまた紙くずジャンボでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

蝉は羽化するために生まれるのか? [それでもどっこい生きてます]

岡本太郎美術館は、生田緑化公園という森の中にあります。

美術館からの帰り道、途中の木に人垣が。
みんな写真を撮ってる。

覗き込むと、そこには、羽化を始めたセミがいました。

うわ!はじめてみる!すげー!

木にしがみつく茶色いカラダ、抜け出そうとしている緑っぽいカラダ。

デジカメを持ってないことを悔やみながらも、食い入るように見続けるわたくし。

ただ、そのセミは良く見るとカラダの左側しか抜け出せておらず、右側が殻に入ったままです。
なんでだろう?とちょっと嫌な不安に襲われます。

そうやって見ている間にも、「セミが脱皮してる!」とか騒ぎながら、子供が入れ代り立ち代り見に来ます。
心の中で「羽化っていえよ!」と思いつつ、訪れる人の8割は「脱皮」といっていて、こうやって日本語は変化していくのか、とか考えてました。(ウソ)

1時間ほど見続けても、片方の体はほとんど外にでて、色も緑から茶色に変化していくのに、右側の体は出ないまま。
しかも、だんだん動きが少なくなっていき、日差しも傾きだしてきます。

「もしかしてダメなのかも」と、誰に言うとも無しに言う人もあり、でも見ている人は、「がんばれ」と思ってみている。周りでうるさく鳴いているセミも、彼を応援している様に聞こえる。

結局、最後まで見届けることはしなかったんですが、彼はその後無事羽化できたのか。

しかし、見てて思ったのは、もし羽化できなくても彼は生きたのだし、また死ぬのだということ。

羽化できることが、ひとつの正解ではない。強くそう言いたい。彼のために言いたい。

蝉という種を考えた場合、もちろん子孫を残すことが、種として生き残ることであるでしょう。
でも、羽化できなかったとしても、彼の体は他の生物の餌になりムダにはならない。
蝉の視点だけで見ると間違ってしまう。
もちろん人間だけの目で見ても大間違い。

羽化できることだけが正解であってたまるか!ボケ!


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

恐竜博2006、パイレーツ・オブ・カリビアン、んで岡本太郎 [それでもどっこい生きてます]

おあつうございます。

土日は、てろてろ出かけてました。

土曜日は、幕張メッセでやってる【世界の巨大恐竜博2006】へ。
実寸大のスーパーサウルスの展示がウリの博覧会ですが、なんと入場料金2500円!高!
中は当然の様に親子連れがわらわら。
先日NHKで放映されていた「恐竜大進化」とタイアップしていて、パネルで紹介される最新学説の紹介とかはテレビでみたものと同じ。
羽毛恐竜とか、骨に空洞がある恐竜とか、ティラノサウルスは単体で狩りができないんじゃないか、とか。これはちょっとガッカリ。

でも化石の方はかなり見ごたえのあるものでした。

特に幕張メッセであることを最大に生かして、大きい化石がものすごい量ありました。あれは普通の博物館では無理じゃないかなぁ。

ということで、2500円分の価値は十分あります。
なんやかんやで2時間ぐらいさまよってました。

その後は、晩飯にはまだ早いっつーことで、「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」をみに新宿へ。

ちなみに、前作見たことありません。
いやー、面白かった。単純に気持ちよくエンターテインメント。ところどころ「ん?それは何でよ?」って思うところも無いわけじゃないですが、全編飽きさせない作りで良い作品です。

んでもって今日、日曜日。

いつか行こうと思っていた、【岡本太郎美術館】へ。

ちょっと前に岡本太郎の「傷ついた腕」という作品を本でみて、それがすごくよかったので、出かけてみたのでした。

他に知ってる岡本太郎といえば、
・ビートたけしの物まね「ん~なんだかわかんない」
・maxellの「芸術は爆発だ!」のCM
・万博の太陽の塔
・この前行った富山県立美術館でみた絵(題名忘れた)
ぐらい。
割と一般的な気がします。

んで、実際の美術館はどうだったかといえば、オブジェがよかったです。
絵よりオブジェの方が好きかなぁ。デカイだけじゃなく小さい作品もあって、それが特に良い感じ。

展示後半にあった、ライフヒストリーも岡本太郎とはどんな人なのか?という点で、興味深いものでした。
なんつーか、この人、すごいわ。いや、すごいより爆発してるのかな、やっぱし。

ミュージアムショップで、前からちょっと欲しかった

日本人は爆発しなければならない―日本列島文化論

日本人は爆発しなければならない―日本列島文化論

  • 作者: 岡本 太郎, 泉 靖一
  • 出版社/メーカー: ミュゼ
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


という本を買って帰りにちらちら読んだのですが、やっぱり、なんつーか、爆発してる。点、線、平面、立体でいえば、点で生きてる人。ものすごい重力の点。

んで、美術館では他になぜやら「ウルトラマン」の企画展示をやっていたんですが、正直そっちがかなり面白かったです。
ウルトラマン立ち上げまでの話やら、デザインの話、シナリオの話、実際の怪獣の展示など、かなり力の入った展示でとても面白いです。
特にシナリオの話では、なぜウルトラマンが、ウルトラマン=善、怪獣=悪、人間=傍観者、という分かりやすい話になっていないのか、という点で脚本家のこめた思いを感じることができ、とても刺激を受けました。特に脚本家の一人である金城哲夫の解説を読んで、やや涙ぐんでしまいました。

ウルトラマンとウルトラセブン全話見たくなりましたよ。DVDってあるのかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109」栗本薫 [それでもどっこい生きてます]

なかなか楽しい巻でした。グインもやるねぇ。

豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109

豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「「負け組」の哲学」小泉義之 [それでもどっこい生きてます]

