So-net無料ブログ作成

東浩紀とtwitters [それでもどっこい生きてます]

【研究メモ:朝生メモ】で紹介されてた、
twitterログ(http://togetter.com/li/399)を全部読む。

これは、おもしろいし、とても想像力を刺激させられました。

東浩紀は評論家ですが、私は彼の文章をほとんど読んだことが無いし、ちょっと読んだ文章も
どうもなじめませんでしたが、このtwitterでのブレストは、とても面白いと思う。

いろんな評論家が入り乱れて会話をフォローしていくさまは、エキサイティングで
めまいがするほどでした。

朝生やブログでありがちな不毛な議論の応酬ではない形が、これだけの人が参加しても
可能なんだというのは、ひとつの希望に思えます。

40歳になり面の皮が厚くなったので我田引水しますが、以前書いた、
【2009年9月29日:豊島区身体化計画】は、
今回のtwitterでのやり取りと、とても共鳴する内容だと感じました。

先の記事は、ネットじゃなくて、従来型の足で稼ぐ、ローカルで人をつなぐことを主題にしているので、
「全然違うじゃん」と思うと思いますが、私の中では、主に行政や年配者(=ネットが不得手)が
持っている政策決定に不可欠なローカル情報(具体的な生活者情報)を、どうやってネットに
流し込めばいいのかを考えた結果、「自分が(先行して)情報のハブになるしかないのかな?」
と思い、まずは自分を素材にしてやる方向で考えてみた、ということなんです。

一回、やり方が確立できその具体的な方法をネットに流せば、その方法が有効であればイメージは
あっという間に共有されて、一気に広まるはず。。。

・・・という考えがあり、でも我ながら妄想炸裂過ぎていて、恥ずかしいので喋れませんでした。

まぁ、今回はあのログの熱気にあてられてしまった、ということで。

東浩紀も「僕は夢想家だからいいよね」と言っていましたが、言っちゃうことも大切とは思います。

関連記事:
【J-CASTニュース:「ネットがあれば政治家いらない」 東浩紀「SNS直接民主制」提案】

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

ゆうざぶろう

ログは読んでないけど、面白いね。
twitterのようなサービスが、もっと日常的に携帯と密接になったら、
どんな世論より時短的に有力になるだろうね。

なんか、言ってる意味わかんないけど。
by ゆうざぶろう (2009-11-05 19:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。