So-net無料ブログ作成

「ラディカリズムの果てに」仲正昌樹 [それでもどっこい生きてます]

~~「「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言」からの続き~~

本書を読む前の注意書きの始まりは以下。
~~
「「私はラディカルな反体制派であり、権力によって抑圧されている!」などと、人前で大っぴらに自慢げに叫ぶサヨクなやつは、頭も根性も腐りきった最低のカスであり、人間と呼ぶに値しないウジ虫である。」
~~
そういう人にはこの本は読んで欲しくない、と厳重に注意しています。

全編こんな感じなので、こういう調子がダメな人は読まないほうがいいと思いますが、言っていることにはとても考えさせられました。

きちんと必要な知識を得て考える、そういう当たり前のことの重要性を誰も言わないことの問題。
「自分がものを言わないとみんな騙されてしまう!」なんていう思いあがったヤツへの嫌悪。
問題がどういうことでどうすべきなのかを考える根気強い思考よりも、「自民党が言っているから反対」とか「フェミニズムには反対しない」とか、無自覚にせよ結果として「誰に味方につくか」ばかり考えているヤツが多いこと。

なんというか、自分に当てはまることが多くて、読んでいて恥ずかしくなってしまいました。

小泉政権がどうのこうのとか、このblogでもがーがー言ってますが、本当にキチンと調べたり考えたりしてないし、知識だって足りない。
卑下してる訳じゃなくて、本当にそうだよなぁ、と思うわけです。

一応その辺の自覚はあるから、こうやってちょいちょい本読んでるわけですけど、考えるために必要な本って、自分が把握してるだけでもたくさんあるんですよね。
んで、こういう本を読んでさらに読む必要がある本が増える、という。うがー!タスケテ!

仲正昌樹は一時期統一教会に入っていたらしくて、この本の最後に「全共闘と新興宗教」という対談が載っています。
前々から学生運動と今の世の中の関連に興味があることもありますが、この対談はかなり刺激的でした。
70年代~90年代の学生の状況、学生運動と宗教とマンガの関連性、統一教会とオウムの対比、肉体と身体について、などなど語っています。

ま、、、現状無知なのは仕方ないとあきらめるしかないのですが、とりあえず一歩一歩進もうと思いますです。

ラディカリズムの果てに

ラディカリズムの果てに

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: イプシロン出版企画
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言」仲正昌樹 [それでもどっこい生きてます]

このblogを書いてて最近良く思うのは「自分に知識がなくても、もうちょっと政治とかのことを書く必要があるんじゃないか」ってことなんですが、この本は、そんな悩みをものの見事に粉砕してくれました。

簡単で分かりやすい言葉にのって、敵だの味方だの言ってないで、きちんと調べて考えろ、バカ、ってなことがざくざくかかれてます。
著者のスタンスだと、私は”うじ虫”レベルです。
かなりパンチが効いてます。くそー。

でも、書いてあることはもっともだと感じます。

右でも左でも”分かりやすいもの”に扇動されるなと。
「細かいことはおいておいて今はまず反対しなきゃ!」なんて焦ってものを言うなんてのは、単に対立を生むだけで意味がないんだと。

~~次の記事「ラディカリズムの果てに」に続く~~

「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言

「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「孤独と不安のレッスン」鴻上尚史 [それでもどっこい生きてます]

「なんで一人で旅行するの?」と聞かれることがあります。
「寂しくない?」とか「それ変じゃない?」とか言われたりもします。
さらに目的地が博物館やお寺なので地味度もあがり、「彼は違う世界に行ってしまった…」と思われることもあります。(笑)
私もはじめは「一人で旅行なんて寂しいし嫌だ」と思っていました。
でも、「自分には一人旅が必要だ」という意識がはっきりあって、一人で旅行する様になったのです。

なんで、自分には一人旅が必要なのか。

この本の最初に「どんなものを信じても、受け入れても、人は一生、孤独と不安から自由にはなれない」というフレーズが出てきます。私もまったくその通りだと思うわけです。

孤独と不安を完全に消すことはできない。
多分それが私が「自分には一人旅が必要」と強く思った理由です。

こういう話をすると、「ひとは一人で生まれて一人で死ぬって話か?」と思われるかも知れませんが、そういう話じゃなくてもっとナマナマしい「とりあえず明日を生きのびるための知恵」みたいなことです。

