So-net無料ブログ作成
検索選択

そして治ってない [それでもどっこい生きてます]

一日寝てました。
でも、まだダメっぽい。
うーんうーん。

こんなことしてないで寝ろって?
ごもっとも。
ちょっとメールチェックしたくなったダケなのさ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風邪ひいた [それでもどっこい生きてます]

頭イタイのどイタイ。熱もちょっとある気がする。
本当に病気というものは嫌なものです。がーがー。

というわけで、寝ます。
明日までに直ってりゃいいんですが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「退化する若者たち」を後藤和智がblogで批判 [日々読み考える]

丸橋賢の「退化する若者たち―歯が予言する日本人の崩壊」という本が、「ニートって言うな!」の著者の一人の後藤和智のblogで批判されています。
http://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/2006/05/post_3047.html

私はその本を読んでいないので意見はちょっといえないですが、タイトルからみてとても読む気はしないです。

この辺の話は、2月4日の日記で取り上げた「ニートって言うな!」や、2月12日の日記に取り上げた、「フリーターにとって「自由」とは何か」とかに通じる話ですね。

なんなんだ、この世の中。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

「博物館学Q&A」清水久夫 [日々読み考える]

「博物館の組織はどのようになっているのですか?」
「どんな災害対策をしているのですか?」
とかのマジメな質問とか、
「博物館ではどうして自動券売機を設置しないのですか?」
「展示室の隅で座っている人は誰ですか?」
とちょっと変わった切り口の質問とか、
「学芸員と事務職は仲が悪いのですか?」
「学芸員の給料は良いのですか?」
とぶっちゃけてる質問まで、色々な質問&回答が読める本。

大学で博物館学を教えている経験を元によくある質問、興味深い質問を集めてあります。

著者は結構はっきりものを言う人なのか、なかなかストレートに答えていて面白い本でした。
きちんと統計データも示していて、思い込みだけでないところも良い感じです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

実家へ帰省 [それでもどっこい生きてます]

法事があり、26日~28日と北海道の実家に行ってきました。父の13回忌法要。早いモンです。

ついでといってはナンですが、地元の博物館にも行ってきました。しかも2箇所。
まずは市立博物館。

常設展は縄文時代あたりから始まり、北海道という土地柄から開拓の歴史でした。
珍しかったのは寒冷地で稲作文化が無かったからか弥生時代の説明の変わりに他の説明があったこと(詳細忘れてしまった)、明治に発見されて「日本一の金鉱山」といわれた「鴻之舞金山」の説明があったこと。

資料室にはこんなのがズラズラならんでましたよ。



昭和初期の割と新しいものもあって、微妙な懐かしさもよかったです。
ちょうど「紋別の開拓に貢献した越後人」展という企画展もあり、当時の写真を元にした水彩画が飾ってありました。当たり前ですが、開拓の人はいろんなところから来たんですね。

ここは最近建て直されたんですが、元々はくら~い部屋に剥製がたくさん並んでいて、子供だった自分にはとてもとても怖い場所でした。

もう一つは、芝桜で有名な滝上にあった郷土館。

中はこんな感じ。

ものの多さとしては市立博物館より多かったです。キチンと整理もされてました。
芝桜も見てきましたけど、写真とるの忘れちゃいました。むむ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「地球の歴史24講」堀田 進 [日々読み考える]

この前の「地球史がよくわかる本」は最近の研究結果を広く扱ってましたが、この本は主に地質学からみた地球史の本。
派手さはなく、ちょっと教科書的でマジメな内容でしたが、日本の地層について割と細かく書いてあってそれがよかったかな。フォッサマグナとか関東ローム層とか。
そうそう、日本の中で伊豆半島だけがフィリピン海プレートに乗っかってるそうです。
約500万年前ごろに南のほうから来て日本にぶつかったらしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「教育不振と教育依存の時代」広田照幸 [日々読み考える]

強引にまとめると、「メディアが学級崩壊とか煽りすぎ!」というメディアに関する話と、教育基本法改正とかで顕著な「”教育”をなんとかすれば世の中すげー良くなるぜ!なんて妄想じゃないの」って話、になるでしょうか。
あー、やっぱり無理があるかなぁ。
もっとたくさん書いてあります。
「地域教育のうそ臭さ」とか「日教組vs文部省の昔と今」とか「管理圧力で教師がスポイルされてしまう問題」とか。

中でも「人は”教育”で思い通りになるわけじゃない」って話が印象的でした。
もちろん「バカはなにやってもバカ」という話じゃなくて、教育の名の下に他人の内面にまで干渉することについて、そんなことはできないし、すべきじゃない、という話です。

書いてあること自体は自分も普段「こりゃおかしいだろ」と思ってたことですし、同意する部分はかなり多いのですけれど、今自分の関心のある範囲とはズレていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「最新 地球史がよくわかる本」川上紳一・東條文治 [日々読み考える]

やー、ちょっと難しかったけど面白かった。
地球誕生から人類誕生までの46億年分を最新の学説で解説。
恐竜絶滅の最新シナリオ、プレートテクトニクスの原理、古地磁気学の説明、核の軽元素問題、カンブリアの大爆発、超大陸パンゲア、スノーボールアース仮説などなど。
なんか固有名詞がかっちょいいでしょ?

