So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

九州旅行五日目(くま川鉄道、鹿児島) [それでもどっこい生きてます]

23日
今日は鹿児島へ移動。
会社の鉄道マニアの人に教えてもらった、肥薩線のくま川鉄道という観光列車を使うルート。
日本三大車窓の一つとのこと。列車は「いさぶろう・しんぺい号」。
シーズンは春と秋ということで、車内は人がまばら。自分以外は、夫婦でゆったりか、あきらかに鉄道マニアの方々、という構成。
観光列車ということで、途中の駅ではきちんと撮影時間もあるし、絶景ポイントも止まる、さらに美人な車掌さんが色々直接説明してくれると、至れり尽くせり。すごい。
いさぶろう・しんぺい号

車内

矢岳駅にて

矢岳→真幸間の絶景

フルムーンなご夫婦がはしゃいでいたのが印象的。こっちもつられてニコニコ顔になっていた。
考えてみれば、いつもいかめしい顔してるなぁ、とふと思う。仕事してるとなおさらだけど、大人になってから「はしゃぐ」なんてこと、そうそうないなぁ、とも思う。
意外と「はしゃぐ」コト、「はしゃぐ」気持ち、ってのは大事なのかも知れない。

その後、列車を乗り継いで、桜島を横手に見ながら鹿児島へ。

まだ日が高かったので、フェリーで桜島まで行ってみる。
桜島フェリーは24時間運航と聞いて驚く。しかも日中は15分間隔で運行。

桜島に着いたはいいが、見所に行くには車が必要。タクシーは高い。ということで、近場のビジターセンターという博物館っぽいところを見学。
溶岩の上にどうやって森が再生されるか、という展示が面白かった。

島から戻り、黎明館という歴史博物館へ。

鹿児島の歴史、薩摩藩の歴史のアレコレを見る。自分の持っていたイメージどおりというか、薩摩に対する土地の人の思いの強さがはっきりと分かる展示内容。
こういう博物館の存在意義というか、運営している人たちの思いが伝わってくる展示は見ていて気持ちよいので好き。

その後、絶景ポイントという城山に、えっちらおっちら登り、絶景堪能。
えっちらおっちら下っていく途中で、あちこちに野良ネコたちの姿が。もしやネコ山?

泊まりは繁華街近くの東横インにしてたので、そこまで歩いていく途中で、なにやらキレイな歌声が聞こえてきたので、山歩きで疲れた足を安めにふらふらと座る。
どうやら、ラジオ局主催のクリスマス公開ライブの模様。
歌っているのは福井静という、鹿児島出身のシンガーソングライター。

曲はクリスマスを絡めたラブソングで、座って聞き入りながらしんみりしてしまいました。
出会い頭にこんなライブが聴けるなんて幸運。

食事は「一人前用黒豚しゃぶしゃぶ」というメニューに釣られて近くの居酒屋へ。
黒豚しゃぶしゃぶは、アクも出ないし、油も程よくて、うまい。思わずお代わりしてしまう。
定番のさつまあげ、みそおでんなどもつついて、満足。
メニューは、どれも食べたいものばかりで、かなり迷った。
大きな店なのに、女将さんが愛想がよくて良く笑う人で、雰囲気もよかった。


九州旅行四日目(島原、熊本) [それでもどっこい生きてます]

22日
朝から熊本へ向かう。
陸路でもよかったけど、せっかくだから長崎→諫早→島原外港と出て、そこからフェリーで熊本へ。
諫早から島原は、島原鉄道というローカル線で進む。
平日だからなのか島原鉄道は学生さんで一杯。しかもなぜか女の子ばっかり。
海沿いだったので遠くに陸や島が見えつつ進むという、なかなか風情のある車窓。

島原外港についてからフェリー乗り場に行くと、波が高いので熊本まで30分の高速船はお休みとのこと。うむむ。朝、ニュースでみた限り、休みって出てなかったんだけどなぁ。
ま、考えてもしょうがないので、60分かかるフェリーに乗る。
フェリーに乗るのは、高校の修学旅行で青函連絡船に乗ったっきりだったので、なんかしみじみする。いいもんだ。

