So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「“敗戦”と日本人」保阪正康 [それでもどっこい生きてます]

ポツダム宣言を受託するまでの政治の流れを、当時の政治家の日記や資料を基にして検証している本。

実際に、誰がどういう行動や言動をしていたのか、クーデターの動きがどれぐらいあったのかなど、今まであまり知らないことが書かれていて、そういう点で興味深い本です。

“敗戦”と日本人

“敗戦”と日本人

  • 作者: 保阪 正康
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0