So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「教育人間学のために」西平直 [それでもどっこい生きてます]

第一章にある、狼に育てられた少女カマラについての話が印象的。
多くの人がこの話はきいたことがあると思いますが、教育と関連付けて語るととても考えさせられます。

狼に育てられた子供に「教育」を施すということは、どういうことなのか。
狼として育った部分はすべて捨てなければいけないのか。
彼女は「人間」にならなければいけないのか。それで幸せだったのか。
では、逆に何もせずほっておけばよかったのか。そんなことができるのか。

その他、デスエデュケーション、シュタイナー教育などについて取り上げています。
著者は迷いながら、なるべく広く物事を捉えようとしている様に思います。
とても率直な感じのする本でした。

やっぱし、なんでも迷うのは当たり前ですよね。

教育人間学のために

教育人間学のために

  • 作者: 西平 直
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0