So-net無料ブログ作成

スーパーマリオのFLASH [それでもどっこい生きてます]

知り合いに教えてもらった、全5話あるスーパーマリオのFLASH。
http://www.alxlen.com/flashlevel%20ads/banner1%20468x60/mariocentral.html

「ドット絵ででここまで作るなんて」とか、「この絵でこんなお話が」とか、「スーパーマリオのゲーム的なルールがきちんと世界の法則に繋がってる」とか、色々刺激的でした。

しかしFLASH作家はすごいなー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絶対左右感と利き腕、さらにいえば男と女 [それでもどっこい生きてます]

たけぽんさんトコの、【絶対左右感】という記事にコメント書いてたら、長くなったし面白いネタだと思うので自前エントリーにします。

中で取り上げられてる、【子供騙しの猿仕事日記】さんトコの、【好色選挙法】に以下のようなコメントが。

> いい大人になっても、右と左の違いがとっさには分からなくて、頭の中で箸と茶碗を持つ
> ところを想像しなければならない人がいます。しかも結構少なくないようです。
> こういう人は絶対左右感が乏しいのでしょう。

これ!
私も高校生になっても「右と左がぱっと言えない」人間でした!

んで、それが非常に恥ずかしくて直す訓練をしたんですよ。(若い時はこういうの恥ずかしいと思うじゃないですかー)

実践した方法はしごく簡単で、自分でどっか行ったりするときは、常に右左や方角で考える様にして、人に聞かれても「タバコやの前の交差点を北へ」とか「喫茶店に向かって左にある路地の先へ」とか答えるようにする、というもの。シンプルでしょ?

今では方角と右左は、すぱっといえるようになりました!僕にもできた!

どれぐらいやったんだったかなぁ、一ヶ月ぐらいだったかなぁ。
やってる間は結構辛かった記憶があります。我ながらけなげ。

でもね、北海道から東京に出てきて思ったとですよ。

左右はともかく、方角って東京ではあまり意味ないじゃないですか。つか逆に方角で考える方が都合悪いんですよね。
たとえば地下鉄の出口を探すときも「A3」とかで覚える方が断然的確で、意地になって方角で考えて出口から出たりすると、絶対別な場所に出てしまうという。
悔しい、本当に悔しぃ!
あまりに悔しいので、今でもよほど急いでる時以外は方角で考えて出ようとします。

んで、たけぽんさんトコの次のエントリー【左と右の話の続き】で、絶対左右感と利き腕の関連がでてましたが、私は右利きです。

左利き右利きと男と女の考え方の違いという点のネタについては、「社会をコントロールしている大多数は論理的思考の人達である」ことを信じさせたいがゆえに、「男で右利きな人は論理的である」と定義してるんじゃないか、とぼんやり考えたりしますです。

追記:
ふと思ったけど、「絶対左右感の乏しさを克服する回路を脳内に作った」のと、「絶対左右感に乏しくなくなった」のは違うのかも...。ちょっとしょんぼり。

追記2:
右利き左利きと男と女、ってのは、信じさせたいとかじゃなくて、社会的な役割にみんな順応にしているダケ、という方がしっくりきそう。
私が「左右分からないのは恥ずかしい」と思ったのも、「男ならばそういう思考ができなければならない」というメッセージを過剰に受け取った結果ともいえますし。

追記3:
関係あるかどうか分かりませんが、5歳下の妹は左利きです。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「病いの哲学」小泉義之 [それでもどっこい生きてます]

【「弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術」立岩真也 】に近い感じの読後感。
社会的に有益な人だけが存在する価値があるのか?という点について、生と死の間の「病い」から考えている本です。

人は有益であるべきだ、というメッセージは根強くて、かつ分かりやすい目標でもあるので、つい流されてしまいます。うーん。どうやって抜け出せばいいのでしょう。

病いの哲学

病いの哲学

  • 作者: 小泉 義之
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。