So-net無料ブログ作成

「「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言」仲正昌樹 [それでもどっこい生きてます]

このblogを書いてて最近良く思うのは「自分に知識がなくても、もうちょっと政治とかのことを書く必要があるんじゃないか」ってことなんですが、この本は、そんな悩みをものの見事に粉砕してくれました。

簡単で分かりやすい言葉にのって、敵だの味方だの言ってないで、きちんと調べて考えろ、バカ、ってなことがざくざくかかれてます。
著者のスタンスだと、私は”うじ虫”レベルです。
かなりパンチが効いてます。くそー。

でも、書いてあることはもっともだと感じます。

右でも左でも”分かりやすいもの”に扇動されるなと。
「細かいことはおいておいて今はまず反対しなきゃ!」なんて焦ってものを言うなんてのは、単に対立を生むだけで意味がないんだと。

~~次の記事「ラディカリズムの果てに」に続く~~

「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言

「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: