So-net無料ブログ作成
検索選択

積読消化、本売却 [いま、ここ]

積読を消化しつつ、本棚を溢れさせないために本を売りました。

全49件で15,145円になったのですが、プログラミング本が思ったより高く売れ、嬉しい限りです。

今回、ちょっと自分の決まりをやぶって未読の本も売りました。村上春樹の「騎士団長殺し」です。ハードカバー2冊で場所を取っているけど、すぐ読む気にはなれそうも無かったので。今ならまだ高く売れそうかな、という思惑もありました。結果は2冊で1,150円だったので良かったかなと。

こうやって自分で立てた決まりを変えるのは苦手な方なのですが、必要に応じてやっていくほうが良い気がします。
過去の自分の考えや判断がどうあれ、今の現状に合わないと感じているなら、変えたほうが快適ですもんね。

今日はこれから映画2本見てくる予定です。外暑そう〜。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【書評:自分を好きになろう 岡 映里, 瀧波 ユカリ】 [いま、ここ]

この人の文章、凄い好きです。

クスっと笑えて、ところにより大爆笑。

自己啓発本(というカテゴリーでいいのか?)にありがちな押し付けがましさをまったく感じることなく、一気に読み切りました。

筆者は「人から何かを指示されるのが本当に嫌い(p62)」と書いていますが、そういう点も文章に現れてるのでしょうね。
私も人から指示されるのが本当〜に嫌いなので、その辺の共感度合いは高いのかも。

目次をみるとトピックはわりと普通(に見える)のですが、抽象的なところが少なく、ものすごく具体的、かつ本人の体験談なので説得力もある。

さらにさらさらと読みやすく(重要)、ちょっと笑える。

少しでも気になったら、ぜひ読んでみて欲しいと言える、そんな貴重な本でした。


★ ★ ★

岡 映里さんは、
境界の町で
岡 映里
リトル・モア ( 2014-04-19 )
ISBN: 9784898153864

という本も出しています。

多分、「断片的なものの社会学」の筆者、岸政彦さんのtwitterで見かけて、hontoアプリの買うリストに入れてはあるんですが、まだ未読です。いつか読みたいな。(今の積読が消化されたら...)(7/7 追記:映画を見に行ったついでに買っちゃいました)

岸さんのtwitter経由で読んでる本は思いの外多い気がします。

断片的なものの社会学
岸 政彦
朝日出版社 ( 2015-05-30 )
ISBN: 9784255008516


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感