So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ひさびさに「秋吉」へ [それでもどっこい生きてます]

今日は、ひさびさになじみの焼き鳥屋である「秋吉」へ。

たらふく食べ過ぎて、幸せ死しそうです。これで明日からも生きていける!

★ ★ ★


自由と社会的抑圧 (岩波文庫)

自由と社会的抑圧 (岩波文庫)

  • 作者: シモーヌ・ヴェイユ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫


↑シモーヌ・ヴェイユって名前は聞いたことありましたが読んだことなかったんですよね。
ジュンク堂でフェアをやっていて、色々あったので一冊かって見ました。一番薄いヤツ。

甦るヴェイユ (洋泉社MC新書)

甦るヴェイユ (洋泉社MC新書)

  • 作者: 吉本 隆明
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 新書


↑こっちもジュンク堂のフェアで置いてあったもの。
吉本隆明は読みたいような読みたくないような不思議な人のまま、ぼちぼち読んでます。

ボーアウト 社内ニート症候群

ボーアウト 社内ニート症候群

  • 作者: ヴェルダー・ペーター・R
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/01/08
  • メディア: 単行本


【それでも明日はやってくる。 】の中の人が【狂奔の炎、沈黙の闇。】として取り上げている本。
さて、どんなもんでしょう。
中の人が、軽く抜書きしたものは、↓こちら。
【ボーアウト 社内ニート症候群」を写経しました】

自分で考える本

自分で考える本

  • 作者: 米山 優
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2009/02/09
  • メディア: 単行本


↑帯に、
「本とのつきあいを、本を愛しみ、本の協力を得て自分で考え、そこから新たな、自らが著すだろう本へと旅立つことだと考える。恩ある本を決して忘れずに旅立つこと。(中略)本とつきあうことが、善く生きることへとつながる。そんな、哲学の基本にかかわる態度をここで確認しておきたいと思います」
と書かれていたので買ってみました。
さて、どうでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0