So-net無料ブログ作成
検索選択

それではみなさまよいお年をー [それでもどっこい生きてます]

今から実家に帰省してきますー。

来年もみなさまにとってよい年になりますように!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミケに行って見た [それでもどっこい生きてます]


場所はビックサイト。
実は初コミケです。(照)



ウワサどおりの人の数。

ゲームショウなどとは違い、派手なアドバルーンなぞもなく、だだっ広い会場に机、パイプ椅子を並べて、みなさん本を売っているだけなわけです。
学校祭の文化系の部活のブースが巨大になったものみたいな。

ビッグサイト全部使ってますからとにかく広い。

まんべんなくまわりつつ、興味を引かれた本なぞ、ちょこちょこ買ったりしていたら、いつのまにか3時間ほど経っておりました。

熱心に呼びかけをしている人、会場で買ったらしい本を黙々と読んでいる人、コスプレをしてる人、なぜかぬいぐるみが店番をしていたサークル(無人野菜販売所みたい)、などなど。

コミケというと、アニメや漫画、そしてゲームという印象があったのですが、日本史研究やらミリタリーやら猫やら犬やらを取り扱っているサークルも結構あり、いろんな人がいて、いろんなものを売っていたのが面白かった。

3日間、日によって色々なサークルが入れ替わるので、行く日によっても違った印象になるんでしょうね。

最終日の31日が同人ゲームなどのサークルが多かったので行きたかったのですが、実家に帰るのでしょうがないところです。無念。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またちょいと炊き出しへ&PSPインターネットラジオ [それでもどっこい生きてます]

【TENOHASI】の炊き出しのお手伝いに。
今回は準備開始時間にいったので、大量の野菜を切ったりできたんですが、自分比5倍ぐらいの速度で野菜をきっていくプロの方の技に驚嘆したりしてみました。あっというまに切れていく野菜達。
今日は炊き出し以外にも池袋駅の中でのおにぎり配りにも参加。

年末年始は29日~1月3日まで毎日炊き出し&おにぎり配りをやるそうな。

実家に帰るので今年のお手伝いは今日だけです。

★ ★ ★

PSPを買ってよかったのは、インターネットラジオが初めから入っていることだったりします。
布団でごろごろしながら、オールデイズをかけ、本を読みつつ、いつのまにか寝る。

ああ、すばらしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飲み会、炊き出し、ジャンプフェスタ、ちょっとパタポン [それでもどっこい生きてます]

金曜日からバタバタと色々とやっておりました。

21日(金)
アメリカ帰りの友人と朝までお酒。
今、とても勢いのある会社への訪問から帰ってきた彼は、「ゲーム開発に魔法はない」といっておりました。

勢いがある会社(チーム)は、外から見ると
「あのゲームは、いったいどんな魔法(開発手法や技術)を使って作っているんだ?」
という目で見られるわけですが、実はそんなものはないわけです。

もちろん、細かいところでは色々と「なるほどなぁ」ということはあり、そういうことの積み重ねで物事がスムーズに進んだりすることはあるでしょう。それはとても大切なことではあります。

それでも、それ「だけ」で新しいゲームが出来るわけではないのは、これまた当然のことな訳です。

そんな当たり前の話の話をくり返しつつ、帰国した彼の労をねぎらったのでした。

22日(土)
ホームレス支援の炊き出しボランティアに参加してみました。
←の「読んでるブログ」にもある、【TENOHASI】という池袋の団体です。

朝帰りがたたって午後3時過ぎぐらいに行ったので、食事を作る作業はほぼ終わっており、食事を配るのと後片付けなどをお手伝い。
ボランティアをした、というよりは、野外のリクリエーションに参加したみたいな気分で、なんかあっというまに終わりました。
ずーずーしくも、その後の勉強会というものにもお邪魔し、そのまま勢いで飲み会などにも参加。

普段、会社にいると自分より年上の人は少ないのですが、参加されていた方の中では、私は割りと若い方に入っておりました。
年上の人が多いと居心地がいいのはいつものことなんですが、そんなこともあり「ボランティアするぞ!」という心理的な壁は、気づいたらいつのまにかなくなっていたのでした。

・・・しかし、こうやって書いてても思うのですが、ボランティアとか福祉とか支援とかの話は語るのがとても難しいです。
これ以上何か書くのはとても難しい。

特に「参加してよかった」とか、「いい人ばかりだった」とか、そういった語り口は、仮にそれがその時本当に自分が感じたことだったとしても、私にはストレートに書くことは出来ません。

基本的には、【2007年9月16日:気が狂いそう】で書いた状態のままです。
我ながらうっとうしい考えだとは思うのですが、今のところは「しょうがないな」とも思っています。

過去日記:
【2007年9月15日:朝帰りとTENOHASI】

23日(日)
今、作ってるゲームが展示されている【ジャンプフェスタ 2008】にブラリと。
ブラリといっても、相変わらず幕張メッセは遠い訳です。片道1時間30分。

しかし、こういショウに行くと思いますが、本当に子ども達はゲーム好きですよね。
体験版の待ち行列にならびながら、DSやらPSPやらで、もくもくとゲームをしているのは、携帯ゲーム機が普及してからおなじみの光景になりました。

PSPの「パタポン」をプレイしつつ帰宅。さぞかし頭が上下していたことでしょう。

24日(月)←今日ココ
メリクリです。

さて、「たかじん no ばぁ」でも見ようかなぁ。

★  ★  ★

地獄篇三部作

地獄篇三部作

  • 作者: 大西 巨人
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本


【ファミレスは僕の部屋】で、クロブラックさんが絶賛している大西巨人。
とうとう手を出してしまいました。
どのタイミングで読もうかな。

一揆と周縁

一揆と周縁

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青木書店
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: -


