So-net無料ブログ作成

ヘラクレスやってて気づいたらこんな時間に [それでもどっこい生きてます]

ただいま1時30分です。

いかん。寝ないと。

とりあえず、土日やったこと履歴だけ記入。

★ ★ ★

どよーび

本など購入。

日本型「成果主義」の可能性

日本型「成果主義」の可能性

  • 作者: 城 繁幸
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2005/04/15
  • メディア: 単行本


↑最近では「なぜ若者は三年で辞めるのか」や「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」が売れている人の本です。
元富士通の人事部の方。
最近つらつらと考えていることを整理できるかと思って読んでみましたが、どうもちょっと関心とは違ったようです。


サイロンの光と影 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-121 グイン・サーガ 121)

サイロンの光と影 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-121 グイン・サーガ 121)

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 文庫


↑すでに何冊溜まっているのかも分からないグインサーガ。
もしかしたら、最終巻がでるまで溜めて読むことになるのだろうか。

★ ★ ★

にちよーび

ひさびさに映画。渋谷のアップリンクへ。

見たのは2本。

【UPLINK:おいしいコーヒーの真実】
【UPLINK:チベットチベット』(2003年/95分)】

「チベットチベット」は在日コリアン3世が監督のドキュメンタリー。
急速に中国化しているチベットにあって、ものごいをしているチベット人の映像はとてもつらいものでした。

上映後、監督さんの簡単な話あり。

ポレポレ東中野もそうですが、こうやって実際に監督さんと会えるのは、とてもいいもんです。
他の映画と同じで消費は消費なんだけど、ちょっとだけ何かに繋がる感じがするのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。