So-net無料ブログ作成

義務学習? [それでもどっこい生きてます]

そういえば、先週のJASAGのシンポジウムで、「教育」と「学習」についてやりとりがあったのですが、この二つの言葉を私は普段まったく意識しないで使っていたことに気づき、唸りました。

ちなみに、goo辞書(大辞林 第二版)によると、教育と学習の意味は以下になります。

きょういく けう― 0 【教育】
(名)スル
他人に対して、意図的な働きかけを行うことによって、その人間を望ましい方向へ変化させること。広義には、人間形成に作用するすべての精神的影響をいう。その活動が行われる場により、家庭教育・学校教育・社会教育に大別される。
「子供を―する」「義務―」「―のある人」
がくしゅう ―しふ 0 【学習】
(名)スル
(1)まなびおさめること。勉強すること。
「新しい教科を―する」
(2)〔生〕 生後の反復した経験によって、個々の個体の行動に環境に対して適応した変化が現れる過程。ヒトでは社会的生活に関与するほとんどすべての行動がこれによって習得される。
(3)〔心〕 過去の経験によって行動の仕方がある程度永続的に変容すること。新しい習慣が形成されること。
(4)〔教〕 新しい知識の獲得、感情の深化、よき習慣の形成などの目標に向かって努力を伴って展開される意識的行動。

教育は教えること、学習は学ぶもの。
同じことを習得するにしても他人から教えられる教育と、自分から学ぶ学習がある。

まぁ、改めて読んでみると当たり前っちゃ当たり前なんですが、全然意識してなかったのです。

「義務教育」は良く聞くけれど、「義務学習」は聞かない。
「生涯学習」は良く聞くけれど、「生涯教育」は聞かない。

んで、ヨノナカで「教育せねば!」と普段連呼していることの何割かは、「学習でいいんじゃないの?」と思ったわけです。

~~追記~~
【学校を元気にする便利サイト~ - 学びの場.com】というものを、ちょっと前に見つけました。
運営主体は、「株式会社内田洋行 教育総合研究所」。

あまりちゃんと読んでないけど、【教育インタビュー:ディア・ピョンヤン監督ヤン・ヨンヒ】を見つけましたので、ご紹介~。

過去記事:
【「Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン」見てきました】


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんだそりゃ [それでもどっこい生きてます]

【札幌テレビ動画ニュース:◆中学生の意見 匿名の大人が"批判"】

回線が細いのか動画が見れませんでしたけど、本当だとしたら、なんだそりゃ、って感じですわい。
この”匿名の大人”がどういう思考回路でこういうことをしているのか、まったく理解不能。
貧しい考え方をする大人もいたもんだ。

意見が違ってても、大人ならもっと貫禄を持った受け答えしろよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バッグが戻ってきました [それでもどっこい生きてます]

さきほど、バッグが戻ってまいりました。

これで一連の「ひげたまバッグ失踪事件」は、無事解決したことになります
関係者の方々、ご協力ありがとうございました!

--
先日、久々にブルーハーツのBest版を取り出してiPodに入れました。
実はブルーハーツの曲は聴かないことにしていたんです。

それは一つには、ヒロトとマーシーが先に進んでいる、違うバンドで違う曲を届けてくれている、そのこと自体に拍手を贈りたい、応援したいという気持ちからです。

もう一つは、自分も先に進みたい、昔を懐かしんでいてもしょうがない、という気持ちからです。

それでも、ブルーハーツの曲は何かがあった時に耳に聞こえてきていて、このブログを書いているときにも、何度も助けられていました。

で、ちょっとここらで色々と振り返ってみたい気分もあり、意地を張り続けるのも大人気ないという気もして、聴いてみたのでした。

・・・なんか、泣けてしょうがなかったですよ。
電車の中で聴いていたので、こらえるのが辛かった。

たとえば、こんな曲が今の私を揺さぶるわけです!

--
僕はここに立っているよ 作詞・作曲 真島昌利 編曲:THE BLUE HEARTS

オマエは僕に電話して 強引な取りひきせまる
なんとかワナにはめようと 僕のことを脅迫する
不安が夜中に ドアをノックする
ナイフをつきつけられても
ピストルつきつけられても
クソッタレって言ってやる

夜の底でケッ飛ばされて なんとか持ちこたえている
僕はここに立っているよ 汚れた顔をしてるけど
したがうだけなら 犬でもできるさ
ナイフをつきつけられても
原爆つきつけられても
クソッタレって言ってやる

夜の音に耳をすまし 少しだけ涙がでたよ
本当に大事なものだけ いつまでも忘れないんだ
わめいて 叫んで 声が枯れたって
ナイフをつきつけられても
水爆つきつけられても
クソッタレって言ってやる

ナイフをつきつけられても
ピストルつきつけられても
原爆つきつけられても
水爆つきつけられても
クソッタレって言ってやる
クソッタレって言ってやる


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「冷血」トルーマン・カポーティ [それでもどっこい生きてます]

