So-net無料ブログ作成

散財な日 [それでもどっこい生きてます]

ふらふら出かけた池袋。やってしまった。

まずHMVへ。

世田谷夜明け前

世田谷夜明け前

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トラッシュレコーズ
  • 発売日: 2004/11/25
  • メディア: CD


東京タワー

東京タワー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トラッシュレコーズ
  • 発売日: 2003/11/12
  • メディア: CD


Singles&More~Antinos Years

Singles&More~Antinos Years

  • アーティスト: フラワーカンパニーズ
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2002/10/23
  • メディア: CD


さきほどのエントリーに書いた【希望を歌う】のコメントにサンボマスターと一緒に上がっていたフラワーカンパニーズというグループ。mf247というサイトにある「東京タワー」という曲がよかったのでアルバムを買ったのでした。
とりあえず3枚しかおいてなかったのでその3枚。わくわく。

その後は例によってジュンク堂。

脳の右側で描け

脳の右側で描け

  • 作者: ベティ エドワーズ
  • 出版社/メーカー: エルテ出版
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本


脳の右側で描けワークブック

脳の右側で描けワークブック

  • 作者: ベティ エドワーズ
  • 出版社/メーカー: エルテ出版
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 単行本


これは、昨日買った「音楽する脳」と同じ興味で買ったもの。
最近、「プログラムが出来る人と出来ない人の違いはなんだろう?」とか、「みんながプログラムを楽しめる様になる方法はないんだろうか?」とか考えてるんですが、その辺の参考資料です。
今のところの推測では、絵にせよ音楽にせよプログラムにせよ、「できない」ということが想像以上に本人の思い込みからきてるのじゃないか、そうであればそれを「ときほぐす」方法が見つかれば、もっとみんながプログラムを楽しめる様になるんじゃないか、そんな風に考えています。

初心者のための一五一会・音来 弾き方CDブック 超・入門編

初心者のための一五一会・音来 弾き方CDブック 超・入門編

  • 作者: ケイティクラブ
  • 出版社/メーカー: ドレミ楽譜出版社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 楽譜


一五一会、ぜんぜん弾いてません。とてもかわいそうです。
そんな一五一会の復活を祈願して買ってきました。
弾きだすと楽しいんですが、なんつーか長続きしません。
ゆっくり、すこしづつ、てれてれやりたいとは思ってるんですが。

百鬼夜行絵巻―妖怪たちが騒ぎだす

百鬼夜行絵巻―妖怪たちが騒ぎだす

  • 作者: 湯本 豪一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本


トラウマの声を聞く―共同体の記憶と歴史の未来

トラウマの声を聞く―共同体の記憶と歴史の未来

  • 作者: 下河辺 美知子
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術

弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術

  • 作者: 立岩 真也
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本


希望について

希望について

  • 作者: 立岩 真也
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


この辺は、いつの間にやら買い物カゴに吸い込まれた本たち。
「トラウマの声を聞く」は、「共同体のトラウマ」をキーワードに戦争とかを分析する本らしいです。面白そう。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

希望を歌う [それでもどっこい生きてます]

ふらふらblogを見ていたら、Under the Sunに橋本治とサンボマスターが同時に取り上げられている
【希望を歌う】というエントリーを発見。

うーん、ステキだ。しびれる。

#7月25日追記
このエントリーへのトラックバックスパムが多いので、トラックバックを受け付けないようにしました。ご了承ください。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

またまた朝帰り [それでもどっこい生きてます]

ヒマだってこともあるんですが、「次の仕事はどーするのか?」という話題が多い時期なので飲みは自然と増えています。

今、ゲーム業界は難しい局面に入っていると思います。
なので、飲みに行っても「次は~がやりたいなー」といった人事的な話よりも、「そもそもゲームって何よ?コンピューターの可能性ってどーなのよ?」といった「根っこ」の話が多くなります。面白い、と言い切ることもできますが、もうちょっと、こう、切実さみたいなものがあります。

自分はこれからどうするのか。

うーん。

音楽する脳

音楽する脳

  • 作者: ウィリアム・ベンゾン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感