鴻上さんはやさしくていねい真剣でゆっくりと「孤独と不安」について考えていること感じていること、こうだったらちょっと素敵なんじゃないかと思うことについて語っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「生きのびるために笑う」鴻上尚史 [それでもどっこい生きてます]

「週間SPA!」に連載中の「ドン・キホーテのピアス」2004年10月7日~2005年9月27日をまとめた単行本です。

いつもの鴻上エッセイですが、あえてオススメの回をあげると、
「オールナイトニッポンとラジオについて」
「『アンパンマン』の秘密について」
「『バナーキングへの道』について」
「学校を”自立”のシステムへ戻す努力を考える」
「「心を込めて」歌うことを誰が批判するのか?」
「靖国問題について考えてみた」
かな。

特に「アンパンマンはなぜ頭がアンパンなのか」について書いてある、「『アンパンマン』の秘密について」は良いです。以前友達から聞いたことはあったんですが、結構うなる話です。
高知県にある「アンパンマンミュージアム」に行けば、説明があるそうですよ。

「新・ゴーマニズム宣言 (15)」にも取り上げられていた本「「靖国問題」高橋哲哉」について、この本でも取り上げられていました。
「新・ゴーマニズム宣言 (15)」では「インチキ本」、この本では「いろんなことを教えられる本」という扱い。評価がまったく逆だったので、こんど読んでみようかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

So-net blog繋がりにくくなってます [それでもどっこい生きてます]

今繋がってるそこのあなた!ラッキーです!どもども!

・・・。
12日のメンテナンスから、もうダメな感じです。
全然接続できないから、更新もできません。

だいぶ良くなったとSo-netのメンテナンス情報には書いてありますが、まだダメですね。
朝なのにかなり重いですから。
うーん。

という訳で更新されてなくとも生きてます。たぶん。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「新・ゴーマニズム宣言 (15)」小林よしのり [それでもどっこい生きてます]

「年次改革要望書」って共謀罪関連でWeb回ってたときに知って愕然としたんですが、そのことについて書かれています。【Wikipediaの年次改革要望書】

ちょうど前回の衆議院選挙の時期の章もあって、「いいのかみんな小泉で!!」と思い出しため息がでました。はぁぁぁぁぁ。

相変わらず、靖国やら南京大虐殺やらの話は、どうしても納得することが出来ません。
資料とか根拠について理解はできるけど納得できない。

それを「戦後教育」やら「左翼」やら「日和見平和主義」やら「おこちゃま理想主義」に洗脳されていると考える見方もありますが、多分違うと思うのです。
それは、「自分はこれからどうするか」の参考にできないからだと思います。

まず自分があって、その上に「こういう考え方もどう?」と乗せられるならいいんですが、「その自分って土台壊れてるから丸ごと取り替えなきゃね」って言われている気がしてならないのです。
そこが納得できないし、仮にそんなことしたら「自分で考える」ができなくなります。

前も書きましたが、筆者は「小林よしのりを疑え!」と自分で言ってきました。自分の頭で考えろということだと理解しています。だから私はゴーマニズム宣言を読み続けます。どんなに不愉快になることが書いてあっても、偏りすぎじゃねーのと思うことがあっても、「小林よしのりを疑え!」という「自分の頭で考えろ!」のメッセージを発することができる筆者自身を私は信頼できるからです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

変なTシャツショップ [それでもどっこい生きてます]

そうそうサンシャインの1Fに「No More Tearts」って面白いTシャツ売ってる店が出てました。
Webは、ここからどぞ。

新着情報にある「火サス」Tシャツとか「出力レベル(午前中)」Tシャツとか、声出して笑ってしまった。
本店は下北沢でサンシャインには12日まで出店してるみたいです。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

月一痛風外来 [それでもどっこい生きてます]

