So-net無料ブログ作成

只今8/20 1:45、NHKスペシャル再放送中(もう終わりました) [それでもどっこい生きてます]

NHKスペシャル[再] 「日中は歴史にどう向き合えばいいのか」

をやってます。2:35マデ。

中国と日本の戦後の外交の話です。

Yahooの番組欄の説明だと、
・戦後61年の交渉と対立
・日中の外交当事者に徹底取材・両国の溝はこうして生じた
・周恩来と角栄の攻防
・戦争責任と靖国
ということ。

かなり興味深いので、よかったらどうぞ。

~~以下、2:30追記~~

「人を殺した記憶は語られない」、「人を殺された記憶は語られ続ける」。

国がどーのとかの話は別として、実際に戦争時期を生きて、殺し殺される体験をした人が何を語るかは、こういう感じになるのではないでしょうか。
小説家などの様に表現に命をかけてるのでもなければ、人を殺した経験なんて語らないでしょう。
だから、日本国民が語るのは原爆や空襲などの「殺された」話で、中国国民が語るのは、南京大虐殺やら侵略の歴史などの「殺された」話になってしまう。
それは、おじいちゃんおばあちゃんから聞く話としては、ひとまずしょうがないと思うのです。

でも、いそいで付け加える必要があるのは、だからこそ事実として日本国民がたくさんの人を戦争中に殺したことを知る必要があるんだと思うのです。

語られないことを増やしてはいけない。
歴史の空白を作ってはいけない。

それは倫理的なものではなくて、トラウマになることへの防止に近いものです。

小さいころに受けた嫌な事実があり、でも、とりあえずはそれを忘れてしまうことで生きながらえてきたとしても、結局大人になってそれが何か自分ではコントロールできないことを生んでしまう。
それは、嫌なことがあったその事実が問題なのではなくて、その記憶を忘れたことにした語られないものにした、そのことが原因です。

だから、今、これからを生きる為に語られないことを増やしてはいけないと強く思うのです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。