So-net無料ブログ作成

国民年金を納めてきました [フリーランスエンジニア]

会社を辞め、今まで会社から国や地方自治体に納めていたものを自分で払うことになったわけですが、国民健康保険(まだ基礎分だけ。収入に応じた分は後で通知がくるらしい)、住民税(前年分)と払ってきて、昨日、国民年金の振り込み用紙が届きました。

チラシによると、23年4月〜24年3月分の月額保険料は15,020円とのこと。年額に直すと180,240円です。

ただし、6ヶ月まとめて払う、1年まとめて払う、という様に前納すれば割引があり、口座振替にするとさらにオトク、というシステムになってます。

私の場合、4月〜6月分は会社から厚生年金として払い込み済みなので、残りの7月〜3月分の振込が必要になりますが、一番お安くなる、7月分を単体払い+8月分〜3月分を前納で払う、というやつにしました。1,360円オトクになりました。

まとめてお金が必要になるので貯蓄があるときでないとできないのが痛いところではありますが。

ちなみに1年分前納かつ口座振替にすれば、今年度の場合であれば3,780円のオトクになります。

★ ★ ★

毎年「ねんきん定期便」が来てますが、私の場合は21年ちょい納めているので、あと4年ぐらいで給付の条件である、300ヵ月分(25年)をクリアするようです。65歳(?)になった時に年金のシステムが維持されていることを祈ります。

ちなみに、国民年金は収入の状態によって免除を受けることができます。

【社会保険庁:国民年金の保険料の半額・全額免除、若年者納付猶予】

単に払わないだけだと「未納」扱いになって、300ヶ月の受給条件を満たせなくなったり、将来受け取れる年金額が減ったりしますから、年金を払うことが厳しくなった場合、免除を受けられるかどうか調べてみるのが良いと思います。全額免除だけではなく、4分の1納付、2分の1納付、4分の3納付など、収入の状態によって色々な控除があります。

ちなみに私には未納期間が1月だけあります。

30歳の時、二つ目の会社を辞めて5ヶ月間、家でネットゲームざんまいな生活をおくっていたころのもので、多分、振込がめんどくさかったんだと思います。あの頃は、前職での色々なダメージを引きずっていましたから、逆にそれ以外の4ヶ月分の年金を納めていた自分はがんばっていたなぁとも思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1