So-net無料ブログ作成

暇つぶしに映画なぞ [それでもどっこい生きてます]

ぶらりと買い物にでた池袋で、暇つぶしに映画。

【新文芸座】「戦争と人間 第三部・完結篇」(1973/日活/16mm)。

最近は、日本人自らの日本人に対する無条件の悪玉説、いわゆる自虐史観に反対する論調がある一定の支持を得ているわけですが、1973年の映画ということで直球の反戦映画です。

戦争の悲惨さを訴えることによる反戦には限界がある、と、以前から思っているのですが、この映画には考えさせられました。

それは多分、明らかに反戦映画でありながら、描いているのはあくまで人間だからなんだと思います。
「戦争と人間」というタイトル通りの映画です。

戦争それ自体は前提として受け入れざるを得ない時代状況で、登場人物達は何を考え何を選んだのか。
さらにいえば、自分だったらどうするのか。

あくまで反対して特高にリンチされ死ぬのか。
甘い汁を吸うために軍人にすりよるのか。
敵と差し向かいになって、生きるために相手を殺すのか、それとも自分が殺されるのか。

重いぞ。

~~~
ちょうど一年前の日記にも書きましたが、新文芸座はイイ。
【2006年7月29日:「ホテル・ルワンダ」「ミュンヘン」新文芸座にて】

客の平均年齢が50歳を超えている映画館っていうのは、とても居心地がイイ。
場末感、最高!
上映スケジュールみてたら、来月トークショウに杉作J太郎先生が来るんですって!

帰りはまたジュンク堂へ。またまた買いましたよ!

東アジアの終戦記念日―敗北と勝利のあいだ (ちくま新書 669)

東アジアの終戦記念日―敗北と勝利のあいだ (ちくま新書 669)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 新書


株式会社という病

株式会社という病

  • 作者: 平川 克美
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本


日本文化における時間と空間

日本文化における時間と空間

  • 作者: 加藤 周一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本


どくろ杯 (中公文庫)

どくろ杯 (中公文庫)

  • 作者: 金子 光晴
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 文庫


鷲がいて

鷲がいて

  • 作者: 辻井 喬
  • 出版社/メーカー: 思潮社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本

さて、明日は富士登山。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。