So-net無料ブログ作成

「老師と少年」南直哉 [それでもどっこい生きてます]

帯に天童荒太の「人々の苦悩に深く寄り添い、命に勇気をもたらす書」とあって、買ってみました。
曹洞宗のお坊さんの本です。

説教くさくなくて、論理でガチガチでもなく、かつ心理学とかそういうウソくささもない、とてもよい本。

なにより薄いのがいい。

人生に疲れているときに、本まで厚いとさらに疲れます。

最後の師のセリフがヨイ。

「生きる意味より死なない工夫だ」

んだんだ。

老師と少年

老師と少年

  • 作者: 南 直哉
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/10/24
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0