1959年11月にカンザス州で起きた一家4人惨殺事件を元にしたノンフィクション・ノベル。

私は犯人の一人であるペリーに感情移入しつつ、でも突き放されつつ読みました。

殺人、しかも一家4人の惨殺事件。
こんなニュースになりやすく、煽りやすい事件なんてなかなかないでしょうね。

もし、今同様の事件が日本で起きたら、連日ワイドショーで取り上げられ、一家がいかに善人だったか、犯人がいかに非道で卑劣な人物であるかが、周知の事実として国民の間に広がることでしょう。
そして、もし犯人が死刑になることに反対なんてしたら、「被害者のことを考えない」平和ボケした人物として見られることでしょう。
「正義」が行われることを当然だと思うでしょう。

でも、もう一人の犯人であるディックが最後に言う様に、「死刑ってのは復讐ってことに尽きる」と思います。(ディックは死刑も復讐も否定しません。ただ、それが自分以外であるならばですが)

死刑を支持する人は、「正義」を口にするのではなく、自分が死刑執行人の力を借りて「復讐」をしているのだ、と自覚すべきだと思いますし、なぜ自分が他人の死をキッカケにしてまで「復讐」に駆り立てられるのか考えてみたほうが良いと思います。

死刑廃止に積極的に賛成できないという自らへの自戒を込めて。

冷血

冷血

  • 作者: トルーマン カポーティ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

管理職失格 [それでもどっこい生きてます]

【眠り猫さんのブログ:平和のために小さな声を集めよう】に、【管理強化の弊害の実例~東京都の実情~】という記事がありました。

毎日新聞の、【いじめ:「教育委員会は役立たず」中学校長が本音語る】という記事を受けたものです。

個人的に人をまとめる仕事をした経験からいえるのは、「現場の負担が増える方向での仕組みは絶対にうまくいかない」ということです。

この新聞記事でいえば、

一方、教委に報告したくない理由は、いじめを報告すれば、生徒の学校生活の状況や指導方法などについて膨大な調査が学校に課され、肝心の生徒指導がおろそかになるからだ。


にあたります。

多くの人は、自分の出来る範囲で精一杯やってる訳です。
管理する側からは、まったくそうは見えないとしても。
そんな中で仕事を増やされたら、マジメな人であれば「パンク」してしまいます。

現場経験がある人でさえ自分が管理職になった途端に現場を無理にコントロールしようとします。
自分の仕事は、人の尻を叩くことだ、とでもいうように。

もちろんそれで改善されることはあるでしょう。底辺を底上げすることは出来るかもしれません。
でも、その一方で、元々やる気のあった人達、自ら現場を改善しようとする意欲のある人達のやる気を確実にそいでいきます。

「何でオレ達が管理職の為に仕事をしなくちゃいけないんだ。オレ達の本当の仕事はなんだ!」
と思うからです。

だから、仕組みを作る時に考えなければはならないことは、「現場が楽になる方法」です。
「誰が何をやっているのか、現場で何が起こっているかの”一次情報”を流通させる」ことです。
「何が問題なのかキチンと話し合う場を作る」ことです。

やる気のある人が考えることができる時間を増やすこと、考える材料を増やすこと、仲間がいるのだと安心し信頼できること。

・・・なんて偉そうなことを言っていますが、自分にはできていません。

そもそも、今、自分は管理職ではありません。
前の会社で、うまく行かなかった精神的ダメージを5年たった今でも引きずっています。

「管理職失格」ですね。

でも、今でもこういったことを常に考えてしまう。

みんなが疑心暗鬼で過ごすのでもなく、心の病気にもならず、自殺もせず、モノゴトを少しでも良くする方法。
なにより重要なことは、そんななかで「自分も死なない」方法。

一つ前の仕事からの反省があるとすれば、「絶対にあせってはいけない」ということでしょうか。
無理に結果を出そうとすると、結果がでないことで自分が追い詰められてしまうので。

なんか、「ヨノナカを糾弾する!」みたいに勇ましいスタートだったのに、後半は一点してショボイ話な訳ですが、自分にとっては、”管理職”というキーワードは無視できないもので、一声叫んでみたくなったのでした。まる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ハンマーは常に振り下ろされる」~教基法、衆院で与党単独で強行採決 [それでもどっこい生きてます]

2006年11月16日(木)午後1時32分です。
歴史の授業に出てきますので、お子さんの為にもぜひ覚えておきましょう。

ニュース記事:
【東京新聞:教基法改正案が衆院通過 与党の賛成で可決、野党は欠席】
【東京新聞:参院17日審議入り 教育基本法改正案】

Starさんのblog:
【キリスト者として今を生きる:強行採決の空に…】

国会前のデモの動画は↓こちらから。
【VideoPressTV】

--
ハンマー 作詞・作曲 真島昌利 編曲:THE BLUE HEARTS

ハンマーが振り下ろされる 僕たちの頭の上に
ハンマーが振り下ろされる 世界中いたるところで

安っぽいメッキなら すぐにはがれてしまう
カラッポの言葉なら もう僕は聞き飽きた
悲しみが多すぎて 泣いてばかりいたって
何にも見えなく なっちゃうよ

ハンマーが振り下ろされる 僕たちの頭の上に
ハンマーが振り下ろされる 世界中いたるところで

48億の 個人的な憂鬱
地球がその重みに 耐えかねてきしんでる
デタラメばかりだって 耳をふさいでいたら
なんにも聞こえなく なっちゃうよ

外は春の雨が降って 僕は部屋で一人ぼっち
夏を告げる雨が降って 僕は部屋で一人ぼっち

ハンマーが振り下ろされる 僕たちの頭の上に
ハンマーが振り下ろされる 世界中いたるところで


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

変な夢をみた [それでもどっこい生きてます]

・鴻上尚史の芝居を見に行く。
・全然面白くない芝居なのに、大声で笑う観客達。
・左隣の男がつぶやく、「なんだこの芝居・・・」
・右隣の男がつぶやく、「ああ、これはひどい・・・」
・私と三人で「なんだこれは。おかしいぞ」と話し出す。
・客席を振り返ると、いつもどおり鴻上尚史は腕組みをしながら舞台をみている。
・そうこうするうちに、一人立ち、二人立ち、あっという間に観客がいなくなる。

(場面が楽屋(?)に変わる)
(みんなで腕組みをしてこの事態がなんなのか話し合う)

・ある男がいう「やっつけ仕事ってことさ」。
・みんな納得している様に見える。でも、私は腹立たしくてしょうがない。
・男は何か捨て台詞をはいて帰ろうとする。
・私は叫ぶ「じゃあ、オレたちに何ができるって言うんだ!!」
・男は振り返り、わが意を得たりという顔をし、こう叫んだ
 「芝居だよ!!オレたちで鴻上尚史の為に芝居をやるんだ!!」

(その場は、即興のオーディションの場になる)

--
・・・まー、その後は、「本当に自分は芝居をやるのかどうか」で悩んでるところで
目が覚めてしまったのですが、なんといいますか、自分の今の心理状態が
かなりはっきりと夢に現れていたので、こうやって書きとめてみました。

つまり、何をするにしてももう観客じゃいられない、という思いです。

それは自分だけがそうなんじゃなくて、日本のヨノナカに参加している人達は
もう単に「プレイヤー」としてではなく、かといって今までの「市民」や「社会人」という
枠組みでの社会参加でもない形、ゲームや芝居や音楽を通してヨノナカと繋がる形を
模索する時期なんじゃないか、という思いです。

まぁ、相変わらずまとまってませんが、「硬く攻撃的な社会」への橋渡しとして、
ひとまず傷つかず、ひとまず安心で、ひとまず失敗が可能な、トレーニングの場の提供、
その材料としての、ゲーム、芝居、音楽を考えてもいいんじゃないか、という思い。

ほどほどの力で「やわらかいヨノナカ」を目指す。

そのことに、ゲームが役に立てば、「トモダチ」が役に立つのであれば、「最高にステキ」に
思うわけです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲームはトモダチ [それでもどっこい生きてます]

コンピューターもトモダチ。
プログラムもトモダチ。

小学生のころから付き合ってきて、一緒にいるのが当たり前になっちゃったけど、自分にとってはとても大切なもの。

だから、今改めて「トモダチだよね」と、そんないっちゃん初めのところからゲームやコンピューターやプログラムのことを想うこと、もう一度出会うことを考えても良いのじゃないか。

もじもじしながら、「こんにちわ、はじめまして」と話しかけること。

それは、とてもステキなことなんじゃないか、と、ふと思ったわけです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バッグは無事みつかりました [それでもどっこい生きてます]

事務局の方が送ってくれるとのこと。よかたよかた。

JASAGから帰ってきて後、頭がぐるぐるしてしまって困っています。

自分は何がしたいのか。
自分に何ができるのか。

まー、相変わらず青臭いやろうな訳ですよ!

ハイロウ君のblogに刺激されて、トルーマンカポーティの「冷血」を読んでおります。
これは、おもろいぞ。

KOKAMI@network vol.9のお知らせが着ておりました。

今度は新作で、「僕たちの好きだった革命」。
来年の2月28日~3月11日に、シアターアプルで上演されるらしい。
もちろん見に行きますよ!

しかし鴻上!飛ばしすぎるなよ!追いついていける程度でよろしく!

本~。

東京ファイティングキッズ・リターン

東京ファイティングキッズ・リターン

  • 作者: 内田 樹, 平川 克美
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2006/11/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


被抑圧者の教育学

被抑圧者の教育学

  • 作者: Freire Paulo, パウロ・フレイレ, 小沢 有作
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 1979/01
  • メディア: 単行本


はじめて学ぶヴィゴツキー心理学―その生き方と子ども研究

はじめて学ぶヴィゴツキー心理学―その生き方と子ども研究

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新読書社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本


防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション―クロスロードへの招待

防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション―クロスロードへの招待

  • 作者: 矢守 克也, 網代 剛, 吉川 肇子
  • 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。