So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「世界屠畜紀行」内沢旬子 [それでもどっこい生きてます]

日本を含め、世界の屠畜(とちく)事情を、イラストを交えて紹介しています。

この本、率直にいい本です。

普段、日本では目にすることのない、家畜の処理工程を丁寧に取材しスケッチして、紹介しています。
肉を食ってるってことは、どこかで家畜は処理されているわけですが、多くの人は見たことも考えたこともないはず。少なくとも自分はそう。

元々、筆者には、日本で「屠畜」を生業にする人が、なぜ差別されるのか、他の国の事情はどうなのか、そこを調べるという動機も一部にあると書いていますが、そういう「社会問題」だけに注目するのではなく、、普通に「肉を食う為に必要なコト」に向き合っている姿勢にとても共感しました。

世界屠畜紀行

世界屠畜紀行

  • 作者: 内沢 旬子
  • 出版社/メーカー: 解放出版社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9