So-net無料ブログ作成
検索選択
それでもどっこい生きてます ブログトップ
前の10件 | -

即興ダンスワークショップ通ってます [それでもどっこい生きてます]

ひさびさに何書こうか考えるといつまでもかけないので、ちょっと書いてみます。

去年、鬱になった後、カウンセリングを受けながら、なんか違うことをしたいと思って、即興ダンスワークショップ、というものに通うようになりました。

【ダンスワークショップの会】という集まりです。

Webサイトにある通り、障害を持ってる人と一緒にやる「ダンスでこんにちわ」と「即興ダンス ワークショップ」の2つのワークショップがあって、時間があれば両方参加してる形。

いつのころからか即興という形式に興味があって、なんとなく向いてる気がして行ってみたんです。

これが、楽しい。

ワークショップといっても、指示的なものは最低限になっていて、自分の体の感じに従って、あれこれやっていく形になっているんですが、それがまた、自分にあってる。

相手に合わせよう、機嫌を損ねないようにしよう、という傾向が強い自分には、指示が少なく、自分次第で自由にやれるというのが、とても心地よいみたいです。

毎回最初のうちは周りに合わせようとして窮屈に感じたり、逆に無理に距離を取ろうとしてぎこちなく感じたりしますが、だんだん体が緩んできて、自然と好き勝手に踊ってる自分がいます。

そんなこんなで、10人前後でめいめい好き勝手に踊っているんですが、そんな中でも、何かのコミュニケーションが発生しているのを感じるんです。

言葉では無い何か。先回り決められたものではない何か。

それがまた面白いのです。

あまり開催頻度が多くないのが残念ではありますが、それはそれで長く続けるには良いのかも、と思い直したりもします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひげたま書棚更新&honto with [それでもどっこい生きてます]

半年ぐらい、【ひげたま書棚】の更新をサボっていたので、簡単にわかる分だけ更新してみました。

本は、相変わらずジュンク堂で買うことが多いんですが、提携アプリの【honto with】が便利で、ずっとそっちを使っていたら、デジタル本棚がそっちにもできていっていて、なんというか、どうしましょう、という感じ。

honto with、便利なんですよ。

1.気になった本を手当たり次第にアプリに登録しとく
2.本屋に行こうかなぁと思った時にアプリを起動して、店舗在庫確認、在庫がありそうな店に行く
3.hontoカードで買えば、それまで欲しい本リストにあった本が勝手に購入済みに移動

1はメモ代わりに使えるし、2はジュンク堂の何階のどの棚にあるかまで表示されるので、本探しが楽ちん、3も地味に嬉しいです。

ただ、本棚を他人に公開できないので、このブログで紹介したりするなら、今まで通りメディアマーカー使う感じかなーと思って、ちまちま登録した次第です。

感想を書きたい本もちらちらあり、その準備です。

というわけで、今年もよろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鬱と復職 [それでもどっこい生きてます]

一つぐらい書いたかと思ってましたが、今年はまだ記事を書いてませんでした。

今年は公私ともに色々なことがあって、なかなか大変な展開なのですが、その一つに仕事で軽い鬱になったことがあります。

年末から4月ぐらいまで激務が続いていたことがひとつの引き金になって、会社にいけなくなり、一ヶ月休職したのです。

初めての心療内科は拍子抜けするほど軽い雰囲気で、行くまでの抵抗感はなんだったんだろうか、と思うほどでした。

幸い投薬は一ヶ月で切りあげることができ、不眠や強い不安感がなくなったので復職、その後は、週一回のカウンセリングだけ受けています。
カウンセリングは、臨床心理士さんとの相性もいいのか、いまのところいい感じで進んでいます。

しかし、お金を払って自分の話を聞いてもらうってのは、なんか不思議感じもしつつ、よくできた仕組みだな、とも思いました。
基本的にアドバイスや意見はほとんど言わないでもらって、自分が感じていること、考えていることを聞いてもらっているのですが、それでも一人で考えるより楽ですね。

このブログでもたまに書いてますが、基本は自分の調整は自分でしたくて、本を読んだり、なんか行動したりしてるのですが、一人でやる限界も感じていたので、今回、治療に繋がったのを良いきっかけにしている感じです。

