So-net無料ブログ作成
検索選択

「ドキュメンタリーの力」鎌仲ひとみ/金聖雄/海南友子 [それでもどっこい生きてます]

劇場で買って、そのまま一気に読んでしまいました。

マスメディアでは取り上げることの出来ないドキュメンタリーを撮る、そして上映する、ということがどんなことなのか、3人の映像作家がそれぞれの体験を語る本です。

映像に限らず自分の信念を語るということが、なんでこんなに難しいのか。

みんな「世の中は変わらない」という状態に慣らされてしまって、自分の言葉を失ってしまっているのでしょうか。

鎌仲ひとみは、ニューヨークにある【Paper Tiger】という、メディア・アクティビスト集団に参加していたことがあるそうですが、そこのキャッチフレーズは、"Where your brains are?"(あなたのおつむはどこにあるの?)だそうです。

視聴者を思考停止に追い込むメディアではなく、自分の頭で考える為のメディアを作る、そんな思いがこもっているそうです。

ドキュメンタリーの力

ドキュメンタリーの力

  • 作者: 鎌仲 ひとみ, 金 聖雄, 海南 友子
  • 出版社/メーカー: 子どもの未来社
  • 発売日: 2005/03/22
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「六ヶ所村ラプソディー」を見てきました [それでもどっこい生きてます]

会社の同僚に進められて、「六ヶ所村ラプソディー」という映画を見てきました。
タイトルの通り青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設に関連する問題を扱ったドキュメンタリー。

「反対!反対!また反対!」という声高なメッセージではなく、六ヶ所村はどんな場所なのか、どんな人が住んでいて、どういう生活をしているのかなど、意外なほど淡々と映像にしています。
農業をやっている反対派の人たち、実際に再処理工場で仕事ができて助かっている人たち、イギリスで稼動中の再処理工場のレポート、東大教授のインタビュー、京大教授のインタビュー。

正直にいえば「こういうドキュメンタリーを見に行く自分」というものに違和感があります。
こうやってblogに書くことにも、やや抵抗があります。

でも、だからこそ見に行くし、こうやって記事にもしているのだと思います。

映像を見ながら感じたのは、監督の信じる力みたいなものでした。

単に押し付けの正義や安っぽい理想を信じているのじゃなくて、自分達で考えて行けること、知ることからはじめられるということを信じている。
無力感にとらわれてはいけない、知るところからはじめるしかない、という直球のメッセージです。

あー、また受け取ってしまったよ。ボールが貯まる一方だ~。

六ヶ所村の再処理施設はまだテスト中ですが、2007年からは本格稼動するとのことです。

この映像にも出ていた京大教授の小出裕章さんが参加している、【原子力安全研究グループ】というページに色々と原発関連の資料があるみたいです。
興味がある方はどーぞー。

~~ 以下、勝手に宣伝 ~~
【六ヶ所村ラプソディー:オフィシャル・ウェブサイト】
【六ヶ所村ラプソディー:オフィシャルブログ】
11月3日(金)まで「ポレポレ東中野」で上映とのこと。
また、来年1月から、同じ監督の作品である「ヒバクシャ」と同時にアンコール上映されるらしいです。

ヒバクシャ ~世界の終わりに~

ヒバクシャ ~世界の終わりに~

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2006/08/26
  • メディア: DVD


ドキュメンタリーの力

ドキュメンタリーの力

  • 作者: 鎌仲 ひとみ, 金 聖雄, 海南 友子
  • 出版社/メーカー: 子どもの未来社
  • 発売日: 2005/03/22
  • メディア: 新書

という訳で劇場で売ってた、DVDと本を購入。
本には監督のサインもらってしまった。うっしっし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「「資本」論」稲葉振一郎 [それでもどっこい生きてます]

経済学の流れを順番に追える本。
とても丁寧な説明で読みやすいです。

自然状態的な社会と、高度に構築された現代の人工的な社会。

「いまさら自然にかえることなんてできないよ」と分かった様な顔で、無意味な言葉を吐くことはできますが、稲葉振一郎はもうちょっと込み入った形で「なぜ自然にかえれないのか」を説明しています。

それはスタイン・ベックの「怒りの葡萄」を読んだときに感じた「カネ」の力に近い感じ。
一旦人工的に構築されてしまった世界に慣れ、自然で生きるための古い知識を捨て去っている以上、単に「自然にかえる」ことはできない、というような。

「経済学という教養」もそうでしたが、稲葉振一郎は難しいことを伝えるのがうまいですね。

関連記事:
【2004年3月13日:「経済学という教養」稲葉振一郎】
【2005年7月24日:「怒りの葡萄」スタインベック】
【2005年8月17日:「ハードワーク」ポリー・トインビー】
【2006年2月1日:「「アメリカ抜き」で世界を考える」堀武昭 】

「資本」論

「資本」論

  • 作者: 稲葉 振一郎
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/09/06
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

PlayStation3ですが(その2) [それでもどっこい生きてます]

PlayStation.comからのメールにこんな項目が。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】“PLAYSTATION 3”のプレイステーション・ドットコム・ジャパン
   での販売について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもプレイステーション・ドットコム・ジャパンをご利用いただき、
まことにありがとうございます。

2006年11月11日(土)に国内での発売を予定している“PLAYSTATION 3”
(60GB/20GB)本体および周辺機器は、当初の販売台数に限りがあること
等に鑑み、プレイステーション・ドットコム・ジャパンでの販売は当面
予定しておりません。

プレイステーション・ドットコム・ジャパンでの販売開始の時期につき
ましては、準備が整い次第、改めて当サイト上でご案内させていただき
ます。

日頃よりご利用いただいているお客様にはご迷惑をおかけしまして誠に
申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、“PLAYSTATION 3”専用ソフトウェアは10月31日より予約受付を
開始する予定ですので、ご利用いただけますようお願いいたします。


ソフトだけですか。そうですか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰宅~ [それでもどっこい生きてます]

携帯で写真を撮っては、せっせこと送ってみました。
リアルタイムで見てた人いました?

今回のお目当ては、春と秋にだけ開く興福寺の北円堂と、毎年この時期に開催される【奈良国立博物館】の正倉院展。

普段は開いていない興福寺の北円堂。
無著と世親の像は、東京藝術大学でやってた「興福寺展」でみたことがあったけど、本尊を囲んで配置されているのを見るのは初めて・・・はー、いいわー。

正倉院展の方はウワサどおりの大行列だったのですが意外とするすると入れ、するすると出てきました。期待しすぎたのか個人的にはイマイチ感。
つか、なんで正倉院展ってあんなに混むんだろう?
毎年やるからなんとなく毎年行く、みたいな感じの人が多いのだろうか。

正倉院展より、本館の方がよかったなぁ。前回、改修工事中で入れなかったし。
単に仏像が一番好きだから、ということかも知れないけど。

その後は、いそいそと東大寺の三月堂(蓮華堂)へ。
1時間ほど畳に座りながらぼーっと不空羂索観音を見てました。
やっぱし、今まで見た仏像では、この仏像が一番好きだなぁ。

今回は、たまたまお寺の人が三月堂の由来やら仏像の説明やらしてくれました。

この仏像は、水晶を押さえるようにして両方の手のひらをあわせているんですが、この水晶は幼くしてなくなった天皇の子供を表したものとのこと。掌中の玉=愛児ということですね。
このお堂が出来たのも、その子供を弔う為なんだとか。
なるほどなぁ。

まったりした気分で、【奈良県立美術館】にも寄ってみました。駅に行く途中にあるんですよね。
円山応挙(まるやま・おうきょ)と長沢芦雪(ながさわ・ろせつ)の企画展。

長沢芦雪の描く子犬の絵が死ぬほどかわいくて悶絶しました。パーツが全部まん丸なんですよ。
猫好きを犬好きに転向させる危険な絵です。

まぁ、そんなこなんで、秋の奈良を満喫してきました。
出張先でぶらぶらするなんて、普通のサラリーマンみたいで新鮮な感じ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良県立美術館 [それでもどっこい生きてます]

面白そうだったから、お立ち寄り。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

つかれたシカー [それでもどっこい生きてます]

奈良観光終り〜。
帰るっす。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog