So-net無料ブログ作成

「乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない」橋本治 [それでもどっこい生きてます]

「今の日本はなんかおかしい」と思うことは多くて、「今の状態がこのまま続くのは嫌」なのははっきりしてるのに、「原因はなんだ?政治?教育?不況?アメリカ?姉歯元建築士?」と日々押しよせてくるニュースを見ながら考えてもさっぱり分からず、「自分の考え方次第なんだろうか?」と内面を見つめてみても、やっぱりわからない。
だから、もちろん「この嫌なのを解消するにはどうすればいいのか」も、全然分からない。

もちろん、この本にもそんなことの答えはのっていません。当たり前です。
でもこの本は「今の日本の社会のありかたはおかしい」という点をはっきりさせた上で、「どういう点をおかしいと感じているのか」を、自分で考えるきっかけをくれます。

途中で「勝ち組か負け組みで評価される人生」についての話が出てくるのですが、ずいぶん前の日記で書いた「小学生の時、ネクラ、ネアカという分類が出来て、それが嫌でしょうがなかった」という話を思い出しました。
「正しい性格」というものがあるという前提。それは「明るい人」といわれるもので、それに向かうことが「正しい」。一体それはなんなんでしょうか?
たとえば「自分の子供はどうなって欲しいですか?」というアンケートがあって「明るい人」と「暗い人」とあったら、当然何の疑問も持たずに「明るい人」を選びますよね?

でもそれは何かが違うと思うのです。

なんで、そんな「評価」をしないといけないのか。そんなこと決めなくてもいいじゃないですか。それに何の意味があるんですか?
全員が全員明るい人であれば、それでみんな幸せになりますか?私はそうは思いません。
一つの性格しか選べないより、どんな性格でもいいほうが幸せじゃないですか?

人から好かれる「正しい」性格を決められてそれに従うなんて、「バカ」のやることです。(ココ自戒を含みます)

別にネクラネアカの話だけじゃなく、なんか、こう、「~せねばならない」ということが多いんだと思うのです。
でも、普段は「従わされている」とは思っていないので、「なんだと!オレに命令するな!」とはっきり大声で叫べない。なんとなく「なんか世の中おかしいなぁ~。なんか嫌だなぁ~」と思っているだけになっていると思うのです。結構根深い話です。

この本を含め、「「分からない」という方法」「上司は思いつきでものを言う」をあわせて読めば(どうやら三部作、ということらしいです)、もうちょっとこういう「なんだかわからないけど嫌だとは思っていること」を意識できるようになるかも知れません。
んで、ちょっとずつでも意識できれば、ちょっとずつでも「どうすればいいか」も分かってくるかも知れません。

とにかく、明日死なないのであれば、なんとかする方法を探らないといけないのです。

会社や国や世界やグローバルスタンダードなどにしがみついていては、結局ぼろ雑巾の様にされるだけなのですから。

#7月26日追記
このエントリーに対するトラックバックスパムが多いので、トラックバックを禁止にします。ご了承のほどを。


nice!(1)  コメント(1)