熊本についてからは、熊本城、旧細川刑部邸、熊本博物館とめぐる。

熊本城の天守閣前に立ってた、武士姿の二人組み(と、それを写す美女の後姿)

その姿が、あまりに寒そうだったので、「お勤め、お疲れ様です!」といって入る。
天守閣は山々が見れて絶景。

熊本博物館は、基本的な科学の話(地層とか進化とか火力発電の仕組みとか)と、地元の生態系、地元の風俗歴史、などの展示がされていて、よくある地方の博物館、といった感じがしつつも、展示が丁寧で、古臭い感じがあまりしなかったのがすばらしい。

その日は、天然温泉付きのスーパーホテルを見つけたので、そこで泊まる。
久々の温泉に浸かってぼーっとしていると、外国人で土木関係っぽい人たちが乱入してくる。
今度の現場の話やらしているところを聞くとはなしに聞いていると、どうやら工事現場の監督さんといった人たちらしい。めちゃくちゃ日本語がうまい。

晩飯はホテルの一階にくっ付いてたレストラン。
外からのお客でもにぎわっていて、繁盛していた。
昨日に続いて馬刺しを食べる。
中々美味しかったけど、混んでるからか料理が全然来ないので、適当に切り上げて寝る。


九州旅行三日目(長崎) [それでもどっこい生きてます]

21日
さすが本格焼酎、二日酔いにもならずに、朝起きる。

あいかわらず寒い中を、その一日は市電一日乗車券を駆使して北へ南へ。

まず、北側。原爆の爆心地、長崎原爆記念館、浦上天主堂、平和記念公園とまわる。
途中で雨まで降ってくる。

爆心地でお祈りをした後、記念館で原爆の仕組み、被害の状況、遺品、原爆投下までの歴史的背景やらを細かく知る。ちょうど第五福竜丸の企画展もやってたので、そっちも見る。
なんか、歴史的背景を見てると、アメリカはキッカケさえあれば、また原爆(水爆?)使ってもおかしくない気がした。
もちろん、国際的な世論があるから簡単ではないにせよ、今だって、自分の土地じゃないところで、悪(とアメリカが思う対象)があれば戦争しかけるわけだし、大義名分さえデッチあげられれば使ってしまいそう。別に原爆だけが特別じゃなくて枯葉剤でも生物化学兵器でも同じだけど。

その後は、南に移動して、長崎歴史文化博物館、諏訪神社、興福寺、孔子廟、グラバー園、大浦天主堂とまわる。ちょっとハード。雨で寒いし。

興福寺

孔子廟入り口

グラバー園の中の建物

大浦天主堂

孔子廟、グラバー園、大浦天主堂は、他の国との交流が強く感じられて、さすが長崎という感じ。

意外と時間がかかったので、もう一泊、長崎で過ごすことにする。安ビジネスホテルチェーンの東横インを予約。
晩飯は、ホテルに案内があった長崎ホルモンという店へ。
焼酎飲みながら、地鶏のホルモン、馬刺しとか食う食う。
かえって寝る。


九州旅行二日目(福岡) [それでもどっこい生きてます]

20日
朝起きると、旦那さんの方はもう会社へ出かけておりました。9時過ぎに起きたので当たり前か。
二日酔いではないが、さすがに朝飯を食う気にはなれず、コーヒーとヨーグルトだけご馳走になって、奥様のOさんと連れ立って太宰府天満宮&九州国立博物館へぶらぶら。

太宰府は思ってたより小さかった。ちょっと拍子抜け。

それより境内のそこかしこに、「祝!九州国立博物館開館!太宰府観光創設!」みたいな文言ののぼりが立ってて、地元では凄い力の入れよう。

実際、九州国立博物館は、太宰府のすぐ横に併設されていて、ものすごい近代的で立派な建物。もちろん、ものすごい金がかかっているハズ。(写真撮り忘れた)

