So-net無料ブログ作成

本屋は怖い [それでもどっこい生きてます]

新宿でのちょっとした空き時間に、サザンシアターのある方の紀伊国屋書店へ。

暇つぶしに入っただけなのに、大量の本を買ってしまうのであった。本屋は本当に怖いなぁ。


橋本治と内田樹

橋本治と内田樹

  • 作者: 橋本 治
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2008/11/27
  • メディア: 単行本


↑最近はウチダさんの本は避けてたのですが、こんな本が平積みにされてたら買うしかないじゃないですか!ずるい!

日本の失敗―「第二の開国」と「大東亜戦争」 (岩波現代文庫)

日本の失敗―「第二の開国」と「大東亜戦争」 (岩波現代文庫)

  • 作者: 松本 健一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫


↑竹内洋の本で取り上げられていたので。
当時の新聞記事や言論の掘り起こしを元に書かれているらしい。

新宿ホームレス奮戦記―立ち退けど消え去らず

新宿ホームレス奮戦記―立ち退けど消え去らず

  • 作者: 笠井 和明
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


↑1999年と10年近く前の本ですが気になったので。

60年代「燃える東京」を歩く

60年代「燃える東京」を歩く

  • 作者: ビートたけし
  • 出版社/メーカー: JTBパブリッシング
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本


↑以前から60年代にはとても興味があります。特に安保から学生運動のあたり。
もうそろそろ半世紀になるんですよね。
明治維新、大正デモクラシー、太平洋戦争と敗戦、学生運動、高度経済成長、オウム真理教事件、そして今。
昔に生きた人達がその時の「現実」にどう対処していったのかを知ることは、今を生きる自分が何かを考えるときに必要に思うわけです。

発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)

発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)

  • 作者: 綾屋 紗月
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本


↑lessorさんのblogで取り上げられていて興味を持ちました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。