So-net無料ブログ作成

「八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学」佐藤卓己 [それでもどっこい生きてます]

「なぜ終戦記念日は八月十五日なのか」を、色々な角度から分析した本。

そんなこと考えたこともなかったので、とても刺激的でした。

歴史的事実としては、
八月十四日 ポツダム宣言受託
八月十五日 天皇の国民に対するラジオ放送(玉音放送)
九月 二日 ミズーリ艦上で降伏文書に調印
とのことなので、「八月十五日を終戦記念日とする」というのはちょっと無理があるのでは、という点を軸に話が進みます。

実は八月十五日は何かが決まったりした日ではないからです。

では、なぜ八月十五日が終戦記念日なのかについて、
・ラジオやテレビでの八月十五日の扱いの移り変わり
・玉音放送の扱いの変化
・歴史教科書での終戦の取り上げ方の変化
などを具体的な資料として、「お盆」と「天皇の祭祀長としての役割」、「敗戦」を「終戦」としたい心理、「丸山真男の八・十五革命論」などをキーワードにして話が展開します。

読んでて思ったのは、「新しい歴史教科書」のこととか、小林よしのりが取り上げていることとか、最近の話の様にみえて、終戦直後から、ずっと繰り返し論議されていたことだったのか、ということです。

条件降伏か無条件降伏か、敗戦なのか終戦なのか、侵略なのか進行なのか、議論はずいぶん昔に出尽くしているんですね。もうちょっと追っかけないと分かりませんが、多分そうなんでしょう。

じゃあ、なぜそんなに長いこと繰り返し議論しているのに決着がつかないのか?

もしかすると「最終的には論理の話じゃないから」なのでしょうか?
そうなのであれば、基本的な知識さえあれば、後は自分が立ち位置を決めるダケになります。

なんか面白くなってきたぞ。

そういえば、ちょっと前から丸山真男にふれることが多いですが、丸山真男に近づけば近づくほど、何か良く分からない空白が生まれてきている感じがして、そしてそれは吉本隆明の影な予感がしています。そろそろ読むか。

八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学 ちくま新書 (544)

八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学 ちくま新書 (544)

  • 作者: 佐藤 卓己
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/07/06
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。