So-net無料ブログ作成

東北旅行決行 [それでもどっこい生きてます]

明日の朝出かけます。
一応目的地はぼんやり決めてあるものの、普段電車に乗る感じで出かけて行って、ぶらりと帰ってこようと思います。4泊か5泊予定。例によって泊まる場所が心配ではありますが、そこはソレなんとかなるでしょう。
~~
たけぽんさんのブログ

には、ぽちぽちと法律の話が載ります。読むたびに考えさせられ、もうちっと政治についてキチンと考えたり情報を集めたりしないと、日本は今に大変なことになってしまうとは思うのですが、どっから手を付けてよいやらわからない感じ。
自分でちゃんと考えずに、ちょっと目にしたニュースに、わーわー言うのは嫌なんだけど、そこからしか始められない気もする。何も言わないことが一番良くない気がする。イジメに対して何も言わないことでそのイジメに加担してしまうのと同じことだ。
今は黙ってみている時じゃない。怒らないといけない時だ。
共謀罪、教育基本法、電気用品安全法、ちょっと前の通信傍受法案、明らかに誰か一部の人がわれわれをどこかに連れて行こうとしている。もう奴隷根性丸出しなのはやめよう。
~~

PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)

PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)

  • 作者: 浦沢 直樹, 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/03/30
  • メディア: コミック


トリツカレ男

トリツカレ男

  • 作者: いしい しんじ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫


幕末の天皇・明治の天皇

幕末の天皇・明治の天皇

  • 作者: 佐々木 克
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 文庫

じゃ寝ます~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

国立歴史民俗博物館へ [それでもどっこい生きてます]

土曜日は千葉の佐倉にある「国立歴史民俗博物館」ってとこに行ってきました。
上野から京成電車で一時間ぐらい。
佐倉城跡に建てたとのことで、ちょっとした高台にあって緑が多くて見晴らしの良いよいところでした。
企画展の「日本の神々と祭り」ってのを目当てで行ったんですが、楽しく色々見れる!というよりは、歴史研究っぽい感じだったので、ややがっかり。色々古いものもたくさん展示してあったので、悪くはなかったのですが。
時間がギリギリだったので常設展はバタバタと見てまわりましたが、第四展示室の明治~昭和の町並みを再現した展示がよかったのと、第五展示室の北海道の開拓の歴史とアイヌの歴史の展示がよかったです。
東京国立博物館にアイヌ民族の展示はありますが、北海道の開拓の歴史も絡めて取り上げてるのは珍しいのではないでしょうか。札幌とかならあるのかな?

「MOTHER3」やってます。
気がつくとずっとやってます。今日もさっきまでやってました。
家では「大神」、通勤で「MOTHER3」と思ってましたが、ダメなようです。ずっとやってます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「盾・SHIELD」村上龍 [それでもどっこい生きてます]

「自分にとっての盾ってなんだろうな」と考えずにはいられない本。
絵本なのであっという間に読み終わってしまうんですが、非常に考えさせられます。

今の自分にはこの本でいうところの「盾」と呼べるようなものはないですね。
弱い盾ならいくつかある気もしますけど、とても安心できるものではないです。
とりあえず「自分は何を良いと感じるのか」あたりからキチンと拾っていかないと、目先の状況に翻弄されて混乱は増すばかりです。
だから、たとえ世間一般的に「いい年」になっているとしても、自分のことであるからには、あせらず一歩一歩行かんといけないと思う訳ですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「1968 世界が揺れた年」マーク・カーランスキー [それでもどっこい生きてます]

全世界的な学生運動、ベトナム反戦、キング牧師とロバート・ケネディの暗殺と、色々なことがあった1968年を取り上げた本。
ノンフィクションなんですが、多分に著者の思いいれが出ていて、そういう意味で面白い本だと思います。
読み物としても分厚い本のわりには読みやすく飽きないので良かったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

明日マザー3がでます [それでもどっこい生きてます]

『MOTHER3』の気持ち

Nintendo64版のMOTHER3が開発中止になったときのインタビューはショックを受けつつも心にしみたけど、このインタビューも心にしみる。開発者としてもユーザーとしても。
なんだろう、この距離感、透明感、握手感。いままでの空白の時間が一気に押し寄せてくる。

『MOTHER3』の気持ち。

とうとう 本当に 会えるんだ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やきそば弁当とわたくし [それでもどっこい生きてます]

夜やきそば弁当を食べる。
やきそば弁当。
それは北海道限定カップ焼きソバ。
なんと中華スープ付き。
本当はダブルラーメンが好きなんだけど。
こっちでは売ってない。
でもやきそば弁当を食べるとしあわせ。
なんと中華スープ付きなしあわせ。
銀座の「どさんこプラザ」で売ってるよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マザー3に向けて [それでもどっこい生きてます]

通勤時に遊べるようにゲームボーイミクロを買ってしまいました。多分マザー3専用機になるはず。
マザー3、とうとう今週発売ですよ、みなさん。
あまり期待しすぎるとダメだったときの反動が大きいけど、たまにはこういうのもイイもんです。
んで、絵が良い感じなPS2の大神も買って、そっちを家でプレイかな。

そうそう、待ちに待ってたサンボマスターのアルバムがでましたよ!

僕と君の全てをロックンロールと呼べ

僕と君の全てをロックンロールと呼べ

  • アーティスト: サンボマスター, 山口隆
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/04/12
  • メディア: CD


あいかわらずのサンボマスターでした。
どれもイイ感じですよ。
あえていえば「心音風景」は曲が「絶望と欲望と男の子と女の子」は詩が好き。

今日は仕事でしたが、色々なものが今月中にカタがつくので割りとヒマになりそうです。
ゴールデンウィークも5/1,2と休み取るし。さて、どこに行こうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「流れゆく雲 グインサーガ107」栗本薫 [それでもどっこい生きてます]

前向きな感じの巻でした。明るい、というよりは力強い感じ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「歴史家の書見台」山内昌之 [それでもどっこい生きてます]

書評とエッセイの本ですが、読書量がすごいのときちんとした読みに圧倒されます。
格が違います。
イスラム関連の書籍が多く取り上げられていますが、ヨーロッパやイスラム、さらに東アジアなどの歴史の知識を踏まえた上での解説なので、なかなか読み応えがあります。
知識量が全然追いつかないので「すげー」って感じになってしまいましたが、興味深い本でした。色々な歴史を知るのは良いものですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

FF12クリア [それでもどっこい生きてます]

FF12終わりました。ネタバレ禁止なので中身についてはノーコメント。

クリアしたんで、ちらちらとFF12関連の情報をあさってます。
やっぱりやり残しは大量にある模様だけど、そこら辺はFF9あたりからあきらめ気味です。
そこを楽しむところまでは、自分の時間を使えないのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感