So-net無料ブログ作成
検索選択

昔の橋本治の本 [それでもどっこい生きてます]

ここ最近、昔の橋本治の本を読んでるのですが、もっと早く読めばよかったと思う気持ちと、今読むから分かるんだろうなという気持ち、両方があって、とても楽しいです。

新しい本だけ読んでいると漠然としかわからなかったことが、昔の本を読むことでもっとはっきりしてくるような感じが味わえます。とても不思議。

そんな中でひとつ言えそうなことは、橋本治はずっと橋本治流の方法で人を愛することを実践してきたんだな、ということです。
今の視点からみると、すべてが必然に見えたり、「橋本治だから」と思えるかもしれないけど、それは大変な困難を伴った実践だったんだろうなと思えます。

だから、なんというか、自分も自分流の方法で人や世の中を愛していけばいいのかな、と思ったりします。

糸井 重里, 橋本 治
光文社 ( 1984-10 )
ISBN: 9784334700362





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。