So-net無料ブログ作成

【書評:裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち (at叢書) 上間陽子】 [いま、ここ]

4月に買ったまま、読まずにいた本。

厳密には読めずに、かも知れないが、自分でもよくわからない。

先日、岸政彦さんの小説「ビニール傘」を買って読み、その流れで当然の様にこの本を読んだ。

自分の中では、この二冊は地続きになっていて「裸足で逃げる」への入り口としての「ビニール傘」だったんだろう。
「ビニール傘」を気になっても買えずにいたのは、読んでしまうと必然的に「裸足で逃げる」を読むことになるからだったのかもしれない。

そんな、自分でもややこしい迂回をしながら読んだこの本で、想像どおり圧倒され、想像を超えてしんどい思いをした。

なんども泣いてしまう。

さっきも読み返して泣いてしまった。

書評なんていつもきちんと書けないけど、今回はなおさら書けないと思った。

でも、読んだ、ということを伝える必要があるように感じて、今、キーボードを叩いている。

誰に届くかも分からず、届けたいかも分からず、声高にありきたりの言葉で叫びたいわけでもなく、黙っていたいわけでもない。

でも、焦ってはいけない。

他人がどうこうより前に、まずは自分が自分の感じを受け入れ、整え、支えようとつとめる。

自分がある。他人もある。それを混ぜない。悲しくても辛くても混ぜてはいけない。

今の自分はそれぐらいしかできない。

ビニール傘
岸 政彦
新潮社 ( 2017-01-31 )
ISBN: 9784103507215


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。