So-net無料ブログ作成

「なぜ人を殺してはいけないのか?」永井均/小泉義之 [それでもどっこい生きてます]

「なぜ人を殺してはいけないのか」については、何度か書いたことがありますが、「戦争では人を殺してるじゃん」という点に気づかされたので、「社会がする人を殺して良いかどうかの判定は、そのときの都合による」という形で落ち着いています。

少なくとも自分は「オレは人を殺したいんだけど、なぜダメなんだ」と悩んでいる訳ではないし、友人から相談されている訳でもないので、その分、自分の身にひきつけて考えることができないし、その必要も今は感じないので、実はあまり興味がない話題になっています。

ただ、他の人がどう思っているのかは、やや知りたくもあり、小泉義之の本ということで買ったのでした。

んが、なんだか良く分からない読後感。

二人の哲学者の対談と、その対談を踏まえての二人のコメント、という形なんですが、二人の対談自体、話が飛びすぎてついていけませんでした。

永井均が書いた章で、小泉義之が何を言いたかったのか良く分からない、を連発しているので、実際にかみ合わない対談だったんでしょうね。

うーん。

次いってみよう!

なぜ人を殺してはいけないのか?

なぜ人を殺してはいけないのか?

  • 作者: 永井 均, 小泉 義之
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0