So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「盾・SHIELD」村上龍 [それでもどっこい生きてます]

「自分にとっての盾ってなんだろうな」と考えずにはいられない本。
絵本なのであっという間に読み終わってしまうんですが、非常に考えさせられます。

今の自分にはこの本でいうところの「盾」と呼べるようなものはないですね。
弱い盾ならいくつかある気もしますけど、とても安心できるものではないです。
とりあえず「自分は何を良いと感じるのか」あたりからキチンと拾っていかないと、目先の状況に翻弄されて混乱は増すばかりです。
だから、たとえ世間一般的に「いい年」になっているとしても、自分のことであるからには、あせらず一歩一歩行かんといけないと思う訳ですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0