しかしまー自分が小学生の時に「学研の科学」で得た知識とは全然違った世界が広がってました。
恐竜絶滅の理由だって「哺乳類が恐竜の卵を食べつくしてしまった」「寒くなったので変温動物である恐竜が死んだ」とかいう説明だったハズ。
最新シナリオだと隕石衝突説が最有力みたいですが、隕石の衝突前から恐竜が減っていたというデータもあるそうで、まだまだ分からないことは多い様です。うーん。

この本の良いところは、現状の有力な説とそれに批判的な説を取り上げて、両方が寄って立つ根拠はどこにあるのか、なども出来る限り詳細に書いてあるところ。
専門的なことって良く分からないから「昔地球は氷河で覆われていた!!」とか聞くと、もう、すぐに「おー!そうなのか!」って信じてしまったりするじゃないですか。
でも、どれも基本的には仮説にすぎなくて(そんな表題の本が出てますが)、それを証明する色々な証拠が多いかどうか、論理的に説明できているか、抜けが少ないかってだけなんですよね。
当たり前っちゃ当たり前の話なんですが、うかうかすると簡単に信じてしまう。

んで、なんでこの本を読んだかというと、博物館に行くと「~万年前の岩手地図」とかあるんですよ。ところどころ水没してたりアジア大陸とくっついてたり。
昔アジアと日本は陸続きだったとか、そこからナウマン象やら人やらが来たってのは、なんとなく知ってても、「実際のところどういう話よ?」ってのはよくわからないわけです。
ちょっと難しくてもいいから、「こういう仮説とこういう根拠で現状はこういう説が有力です」ってのが知りたかったのですよ。ちょっとだけすっきり。

3月22日の日記でも、書きましたが、こういう専門分野を粘り強くわかりやすく解説している本は好きですね。中々お目にかかれないし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

やっと見てきた藤田嗣治展 [それでもどっこい生きてます]

前回あまりの行列に挫折した東京国立近代美術館の「藤田嗣治」展に行ってきました。
今日は余裕ほくほくで開場の30分前に到着したものの・・・「なんだこの行列は・・・」。
しかも開場前だからチケット売り場も行列に・・・。
腹をすえて並んだわけですが、思ったよりは早く入れて中もそこまで混雑してなかったので良しとします。

絵は、ビビビ!と来るものはなく、猫がイイなぁという平たい感想。
最後の方にあった、普段の生活で自分が使うために作った帽子やお皿のコーナーが一番よかったです。身近な小物を自分の気持ちに合わせて作るってのは素敵ですね。
常設展は、この前読んだ「日本美術の歴史」に載ってた絵がたくさんあってちょっとびっくり。
2回は見てると思うんですけど、全然覚えてなかったってことですね。うしし。

その後は、皇居が近くってことで「三の丸尚蔵館」へ。伊藤若沖の「動植綵絵」が飾ってありました。四季の動物と植物を題材にした非常にすばらしい絵です。機会があればぜひに。

本。

「愛国心」のゆくえ―教育基本法改正という問題

「愛国心」のゆくえ―教育基本法改正という問題


教育にできないこと,できること―教育の基礎・歴史・実践・研究

教育にできないこと,できること―教育の基礎・歴史・実践・研究

  • 作者: 菱刈 晃夫
  • 出版社/メーカー: 成文堂
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 単行本


日本主義的教養の時代―大学批判の古層

日本主義的教養の時代―大学批判の古層

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 柏書房
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


博物館学Q&A―博物館・美術館のウラ・オモテ

博物館学Q&A―博物館・美術館のウラ・オモテ

  • 作者: 清水 久夫
  • 出版社/メーカー: 慶友社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本


二十一世紀博物館―博物資源立国へ地平を拓く

二十一世紀博物館―博物資源立国へ地平を拓く

  • 作者: 西野 嘉章
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本

広田照幸の本は「教育には何ができないか―教育神話の解体と再生の試み」ってのも欲しかったんですが、残念ながら品切れでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

群馬県立博物館行ってきました [それでもどっこい生きてます]

今日はちょっと遠出して群馬県立博物館行ってきました。

群馬、というと遠いイメージがありますけど、大宮から一時間半ほどです。意外と近い。
「群馬の森」という公園の中にあるんですが、「森」というだけあって自然いっぱいなところでした。
森っぽい感じ。

家族~っぽい感じ。

博物館では「とっておきの江戸名画 抱一も烏州もあるでよう」という企画展をやってて、そこに飾ってあった狩野栄信の竜虎図屏風が、ものすごい迫力でもう圧倒的に素晴らしかったです。
水墨画もよかったなー。
常設展はまぁいたって普通。
しかし、博物館行くたびに思いますが、蝋人形はやめてほしい。
秋田だか山形だかの博物館では蝋人形じゃなく、プラスチックでシルエットを形取ったものだったんですが、ああいうのがいいです。怖いから。

その後、隣にある県立美術館へ。

・・・と思ったら閉館中。アスベストの除去作業中ですと。うーん。

公園をぶらぶらしてからバスで駅へ、とバスに乗ってる間にものすごい夕立が。かみなりも。
バスから外を見てると、びしょぬれになりながら自転車をこぐ女子高生が。あー、かわいそう。

そんなこんなで川越まで着くと、空にはものすごい見事な虹が。虹なんて何年ぶりだろう。
その後、友達と酒。

本。

教育不信と教育依存の時代

教育不信と教育依存の時代


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。