まぁ、当然、簡単に何かよくなったり、考え方や感じ方の癖が治るわけではないのですが、それでも自分のしんどさ、辛さを回避するコツみたいなものは、少しずつですが見えてきている感じがします。

あと、カウンセリングでトラウマ的な話も少し出るわけですが、その辺を深掘りしてもあまり良いことはないのかもなぁ、と、今は思っています。

しんどさの原因とか、理由とか、知りたい気持ちもあるにはあるんですが、それはそれ、これはこれで、とにかく、今まさにしんどい気持ちになったり、パニックになったりしている自分を受け入れつつ、落ち着かせてなだめていくことの方が、今の自分には効果的だなーと。

ゆっくり呼吸をして緊張感をとくだけでも、ずいぶん楽になるんですよね。

ああ、これがリラックスってことか、と、変な納得をしているところです。
自分が思っているよりすごく緊張して生きてきたのだなぁ、と。

あと、これはあまり書きたくないけど書くんですが、実は鬱になって、「ああ!鬱になった!」って少し安心したんです。「これで休める」って思ったのと、なんかの仲間入りをしたような気分になったんです。

ああ、書いちゃった。

認めたくないけど、そんな感情がありました。

認めたくないことを含めて、なんだんだろうなーと思ったりしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嫌だと感じている状態が分かること [それでもどっこい生きてます]

そういえば、橋本治の本を読んでて、自分が嫌だと感じている状態が意識できることは、とても大切なんだなと、改めて思いました。

なかなかわからないんですよ。

自分が嫌だと感じていることが、とても意識しづらい。

これは、当分続きそうな課題で、もしかしたら一生モノの課題かも知れません。

それでも、少しづつでも嫌だと意識できる様になることは、たぶん、とても重要な気がしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昔の橋本治の本 [それでもどっこい生きてます]

ここ最近、昔の橋本治の本を読んでるのですが、もっと早く読めばよかったと思う気持ちと、今読むから分かるんだろうなという気持ち、両方があって、とても楽しいです。

新しい本だけ読んでいると漠然としかわからなかったことが、昔の本を読むことでもっとはっきりしてくるような感じが味わえます。とても不思議。

そんな中でひとつ言えそうなことは、橋本治はずっと橋本治流の方法で人を愛することを実践してきたんだな、ということです。
今の視点からみると、すべてが必然に見えたり、「橋本治だから」と思えるかもしれないけど、それは大変な困難を伴った実践だったんだろうなと思えます。

だから、なんというか、自分も自分流の方法で人や世の中を愛していけばいいのかな、と思ったりします。

糸井 重里, 橋本 治
光文社 ( 1984-10 )
ISBN: 9784334700362





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いまのところ120冊 [それでもどっこい生きてます]

ブログは全然更新してないですが、【ひげたま書棚】の方はマメに登録を続けていて、今見たら、今年の登録数は120冊みたいです。

設定を読了にするのはめんどくさくてやってないのですが、だいたい登録した本は読んでいるので、読了数は100冊は超えてると思います。

ちなみに、1年分の記録が残っている範囲だと、
2010年 54冊
2011年 112冊
2012年 61冊
2013年 38冊
2014年 86冊
という感じで、登録をしてなかった期間があった気もしますが、それでも、今年はなかなか多い読了数の様です。

・・・という生存報告でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そういえば会食恐怖症の記事 [それでもどっこい生きてます]

前に書いた、【2014-03-17:会食恐怖症を(ほぼ)克服したこと】という記事があるんですが、この記事を検索で見てる方が多くて、少し驚きました。

私の場合、幸いほぼ乗り切ったわけですが、結構、同じ苦労している人がいるのかなーと。

それぞれの方が、自分なりにできることが見つかるといいな、と思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近況:フリーランスから再び会社員に [それでもどっこい生きてます]

実は今年からフリーランスをやめて、再び会社員になりました。

2011年後半から約3年、フリーランスとして活動したわけですが、自分なりに思ったことをまとめたいなーとおもいつつ、ずいぶん時間が経ってしまいました。

んで、せめて誕生日の前に書けることは書いておこうと思った次第です。

★ ★ ★

「一人は辛かった。寂しかった」

フリーを辞めたことは、会った人にはぽつぽつ伝えていて、まぁ「どうして?」って聞かれることがあるんですが、いつも一番に答えるのは、「一人は辛かった」という理由です。「寂しかった」という言い方をするときもあります。