常設展は、ちょっと変わった感じになってて、中央が広いホール、そのまわりに放射線状に細かく12、3のブースがあり、それぞれが「美術」「古代」「陶器」などのテーマになっている。
初めて行くとどうやってまわればいいのか、ちょっと戸惑うかも。番号は振ってあるものの、壁の高い位置に書いてあるので、ちょっと分かりにくかった。

んで、一つ一つのブースをゆ~っくりみてたら、広さに比べて展示品の量がすごい多くことに気づいて、ちょっとペースアップ。
自分が初めて行く博物館でよく経験するのが、この「一つ一つゆっくり見すぎて後半つかれてしまう」現象。
展示品が少ない場合は、別にゆっくり見ても大丈夫だけど、多い場合は、後半集中力が切れてしまって、ヘロヘロになってしまう。なのでペースアップ。見たいものがあれば、もう一度戻ればいいだけですし。

新しいだけあって中はキレイだし、展示品も多く、太宰府に行くことがあれば立ち寄るには、よいのではないでしょうか。
個人的には、フロアの広さに比べて展示品が多く窮屈に感じられたことと、各ブースのテーマももうちょっと関連が感じられる方が好み。
ま、本当にできたばっかりの博物館ですし、この辺は展示替えを繰り返すことで、良くなるハズ。

帰りに見つけた、禅の仙崖和尚の碑。

その後、太宰府近くにある、観世音寺、戒壇院とめぐる。

観世音寺は「なんでこんなところにこんな仏像群が!」とびっくりするぐらいの仏像にめぐり合う。
日本最大の馬頭観世音菩薩立像(5.03m)を筆頭に、不空羂索観世音菩薩立像(5.15m)、十一面観世音菩薩立像(4.98m)、そのほか、阿弥陀如来、四天王像、地蔵菩薩、聖観世音菩薩、毘沙門天、大黒天、吉祥天などが、ずらずらと並ぶ。・・・すばらしい。

その後、博多に戻り、そこでOさんとはお別れして、長崎へ。

寒いながらも付き合ってくれた、Oさんありがとう!

長崎までは特急に2時間弱。長崎に着いた時は8時過ぎ。

とりあえず、近場でそこそこ安かったJR長崎ホテルにチェックイン。
晩飯は近場の居酒屋で、地元ものなぞ飲み食い。
なんか、店の若大将と話がはずんでしまい、珍しいらしい「森伊蔵」という焼酎をご馳走になる。

今まで知らなかったけど、「本格」焼酎ってのが混ぜ物がない焼酎らしい。
日本酒でいうと「純米」酒。
経験上、混ぜ物がないお酒は悪酔いしないし、二日酔いにもなりにくいからオススメ。
しかも、純米酒は高いけど、本格焼酎は安い。

などとウンチクを仕入れつつ、まだ二日目というのに調子に乗って飲みすぎた。


九州旅行一日目(福岡) [それでもどっこい生きてます]

18日
「寝台特急はやぶさ」で東京から博多へ16時間の旅。
今回は個室を取ったので、まったりと弁当、ビール、読書。むふふ。
ぼんやりと寝て、ぼんやりと起きると電車が止まっている。信号待ちかなんかなぁと、さらにぼんやりしてても全然動く気配がない。。。
さすがにおかしいと思って、そとを見ると一面大雪!
どうやら、雪で止まってるらしいけど、寝台列車は夕方から朝まで車内放送がないので(みんな寝るから)、どこでどうなってるか全然分からない。
2、30分後、発車。通過駅の名前から察するに、関が原→柏原間で止まっていた模様。
ま、とりあえず動いたし、そのまま寝る。。。

19日
朝方の放送で目が覚める。1時間遅れで運行中とのこと。急いでる人は新幹線に振り替えできるってことらしいが、急いでないので、そのまま惰眠をむさぼる。
結局、博多には1時間遅れの11時ごろ到着。

ここで、博物館好きとしては、今年の10月に出来たばっかりの九州国立博物館にいきなり行くところだけど、残念ながら月曜日はお休み。
その他、もって行ったガイドブックを見ても、駅で貰った観光ガイドを見ても、県立博物館、県立美術館、市立美術館など、めぼしい建物は全部お休み。

ちょっと寒いけど、とりあえず、雰囲気楽しむのも含めて、歩いていけそうなところをぶらぶら。
祇園山笠で有名な櫛田神社、日本最古の禅寺の聖福寺、弘法大師が創建した真言宗の寺としては日本一古い東長寺、日本三大八幡宮の一つ箱崎神宮、とめぐる。
こう書くと、結構古いものが多い。さすが大陸との入り口九州。

いい加減寒いので、地下鉄を使って東から西まで移動。

福岡の地下鉄は箱崎線、空港線、七隈線の3つあって、その内の箱崎線と空港線を乗り継いで、大濠公園へ。
なんか、池なのにカモメが大量に。海と近いから?

暗くなってきたので、近くの福岡城跡、護国神社を見て、友達の家へ。

ご夫婦ともども、前の会社の飲み仲間なので、ひさびさの再開を祝して酒盛り。
月曜日だというのに、ビールやら日本酒やら焼酎やらで2時すぎまで飲み明かす。
調子に乗って、すごい飲んだ。


「大正天皇」原 武史 [それでもどっこい生きてます]

大正天皇って病弱だったことしか知らなかったので、興味深く読みました。顔すらしらなかったです。
結構砕けた人だったようで、巡幸中に庶民と話すことも多かったようです。

自分のイメージだと、明治天皇はえばった感じ、大正天皇はさばけた感じ、昭和天皇はなんともとらえどころのない感じ、でしょうか。

でも、よく考えてみると大正天皇に限らず、一番長く同じ時代に生きていた昭和天皇ですらよく知らないですし、今の天皇もよく知らないんですよね。ほんとに知らない。
仮に子供に「昭和天皇ってどんな人だったの?」と聞かれても、話し方の真似とかはできても、それ以外はなにも教えられないです。(全部の天皇の口真似が同じになりそうですが)

日本一の有名人なのに、こっちは何も知らない。
そう考えると、天皇って不思議な存在です。
信仰の対象でもないし、支配者でもなし、崇拝の対象でもない。たとえていえば、歴史と今をつなぐ生きた化石みたいな存在なのかな。もちろん「自分にとっては」ですけど。
当たり前ですが、どの人も人類誕生から自分にいたるまでの先祖がいるから今生きてるわけで、その点、天皇もなんら変わりないけれど、歴史におりおり出てくる天皇が具体的に今存在している天皇と繋がっていると考えると、歴史を身近に感じてわくわくします。平安時代とかが透けて見える感じ。

そういう点で、歴史上の人物としての天皇に興味があるので、目に触れることの少ない大正天皇の本はもっと出て欲しいですね。機会があれば明治天皇の本も読んでみたいです。

大正天皇

大正天皇

  • 作者: 原 武史
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

九州食べました [それでもどっこい生きてます]

鹿児島で食べた黒豚しゃぶしゃぶが、うまかった!
刺身も、うまかった!
さつま揚げも、うまかった!
大分名産「ゆずこしょう」も、うまかった!
もちろん、連日焼酎飲みまくり!二日酔い知らず!
そしてそして、毎日寒かった!ハクチン!

ということで、途中で風邪をひいてしまって早め切り上げでした。もう2泊ぐらいするつもりだったんですけども。
まだちょっと調子悪いです。とりあえず、今日は家でぬくぬくします。

そうそう、福岡で泊めてくれたOさん、ありがとう!

旅行記は後で、簡単にまとめまする。写真はたくさんとったんだけど、up出来る容量が500MBなんで、あまりupできませぬ。小さいと寂しいしなぁ~。

とりあえず、なんか変なトラックバックがくっ付いてたので削除。これがトラックバックスパムってやつなんかな。