この本はやられた。しびれた。
負け負け系のユルイ本かと思ったら、バリバリ左翼の骨太本だったのでした。

不意打ちを食らったこともあるけど、こんなに直球で共産主義を語ったエッセーは読んだことなかったので、かなりショックです。
資本主義とか民主主義とか徹底否定。それがまた分かりやすく書いてるんですよね。
左翼全盛だったころってのは、こんな感じの本がバンバン出てたんでしょうか。そうなら凄いな。

自分が読んだ本で近い本だと、
【1月22日:「分裂共生論」杉村昌昭】
とか、
【3月23日:「マルクスを再読する<帝国>とどう闘うか」的場昭弘】
になるのかな。とにかく、「今の左翼思想」を語る本です。
これが、「LEFT ALONE」とか「革命的なあまりに革命的な」になると、昔の左翼の語りがメインなので、「お疲れ様でした」感が強いけど、この本と上のリンクで取り上げた本は、これからいったるで!という気合を感じます。
地味に「同意」と書いておこうー。

しかし、最近は、右に左に振られっぱなしな感じだ!だだだ!

この本読んで気づかされたのは、今生きてる社会のゲームのルールを詳細に分析したり批判したりしても、結局、そのルールの枠からは出られないということ。
それは靖国や原爆やレバノンや南京や、そういうことを考える時でも、すでに「あるべき答え」や「社会はこういう法則でなりたってます」というのが、はっきり決まっていて、その中で踊らされているだけなんだ、ということ。
だから自分で考えようとしても答えが出ない。
多分それは認めたくない答え、未来の感じられない答えしか用意されていないからな気がする。

「負け組」の哲学

「負け組」の哲学

  • 作者: 小泉 義之
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

相田みつを美術館行ってきました [それでもどっこい生きてます]

Alpha_Whiskyさんの、【花の単身赴任生活】というblogの記事をみて気になっていたので、銀座にある相田みつを美術館に行ってきました。

「にんげんだもの」の人。ちょっと説教くさいアレです。

銀座らしく中はむちゃくちゃキレイ。平日なのに年配の団体さんで一杯。

Alpha_Whiskyさんのblogにも書いてありますが、行って見てわかったのは、あの短い書みたいなものは、元の詩があってそれを少ない文字数におきなおしたものだった、ということです。全部が全部そうな訳ではない様ですが。

美術館では、元の詩と書を並べて展示していたりします。

そのね、その詩がね、いいんですよ。

書の方には、ダダッと一番強いところだけ書いてあるわけですが、詩には色々なためらいやつぶやきが詰まっている訳です。うーん。

解説パネルには、「基本的にどの言葉も自分に向けて書かれている」とありました。
説教くさいのは自分に向けての言葉なわけです。うーん。

相田みつをは曹洞宗のお坊さんを師と仰いでいて、禅(道元ですね)の影響もあるとのこと。

額縁に入れた「偉い人」とか「凄い人」とかじゃなく、生まれて書いて死んだ相田みつをを感じるのは、ステキな体験でした。

本。

豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109

豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日も今日とて [それでもどっこい生きてます]

寝てました。
昼飯にソバゆでて食べて、寝て、夕方おきて会社に顔出し。
明らかに寝すぎです。

そんな中、やっと見つけたフラワーカンパニーズのCDをゲット。うしし。

裏ベスト・アルバム「スーパー裏ベスト」

裏ベスト・アルバム「スーパー裏ベスト」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トラッシュレコーズ
  • 発売日: 2002/11/07
  • メディア: CD


吐きたくなるほど愛されたい

吐きたくなるほど愛されたい

  • アーティスト: フラワーカンパニーズ, 鈴木圭介
  • 出版社/メーカー: トラッシュレコーズ
  • 発売日: 2002/07/31
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「丸山眞男 八・一五革命伝説」松本健一 [それでもどっこい生きてます]

この人の本ははじめてかな。
論理的な面を出しつつも、結構ゆらぎがあって人間くさい人です。
一方、丸山眞男は学者なので非常に論理的な人。

”はじめに”で、松本健一はこう語ります。

「昭和二十年八月十五日、日本に無血革命があった。この壮大な仮構(フィクション)こそ、その本質において政治思想史学者だった丸山眞男をして、あたかも「戦後最大の思想家」とでもいうようなアウラを獲得せしめたゆえんのものであった」

虚構としての八月十五日革命、そこから戦後民主主義を立ち上げ、『虚妄』であってもそれにかけると宣言する丸山と、それは地に足を着いていない考えで納得できないという松本。

ある意味どっちも素朴といえるかも知れません。

「自分の思いを込めてはいけない。あくまで論理的にクリアな方向を目指ざすべき」
と、
「自分を含めて考えないただのクリアな論理は意味がない。論理だけ目指してもダメだ」
のせめぎあい。

自分は思い込みが強い方だから、松本健一や「敗戦後論」の加藤典洋に近い感覚があります。
基本的に自分は論理的じゃないと思う。
まず”自分”ありきで、そっからつじつまを合わせるように本読んだり、考えたりしているフシがあります。
モノゴトを考える時は広く平たくとは思うけど、結局自分に戻っていく感じ。
嫌だと思うこともあるけど、もうこれはしょうがない気がしています。

だから、右っかわにも左っかわにも扇動されない様になりたいと思うわけです。そうじゃないと、簡単に利用されてしまう。

レバノンやらイラクやら、相変わらず人が殺されて、だんだんそのニュースに慣れてくる自分がいて、嫌なんだけどどうしていいか分からない。
本ばっかし読んでもダメなんだと思うこともあるけど、それ以外できることが思いつかない。

丸山眞男 8・15革命伝説

丸山眞男 8・15革命伝説

  • 作者: 松本 健一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2003/07/26
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ: