So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「“祖国なき独立戦争”を楽しむために」鴻上尚史 [それでもどっこい生きてます]

SPAに連載されている「ドンキホーテのピアス」の本。もう10冊目です。
今回のタイトルになっている“祖国なき独立戦争”というフレーズは、鴻上さんの最初のエッセイ集である「冒険宣言」に出てくるものです。
鴻上さん本人も気に入っているフレーズだそうですが、なかなか味わい深い言葉だと思いませんか?私は結構好きです。

鴻上さんの本を買う様になって、17年ぐらいになりますけど、最近の本では、より自分の考えを強く出すようになってきた気がします。
元々、鴻上さんは、世の中の問題について、ちょっとおちゃらけでライトに、でも信念と粘り強さをもってわかりやすく、語ってきたと思います。
そこの基本は変わらないのですが、最近は、多少おしつけがましさが出てしまってもいいから、今、言うべきことを言わなければいけない、と考えている様に感じます。
それは私には、「自分で作り上げてしまった暗い現実に足をとられるな!」という鴻上さんの叫びに聞こえるのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: