So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『精神』を観る [それでもどっこい生きてます]

日曜日は【渋谷:シアター・イメージフォーラム】へ。

『精神』という映画が目当て。

【公式サイト:精神】

予告編:


自分が漠然と想像していた「精神科を舞台とした映画」のイメージとはかなり違っていて、
良い意味で裏切られました。

これはかなり好きな方向性の映画です。
内容もそうだし、その表現方法もとても今の自分に合っています。

監督さんはドキュメンタリー映画ではなく観察映画という風に言っていますが、
まったく先回りせずに(少なくとも観客にそう思わせずに)、これだけの映像を作るのは、
表現者としてとてもしんどいのではないでしょうか。

とてもざらざらとした後味が残るのに、いつまでもそれを味わっていたくなる、
そんな映画だと思います。


この映画館は初めてだったんですが、なかなか良い感じの劇場でありました。

近くに「根室食堂」というウニ丼がおいしそうな店があったので、今度はおなかすかせて
行こうかと思います。


精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける (シリーズCura)

精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける (シリーズCura)

  • 作者: 想田和弘
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2009/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


→映画『精神』のメイキング本、という位置づけの本。
予告編をみれば分かりますが、この作品ではモザイクは一切使われていません。
それがなぜなのか、いかにしてそれが「可能になった」のではなく「不可能でなくなった」のか。
本を読むとちょっとだけその辺のことが分かるかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。