今日は月一の痛風外来の日。
尿酸値は7.4でした。最近は高め安定です。うむ。
担当医が変わったんですが、なんか元ヤン風の女医さんでした。
前が堅めな委員長さんタイプだったから、なんか違う病院に行ったみたい。

その後は、鴻上さんの芝居を見に行って、劇場&ジュンク堂で大量に本を購入。

そうそう、鴻上さんは「虚構の劇団」という新しい劇団を立ち上げるみたいです。
どんな劇団になるんでしょうかね。

本。

生きのびるために笑う

生きのびるために笑う

  • 作者: 鴻上 尚史
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


孤独と不安のレッスン

孤独と不安のレッスン

  • 作者: 鴻上 尚史
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/06/10
  • メディア: 単行本


ヘルメットをかぶった君に会いたい

ヘルメットをかぶった君に会いたい

  • 作者: 鴻上 尚史
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


新・ゴーマニズム宣言 (15)

新・ゴーマニズム宣言 (15)

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


ラディカリズムの果てに

ラディカリズムの果てに

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: イプシロン出版企画
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言

「分かりやすさ」の罠―アイロニカルな批評宣言

  • 作者: 仲正 昌樹
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「恋愛戯曲」KOKAMI@network vol.8 [それでもどっこい生きてます]

注意:ネタバレありです!!(ちょっと改行します)


~~
「私と恋に落ちて!そうすれば素晴らしい台本が書ける!」

そんな突飛なことを言い出す女性脚本家と、うろたえる男性プロデューサー、そんなところから物語は始まります。

突っぱねたいが仕事のためにはなんとかしないといけない男性プロデューサー、台本の為に協力してくれと頼む献身的な男性マネージャー、そして膠着した状態に乱入してくる強盗の男と女。

このお話はちょっと複雑になっていて、
1.現実の脚本家とプロデューサーそのほか。
2.「1の脚本家が書く台本の中の」脚本家とプロデューサーそのほか。
3.さらに「2の脚本家(1の脚本家が書く脚本家)が書く台本の中の」脚本家とプロデューサーそのほか。
という3つの設定をどんどんスイッチしていく形で進みます。

3つの設定は「脚本家と恋に落ちる(?)プロデューサーそのほか」という軸は同じで微妙に登場人物の設定や性格が違ったりする(2の場合、シナリオの懸賞に応募した主婦だとか)のですが、どんどんスイッチしていくなかで、その3つの違いはさらに薄れていきます。
同じ人の違う面を見ているような、そんな感じです。

お話は進むにつれて「恋愛の話を書く話」と「恋愛の話」がごちゃごちゃになり、3つの設定もシンクロしていき、それぞれの結末を迎えます。

途中、脚本家はこう告白します。

どんなに売れっ子でも自分が書いたドラマなんて見た後にはみんなすぐ忘れてしまう。
プロデューサーや役者の言うとおりお話を修正して修正して修正して、結局自分が書きたいお話を書いているわけじゃない。
自分が何をやりたいのかなんてもうとっくの昔に忘れてしまった。
自分が自分でなくなってしまった。
でも、ずっと世に残るような本当の恋愛が書きたい。
そのためにはもう一度自分に戻る必要がある。

そして、そのためにはなんでもする、と。

私はここでちょっと泣きそうになりました。
生きるのでもモノ作るのでも、自分を見失わない様にするのは、本当に大変だ。

でも、恋愛は自分を見失うことだったりするかも知れない。

なんちて。

キャストは、脚本家が牧瀬理穂、プロデューサーは渡辺建(アンジャッシュ)、強盗は斎藤慶太と大和田美帆、マネージャーは安原義人でした。

渡辺建カッコイイ、牧瀬理穂は笑顔がかわいかったけどちょっと痩せすぎ感。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アゴの退化病の話って優生学と何が違うの?【補足:「退化する若者たち」】 [それでもどっこい生きてます]

あー、どーにもすっきりしません!助けてぇ!
ずっと脳みそがぐるぐるしてます。

今日も職場でぼ~っと考えてて(仕事しろよ!)、ちょっと思ったのは「このアゴの話って優生学と何が違うんだ?」ということ。

どうなんでしょう??


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感