社会意識と世界像

社会意識と世界像

  • 作者: 岩田 浩太郎
  • 出版社/メーカー: 青木書店
  • 発売日: 1999/11
  • メディア: 単行本


社会と秩序

社会と秩序

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青木書店
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: -


近代移行期の民衆像

近代移行期の民衆像

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青木書店
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: -


世界史のなかの民衆運動

世界史のなかの民衆運動

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青木書店
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本


↑「民衆運動史 近世から近代へ」というシリーズ全5巻。
一冊3,500円のところ、ジュンク堂で5冊で7,000円という破格値で売っていたので思わず購入。
一揆ものや近代史は好きでよく読んでますが、こうやってまとまったものがあるとは知りませんでした。
かなりボリュームがあって内容も硬めなので、ゆっくり読むことになりそう。

たかじんnoばぁ~ DVD-BOX THEガォーLEGEND (3枚組)

たかじんnoばぁ~ DVD-BOX THEガォーLEGEND (3枚組)

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2007/10/26
  • メディア: DVD


↑「たかじんnoばぁ」、好きだったんですよ。
テレビで「自分を賭けた本気」が見える数少ない番組でしたから。
たかじんの番組は、関東でやらなくなって、とっても残念。

光のロック(初回生産限定盤)(DVD付)

光のロック(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: サンボマスター, 山口隆
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2007/12/12
  • メディア: CD


↑ちょっと前に買ったのですが一応。
彼らもまた「自分を賭けた本気」な人たち。
これからどこへいくのかなぁ。

PATAPON(パタポン)

PATAPON(パタポン)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: ビデオゲーム


↑「ポンポンパタポン」
シンプルなデザインには弱いので、思わず買ってしまいました。
結構むずかしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ごぶさたなり [それでもどっこい生きてます]

なんとなく書きそびれ。

色々と見たり、聞いたり、読んだり。

12月9日(日)
鴻上尚史の新しい劇団、【虚構の劇団】の「監視カメラが忘れたアリア」を観に中野の
【ザ・ポケット】へ。
小野川晶という女優さんが、すこぶるインパクトがあった。特に目がかわいく強い!

12月13日(木)
新型PSPのディープレッドと、WiiFitを勢いで購入。
PSPは「勇者のくせになまいきだ」を遊ぶ為。
でも両方未開封。

12月15日(土)
映画「ベオルフ」。フルCG。
CGは「ああ、もうここまでは普通なのか」と思うような凄さ(序盤除く)はありましたが、お話が散漫で全然楽しめなかった。

池袋でお刺身&日本酒。
白子ポン酢がうますぎて悶絶する。痛風なんて関係ない!

12月16日(日) ← いまここ
Wii友達からプレゼントが届く。
バーチャルコンソールのソフトをプレゼントできるようになったのですよね。
ちょっとうれしい機能。

買った本

一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある

一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHPエディターズ・グループ
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本


その後のツレがうつになりまして。

その後のツレがうつになりまして。

  • 作者: 細川 貂々
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本


非属の才能 (光文社新書 328)

非属の才能 (光文社新書 328)

  • 作者: 山田 玲司
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/12/13
  • メディア: 新書


暁の脱出 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-117 グイン・サーガ 117)

暁の脱出 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-117 グイン・サーガ 117)

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫


クリスタルの再会 (ハヤカワ文庫JA ク1-118 グイン・サーガ118) (ハヤカワ文庫 JA ク 1-118 グイン・サーガ 118)

クリスタルの再会 (ハヤカワ文庫JA ク1-118 グイン・サーガ118) (ハヤカワ文庫 JA ク 1-118 グイン・サーガ 118)

  • 作者: 栗本 薫
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/12/07
  • メディア: 文庫

グインサーガ115巻から読んでない。うむむ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪いってきました [それでもどっこい生きてます]

12月1日(土)

本当は6時の新幹線に乗る予定が寝過ごしてしまい8時に・・・。
.
万博記念公園に行くモノレール。

太陽の塔です。いわずと知れた岡本太郎作。

太陽の塔って発電してたのね。へー。

太陽の塔の裏っかわ。
裏にも顔が!
正面よりも、こっちの方が好き。


お目当ての国立民俗学博物館。


無料ですってよ。

企画展は、「オセアニア大航海展」。
台湾から出発して、ハワイ(発音的にはハワイイらしい)やニュージーランド、東はラパ・ヌイ(イースター島)まで、航海技術を発展させながら、太平洋の島々に移り住んできた人たちの展示。
あんな広い海に点在している島々を、高度な航海技術で着々と制覇していく人々の力はすごい。

良く考えれば当たり前ですが、元々人が住んでいない孤島に人が住むようになるってことは、ある程度の人数で確実にその島までいかなければならないわけで、そのためには高度な航海技術が不可欠なわけです。
そこまでさせるのは、好奇心なのかなんのか。

展示としては割りとシンプルな感じ。モノより人に重点が置かれていた印象です。
CGとかはとても控えめ、かつ適切に使われていたと思います。アニメーションの付け方がとても丁寧。

・・・と、土曜日はここまで。

新大阪泊。

ホテル近くの小さな居酒屋で店の大将とおかみさんと話し込んでしまい酒を飲みすぎた。(日本酒5合)

★  ★  ★

12月2日(日)

美術館目当てで、天王寺公園へ。


公園は、そこそこの広さ。有料。

結構、大きな美術館。
屏風の企画展をやってました。

その後、奈良へ移動。天王寺から一本でいけるんです。


興福寺、東大寺、奈良国立博物館とまわりつつ、紅葉も楽しんだのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感