どうやら自分は人と相談しながら作業の調整をしたり、考えてることを聞いてもらったり、一緒にやってるひとの話を聞いたりしないと、自分の状況を見失いやすく、作業の優先順位やペースを守ることが難しい、ということがわかってきました。

その点が分かってからは、自宅で作業できるようになっておきたい、というこだわりは捨てて、クライアント先に常駐させてもらって、仕事を進めることに集中できるようになりました。

また、プロジェクトごとに変わるクライアントの意向を優先しすぎて、自分を見失うことも多かったです。元々自分が得意としていたコンソールゲーム開発ではなくて、スマートフォンやタブレットの仕事であったこともあり、今一歩自分の経験を根拠に実装内容や期間を交渉することができず、よくわからない状況になったりしました。

★ ★ ★

・・・と、とりあえず書き始めてみたんですが、全然しっくりこないですね。いや上に書いたことはウソではないと思うし、そういう点はあったと思うんですが。

でも、今、自分は、そういう分析がしたいわけじゃない。そういうことを書きたいんじゃない。

書こうと思えば、他にもあるんですよ?
「フリーランスというのは手段であって目的ではなかった。そこを勘違いしていた」
「本当にやりたいと思えるものを見つけられなかった」
とか。

でもね、書きたいことはそういうことじゃないんだよなぁ...。何が書きたいんだろう?

フリーランスだろうが、会社員だろうが、自分であることは変わらない。

自分が向き合う課題も変わらない。

それでもフリーランスをやってみたのはよかった。他人からは、遠回りして会社員に戻っただけと思われるかもしれないけど、そんなことは知ったこっちゃない。

自分で考えて、やってみて、失敗して、また考える。

そうして自分が陥りやすい罠を発見したりする。見えてなかった課題も見えてくる。

もうダメだと心底思っても、こうやって記事を書いてる自分がいたりする。意外となんとかなってる自分がいる。

自分の思い込みの世界から出るには、思い込みで行動して、それが思い込みだったと知らされる必要があるのかもしれない。

行動すれば、他人が思い込みを壊してくれる。

そしたら、自分から解放されて先に進むことができる。

・・・なんかとりとめがなくなっちゃいました。

まぁ、とにかく生きています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログを書いていてよかった気がする [それでもどっこい生きてます]

人待ちをしていて時間があったので、なんとなくブログを読み返してみた。
それは自分が思っていたより幼くて、めちゃくちゃで、悲しくて泣いているようにみえた。

正直、少しビックリした。

今までもブログを読み返すことはあったけど、こんな風に感じたことはなかったから。

少し疲れていて、寂しくもあったから、よけいそう見えたのかもしれない。
読んでると居心地が悪くて、あーあー、という感じなんだけど、それでも書いていて良かったと思った。
そこには愛すべき自分がいるように感じた。
10年前と同じ様なことで悩んだり、困ったりしてるんだけど、それでいいのかもしれない。
ジタバタしていればいいのかも知れない。

相変わらず、良いまとめも、すっきりした答えもない。

それでもこうやって生き延びてる。

『ひとりでできるこころの手あて』八巻 香織 [それでもどっこい生きてます]


先日書いた、【『その後の不自由―「嵐」のあとを生きる人たち』とフォーカシング、あとアサーション】で取り上げた、『こじれない人間関係レッスン―7daysアサーティブネス』と同じ八巻 香織さんの本。
あの記事を書いた後、自分で思ってたより『こじれない人間関係のレッスン』が気に入っていたことに気づいたので、同じ著者の本として買ってみたのでした。

「ひとりでできる」という表現からも分かるように、とにかく自分のペースを大切にできるように構成されている感じがする本です。前の本もその点は同じに思います。

読者が自分のペースを守れるように配慮する。安心感を持って読み進められるように気を配る。

こういう本はとても好きです。

そういう待つ姿勢、焦らせない姿勢みたいなものは、思いの外難しいと思うし、だからなかなか出会えません。

だからこそ、こういう出会いはうれしくて、こうやって記事を書いたりしたくなるわけです。

これから何度か読み返す本になると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - それでもどっこい生きてます ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。