So-net無料ブログ作成

「教育不振と教育依存の時代」広田照幸 [それでもどっこい生きてます]

強引にまとめると、「メディアが学級崩壊とか煽りすぎ!」というメディアに関する話と、教育基本法改正とかで顕著な「”教育”をなんとかすれば世の中すげー良くなるぜ!なんて妄想じゃないの」って話、になるでしょうか。
あー、やっぱり無理があるかなぁ。
もっとたくさん書いてあります。
「地域教育のうそ臭さ」とか「日教組vs文部省の昔と今」とか「管理圧力で教師がスポイルされてしまう問題」とか。

中でも「人は”教育”で思い通りになるわけじゃない」って話が印象的でした。
もちろん「バカはなにやってもバカ」という話じゃなくて、教育の名の下に他人の内面にまで干渉することについて、そんなことはできないし、すべきじゃない、という話です。

書いてあること自体は自分も普段「こりゃおかしいだろ」と思ってたことですし、同意する部分はかなり多いのですけれど、今自分の関心のある範囲とはズレていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0