So-net無料ブログ作成

いけふくろうの会へ [それでもどっこい生きてます]

先日の21日の土曜日、「いけふくろうの会」へ行って参りました

【公式ブログ:いけふくろうぶろぐ】

いけふくろうの会は、公式ブログによると、

「月一で不登校・ひきこもり界隈のよりあい的飲み会やってます。 不登校やひきこもりの当事者・経験者・家族な人々が飲んだり食べたり話したりするゆるい会です」

とのこと。

実際ゆるい会で、特に何か目的とかあるわけじゃないですし、無理に話す必要はないし、お酒を飲まなきゃいけないわけでもないし、さらに参加もドタキャンokこれたらラッキーみたいな、実に楽な会でありました。

この辺は、同じく池袋で「ホームレス」状態の方の支援活動をしている、【TENOHASI(てのはし)】の「一回だけ参加ok、アポなしok、できる時間だけでok」のポリシーにも似ていているなぁと思うのですが、もしかしたら池袋ってそういう土地なのかも知れません(?)

実はいけふくろうの会に行くのは2回目で、去年の10月に札幌から【Hi-log2】の中の人であるハイロウ君が東京に来た際に一緒についていったのですが、今回は一人でふらっと行ってみたのでした。

自分でいうのもなんですが、私も割と生き方をこじらせているので、ちょっとずつ楽になる「何か」が欲しいのですよ。
そんな気持ちで参加して、基本ゆるゆるとしつつも、ちょっとお互いの話をしたり、ひきこもり業界(?)の話をしたり、SFの話がでたり、アニメの話になったり、なぜか最先端AIの話になったり(なぜみんなそんなに詳しいのか…?)して、ゆらゆら過ごしました。

もしかしたら、自分はこういうゆるいけど、話そうと思えばみんなしっかり聞いてくれる、みたいな場を求めていたのかなぁ、と思ったりしました。

別に生きづらさだけが自分のすべてじゃないので、それにフォーカスしすぎるような集まりは参加するだけでしんどいけど、かといってそういうことを全く話さずにお互いに話を合わせて過剰に笑い合うだけの飲み会も嫌だし・・・と考えると、意外といけふくろうみたいな会は自分に合ってるのかも知れません。

なんか、きれいにまとめて気持ち悪いですが、まぁ、その、アレです。ゆらゆらですよ。

そうそう、今回は札幌にある【漂流教室】の相馬さんもたまたま参加されてて、バカ話に花が咲いて楽しかったです。札幌寒そ〜。

あと「安心ひきこもりライフ」の筆者である、勝山実さんも参加されていました。

関連リンク:
【Hi-log2:いけふくろうの会に行ってきた】
【漂流日誌:2011/12/15:いけふくろうの会】
【漂流日誌:2012/1/22:宣伝はじまる】

安心ひきこもりライフ
勝山 実
太田出版 ( 2011-07-30 )
ISBN: 9784778312589


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感