So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「憲法はむずかしくない」池上彰 [それでもどっこい生きてます]

憲法の本。
第九条がどーのとか、天皇がどーしたとか、そういう「”日本の”憲法をどうするか?」みたいな話はいろいろ聞くし多少は知ってる気がしてたけど、「そもそも憲法って何よ」ってのは良く知らなかった。
憲法ってのは広い意味では「みんなで生きる場合のコンセプト」、狭い意味では「ある国における生きた方のコンセプト」なのね。
「とりあえず大枠はこういう方向性でいきますか」といったことが書かれてる。
細かいことは法律で決めるから、憲法自体は短い。

憲法とか法律とかって、うまれたときから存在してるから、「すでに決まっていて従わなければいけないこと」と思い勝ちだけど、多分そうじゃない。
あくまで自分達が必要だから存在してるというもので、自分達が必要ないと思えば変えることができるハズ。すくなくとも奴隷根性丸出しで従う必要はないんじゃないかなぁ。
「そんなこと言ったら世の中うまくいかない」「長い時間をかけて決まってきたことなんだから従わなければならない」っていう人がいるけど、そんなのは今まで生きてきている人に都合のいいだけの話であって、これから生きていく人たちにはその人たちが考えたものが必要なんじゃないかと思う。

・・・なんか良くわかんなくなってきたけど、頭つかわんとイカンよね、というお話なんだろう。多分。

~~~
前も書いたけど最近so-netblogが激重なので書き込みがなかなか出来ません。
とりあえず生きてはいますです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: