So-net無料ブログ作成

「差別への凝視―365日が3回」大菅新 [それでもどっこい生きてます]

中学教師の学年便りをまとめたものです。3年分ですね。

筆者はしごく誠実でマジメな方だと思います。それは読んでいて良く分かるのですが、正直いって全然心に響きませんでした。

3年分発行した学年便りから人権問題をだけ抜き出したせいもあるのかも知れませんが、とにかくキレイで正しいことを「~しなければなりませんね」とか、「~についてみんな本当に考えているでしょうか?」とか、「~さんの感想は悲しいかなこういうものでした。みなさんどう考えますか?」とか、一つの答えに向かうように強制しているとしか読めなかったのです。

繰り返しますが、筆者はとても誠実でマジメなことは疑いようもありません。
実際に被害があった場所に出向き、そのことを生徒に語る。人として突っ込みようもありません。

でも、わたしにはこの本で筆者が書いていることは、高いところからの「正しさ」の押し付けにしか感じられませんでした。
事実だけを述べるだけで良いのではないか、なぜ「生き方」にまで踏み込んでくるのか。

その「生き方」が正しいとしても、それを押し付けてくる時点で「正しさ」は何か他のものに変わっていると考えないのか、とても疑問です。

ちなみに、まえがきにあげられているテーマ一覧は以下。

「同和問題」
「障害者問題」
「在日韓国朝鮮人に関する人権問題」
「在日外国人の人権について」
「女性問題」
「水俣病問題」
「ハンセン病問題」
「アイヌ民族に関する人権問題」
「広島、長崎への原爆投下について」
「沖縄戦」
「いじめの問題」
「戦争における犯罪について」
「学校間格差」
「オーストラリア先住民アボリジニーについて」
「中国人強制連行」
「日本と朝鮮の歴史」
「カースト制について」
「言葉の暴力」
「人間のうちに潜む差別意識」
「第五福竜丸事件」
「ホームレスの問題」
「HIV感染症問題」
「環境破壊(公害)問題」
「沖縄の土地闘争」
「黒人問題」
「人のために(犠牲とは?)」

筆者がこの文章をみたら、とても気分が悪くなることでしょう。
でも、こういう形での教育はもう限界なのだと思うのです。

あくまでも次の世の中を選ぶのは子供達です。

大人たちが「こういう世界が僕はベストだよ思うよ」とさりげなく言うのはかまいませんが、大人たちが望むような思考をしない子供を排除しようとするのは、はっきり間違っています。

大人たちが間違い続けている様に、子供達もまた間違い続けることでしょう。

でも、もっと子供達を信頼してあげてください。
先回りして、モノゴトを整理するのをやめてください。
大人たちが先回りすればするほど、子供達は従うしかなくなり、自分で何かをしようなんて思わなくなってしまうのです。
大人たちがそんなことを続けてはダメだと強く思うのです。

差別への凝視―365日が3回

差別への凝視―365日が3回

  • 作者: 大菅 新
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

本田由紀のblog閉鎖3、稲葉振一郎の本 [それでもどっこい生きてます]

稲葉振一郎の「経済学という教養」を読んだことがあったので、補足として紹介しておきます。

「経済学という教養」稲葉振一郎 - 【さるさる日記:2004年3月13日】

今日本屋で、

所有と国家のゆくえ

所有と国家のゆくえ

  • 作者: 稲葉 振一郎, 立岩 真也
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本


善の研究 <全注釈>

善の研究 <全注釈>

  • 作者: 西田 幾多郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/09/08
  • メディア: 文庫


の2冊の本を買って、「所有と国家のゆくえ」の著者紹介をみて気づいたのでした。

しかし、2年半前に自分の書いた感想をみて、今回の件を振り返ると、とても複雑でやりきれない気持ちになりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。