So-net無料ブログ作成

「新・ゴーマニズム宣言 (15)」小林よしのり [それでもどっこい生きてます]

「年次改革要望書」って共謀罪関連でWeb回ってたときに知って愕然としたんですが、そのことについて書かれています。【Wikipediaの年次改革要望書】

ちょうど前回の衆議院選挙の時期の章もあって、「いいのかみんな小泉で!!」と思い出しため息がでました。はぁぁぁぁぁ。

相変わらず、靖国やら南京大虐殺やらの話は、どうしても納得することが出来ません。
資料とか根拠について理解はできるけど納得できない。

それを「戦後教育」やら「左翼」やら「日和見平和主義」やら「おこちゃま理想主義」に洗脳されていると考える見方もありますが、多分違うと思うのです。
それは、「自分はこれからどうするか」の参考にできないからだと思います。

まず自分があって、その上に「こういう考え方もどう?」と乗せられるならいいんですが、「その自分って土台壊れてるから丸ごと取り替えなきゃね」って言われている気がしてならないのです。
そこが納得できないし、仮にそんなことしたら「自分で考える」ができなくなります。

前も書きましたが、筆者は「小林よしのりを疑え!」と自分で言ってきました。自分の頭で考えろということだと理解しています。だから私はゴーマニズム宣言を読み続けます。どんなに不愉快になることが書いてあっても、偏りすぎじゃねーのと思うことがあっても、「小林よしのりを疑え!」という「自分の頭で考えろ!」のメッセージを発することができる筆者自身を私は信頼できるからです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

かめきち

ひげたまさん、こんにちは。
薬害エイズ事件の際、支援していた若者達に向かって
小林よしのりが発したメッセージ「日常に帰れ!」
ワタシはこれを読んで以来、小林よしのり氏を信頼しています。
ついていけない面も多々ありますが^^;
by かめきち (2006-06-22 19:49) 

ひげたま

私もその話はすごくよく覚えています。
読んだ時ショックでしたし、とても考えさせられました。
表現からくる印象とは違って、若者達をとても心配しているんですよね。
「良いこと」を続けることで、自分を見失ってしまうことの危険性を伝えたかったんだと解釈しています。
by ひげたま (2006-06-23 08:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0