So-net無料ブログ作成

積乱雲といわゆる右翼 [それでもどっこい生きてます]

とにかくあつい。いったい何度あるんだ?

まぁ暑いけど積乱雲がとてもとてもキレイです。夏はやっぱり積乱雲ですね。

靖国やら北朝鮮やら拿捕やら加藤・元自民幹事長の事務所が右翼男に放火されたやら、色々と書きたいと思いつつ考えがまとまりません。

一つ気になってしょうがないのは、自分はいわゆる右翼と呼ばれる人と同じ思考をしているのかも知れないということ。
もしかすると、歴史的事実と呼ばれるものを掘り起こす行為自体が右翼的思考を促すのかも知れない、とか考えています。
東京裁判の有効性とか、戦争中に日本国民が大量の人を殺してきたこととか、多分、それらはやろうと思えば、すべて日本国の都合の良い解釈は可能なんだと思います。
事実、色々と本を読んで、自分もそう考えている面があります。
そして、いわゆる右翼と呼ばれる人たちは、「都合よい解釈」とかじゃなくて、それが唯一正当な解釈だと主張するでしょう。
逆に原爆投下の妥当性についても、アメリカ国の都合の良い解釈は可能で、さらにそれが唯一正当な解釈だと主張する人たちはいるでしょう。

現代でいえば、「靖国参拝について云々するのは内政干渉だ」とか、「北朝鮮のミサイル私設をピンポイント爆撃せよ」とか、「拿捕についてロシアに強く抗議」とかも同じで、国益さえキーワードにすれば、すべて正当化されうる状況です。

「国際法を遵守さえすれば、どこまでも国益を追求することは許されるのか」

自分で書いてみて、とても力の弱い問いに感じます。

なぜ、アメリカ国のアフガニスタンとイラクへの攻撃を止められなかったのか。
なぜ、日本国が戦争に向かっているのに止められそうもないのか。

それは、様々な政治的なレベルの話があるにせよ、国益を追求することが圧倒的に正しい、そして何より「気持ちが良い」と私が思っているからじゃないのか。
国の力をまとった日本国民として、ちっぽけな自分を超えていける気持ちよさ。
その誘惑に負けそうだからじゃないのか。

「いやオレだけはそうじゃない。違うんだ」と言うとしても、そんなんじゃ、いわゆる右翼の人には通じない。ただ後で、「あ、自分は前々から戦争は反対だっていってたんですけどね」という言い訳にしか使えない。

具体的に止める方法はないのか?

戦前にあった「原理日本」という右翼団体の蓑田胸喜は、はじめの内こそ大学知識人や政府の腰抜けぶりを糾弾していたものの、日本自体が急速に右傾化してく流れで、結局排除されてしまいます。
彼がその時に「自分は間違っていた」と言った意味はなんなのか。私には良く分かりません。

ただ、少なくとも、いたずらに社会を煽って加熱化させていくことは、とても危険なことだと、それだけはいえるのじゃないでしょうか。

なんだか、長々と取り留めない文章になってしまいました。

色々と誤解されそうな気もしますが、「いわゆる右翼は嫌だよねー」ということじゃすまない状態で、それであれば「いわるゆ右翼ってなんだろ?」ということに、もうちょっとみんな敏感であっても良いと思うのです。

本。

悪魔のささやき

悪魔のささやき

  • 作者: 加賀 乙彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/08/12
  • メディア: 新書


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

あすなろう

 こんにちは~♪
 鋭い自らへの問いかけですね。私はこういう問いかけは第二次大戦を経験した日本人だからこそできるんだと思います。
 いけいけと、また負けを知らない国国には、その負の側面を知らないがゆえに強力にその民族的高揚をはかっていること、また民族主義的な教育をテコに、国境線の争いや歴史的な政治的、経済的遅れを挽回しようとしたりすることに利用したりしがちです。
 私たちは、だからといって闇雲に力には力の政策をとったりして、暴力には暴力でというような政策をとることは愚の骨頂でしょう。でもだからといって、決してこれらの圧力に屈してもならないでしょう。よい手本は中近東に有ると思います。
 力で一時的に相手をやっつけても、そこに理がなければ、必ず報復があり暴力の連鎖はとどまることを知らなくなることは目に見えています。
 ただ、大事なことは和を大事にすることは、右翼が言うように弱さの表れとか、腰抜けだとかいうことでは決してないということは示す必要が有ります。
 それはただ、先制攻撃はしないという決意を示すだけの違いだと確信しています。隣人に対して、この人は私に暴力をふるいそうだと単に思ったからといって先に暴力をふるったりはしませんね。それと同じことだと思います。
 挑発したり威嚇したりしないこともその為には大事なことです。今の時代は情報の伝達は早いので暴力をふるった側は徹底してやられてしまうでしょう。
また、そのように導くことが良識ある側の立場でしょう。
 軍事力以上に外交が重要な時代ですね。その為には国民一人一人が客観的な情報をもてる環境に有ることがきわめて大事だと思います。
by あすなろう (2006-08-20 17:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。