So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「悪人正機」吉本隆明、糸井重里 [それでもどっこい生きてます]

書くの忘れてました。

吉本隆明が良いのか、糸井重里が良いのか。どっちも良いのか。とにかく、ねじれのない、水平線を進む船のような本でした。
論理明快とかじゃなくて、「オレはこう思うよ」という話なんですけど、そこにねじれが感じられないんですよね。こういう人好きです。

できるだけ、ねじれのない考えで生きて行きたい。でも私には難しい。
スジを通そうと無理をするとパンクしてしまうし、「なんでもいいやポエポエ~」だと「お前はいいのかそれで」病がでてしまう。難しいもんです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0