So-net無料ブログ作成

Wii手に入れました~の顛末 [それでもどっこい生きてます]

本日発売のWii。奇跡的にゲットしました!

結局、早起きして朝7時に池袋のビッグカメラに行って見たんですが、遠くからでも分かるぐらいに「完売」の立て札が。
ここで「あ、こりゃ他のところも無理だな。。。」と打ちひしがれつつ、近いから新宿ぐらいは行って見ようと思い、新宿ヨドバシで並ぶと言っていた同僚(新潟生まれ)に偵察電話。

彼は東口のヨドバシで抽選に当たったとのこと。
おー、と思いつつ、電話していると、「あ、朗報が。新宿来れます?」との仰せ。
行きます行きますと、尻尾を振っていってみると、なんと一つ余分にあったあたり抽選券をくれるではありませんか~。
色々と余裕がなかったので経緯は聞かずじまいでしたが、ありがたく頂きました。

というわけで、ウラ技でしたが、無事ゲットいたしました。

番外:転売屋?との会話編
抽選券を貰って購入の列に並び、レジにたどり着くまで2時間30分。
その間、列の前に中国人の団体さんがいたんですが、どうにも「転売なのか。そうなら儲けはいくらなのか」に対する興味が押さえがたく、最後の最後で、自分のすぐ前にいたカップル二人に声をかけてみました。

一人づつ一台、本体だけを購入するという中国人のカップル。

ぶっちゃけ転売するのかどうか聞いてみたんですけど、自分で楽しむ為だと言いつつも、「転売するって言っちゃダメなの?」と聞くと曖昧な笑いを返してきたので、やっぱり多分そうなのでしょう。
「なんでソフト買わないの?」の答えは、「中国で買うと800円だから」でした。
んで、PS3の時の話をしてみたら、あの時は、夜中の3時~5時に仕事するのと同じ自給がもらえたと言っていました。なるほどシンプルな給与体系。

その後は、「寒くない?」「僕は中国の北の方の生まれで、いまどきだとマイナス20度だから大丈夫」「私の妹の旦那さんは中国人だよ」「え~!本当ですか!」とか、なんか普通な会話を堪能いたしました。

しかし、経済ってなんなんだろーなー。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。