So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「うつうつひでお日記」吾妻ひでお [それでもどっこい生きてます]

かわいい絵柄で読んでる時は面白いけど、冷静になるとツライ内容。
んー、死なずに生きてるってのは重い。
しかし、~恐怖症ってのはたくさんありますが、ウンコ恐怖症ってのははじめて聞きました。
症状はどんななんだ?

ちなみに、私は会食恐怖症。

慣れない人と慣れない場所で一緒にゴハンを食べる時、「あ、これ食べれないかも...」と思うものが一品でもあると、いきなり吐きそうになってきて何も食べられなくなります。自分でもびっくりするぐらい、いきなりそうなってしまう。
こうなった理由ははっきりしてて、小学校の時に給食で無理やり嫌いなものを食べさせられ続けた結果です。バカヤロウ!

まぁ、社会人になったとき、「これは直さないと社会人として生きていけない!」と思って(会社の人とゴハンを食べる機会が多いですからね)、まず嫌いなものを減らすところからはじめて、それでも嫌いなものは「無理して食べなくてもよい」と自分に言い聞かせる訓練をして、今はほとんど大丈夫です。
それでも、たま~に症状がでてびっくりするんですけど、その時は1分間ぐらい「嫌いなものは食べなくてもいい。今は給食の時間じゃない」とか自分に言い聞かせれば直ります。大丈夫大丈夫。

話がずれました。

この本、失踪日記の続編、かと思ったら違っていて、失踪日記を書いていた時期の日記でした。
失踪日記の続編は、また別に出るらしいです。

うつうつひでお日記

うつうつひでお日記

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/06
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

三週間の夏休みに突入 [それでもどっこい生きてます]

ちと早めの夏休み。3週間弱です。仕事が谷間なんで長い!

なにしようかなーと思ってるんですが、無難なのは京都奈良あたりに出かけること。
どーしたもんか。
ま、今週はとりあえずボ~っとしようかと思っております。

本。

うつうつひでお日記

うつうつひでお日記

  • 作者: 吾妻 ひでお
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/07/06
  • メディア: コミック


丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム

丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム

  • 作者: 竹内 洋
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 新書


働くということ - グローバル化と労働の新しい意味

働くということ - グローバル化と労働の新しい意味

  • 作者: ロナルド・ドーア
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/04/25
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。